Adobe Campaign Managed Cloud Services

Adobe Experience Platform を使用すると、外部ソースからデータを取り込みながら、Platform サービスを使用して受信データの構造化、ラベル付けおよび拡張を行うことができます。アドビのアプリケーション、クラウドベースのストレージ、データベースなど、様々なソースからデータを取り込むことができます。

Adobe Campaign Managed Cloud Servicesは、クロスチャネルの顧客エクスペリエンスを設計するManaged Servicesプラットフォームを提供し、視覚的なキャンペーン編成、リアルタイムのインタラクション管理、クロスチャネルの実行のための環境を提供します。 次にアクセス: Adobe Campaign v8 ドキュメント を参照してください。

Adobe Campaign Managed Cloud Servicesソースを使用すると、Adobe Campaign v8 の配信ログとトラッキングログデータをAdobe Experience Platformに取り込むことができます。

前提条件

ソース接続を作成して Campaign v8 をExperience Platformに移行する前に、次の前提条件を満たす必要があります。

配信およびトラッキングログデータの表示

重要

Campaign でログデータを表示するには、Adobe Campaign v8 クライアントコンソールへのアクセス権が必要です。 次にアクセス: Campaign v8 ドキュメント クライアントコンソールをダウンロードしてインストールする方法については、を参照してください。

クライアントコンソールから Campaign v8 インスタンスにログインします。 以下 Explorer タブ、選択 Administration 次に、 Configuration. 次に、 Data schemas 次に、 broadLog 名前またはラベルのフィルター。 表示されるリストで、次の名前の受信者配信ログのソーススキーマを選択します。 broadLogRcp.

「エクスプローラー」タブが選択されたAdobe Campaign v8 クライアントコンソール、「管理」、「設定」、「データスキーマ」の各ノードが展開され、フィルタリングが「broad」に設定されます。

次に、 データ タブをクリックします。

「データ」タブが選択されたAdobe Campaign v8 クライアントコンソール。

データパネルで右クリックまたはキー操作を行うと、コンテキストメニューが開きます。 ここからを選択します。 リストを設定…

コンテキストメニューが開き、「リストを設定」オプションが選択されたAdobe Campaign v8 クライアントコンソール。

リスト設定ウィンドウが表示され、既存のリストに目的のフィールドを追加してデータパネルにデータを表示できるインターフェイスが表示されます。

表示用に追加できる受信者配信ログの設定のリストです。

これで、前の手順で追加した設定フィールドを含む受信者配信ログを表示できます。

ヒント

同じ手順を繰り返すことができますが、次の手順でフィルターを適用します。 tracking をクリックして、トラッキングログデータを表示します。

受信者配信ログには、最終変更日の名前、配信チャネル、内部配信名、ラベルに関する情報が表示されます。

スキーマの作成

次に、配信ログとトラッキングログの両方に XDM ExperienceEvent スキーマを作成します。 「キャンペーン配信ログ」フィールドグループを配信ログスキーマに、「キャンペーントラッキングログ」フィールドグループをトラッキングログスキーマに適用する必要があります。 また、 externalID フィールドをスキーマのプライマリ ID に設定します。

メモ

Campaign データをに取り込むには、XDM ExperienceEvent スキーマでプロファイルを有効にする必要があります。 Real-time Customer Profile.

スキーマの作成方法について詳しくは、 UI での XDM スキーマの作成.

データセットの作成

最後に、スキーマのデータセットを作成する必要があります。 データセットの作成方法について詳しくは、 UI でのデータセットの作成.

Platform UI を使用したAdobe Campaign Managed Cloud Servicesソース接続の作成

これで、Campaign クライアントコンソールでデータログにアクセスし、スキーマとデータセットを作成したので、ソース接続を作成して、Campaign Managed Servicesデータを Platform に取り込むことができます。

Campaign v8 の配信ログとトラッキングログデータを Experience Platform に取り込む方法について詳しくは、 UI での Campaigned Managed Servicesソース接続の作成.

このページ