Real-time Customer Data Platform B2B Edition のスキーマ

Real-time Customer Data Platform B2B Edition には、アカウント、機会、キャンペーンなどといった基本的な B2B データエンティティに関する詳細をキャプチャするエクスペリエンスデータモデル (XDM) クラスが標準で複数用意されています。さらに、Real-time CDP B2B Edition を使用すると、これらのスキーマ間で多対 1 の関係を定義できるので、高度なセグメント化のユースケースに加えることができます。

重要

B2B スキーマをリアルタイム顧客プロファイルに加えるには、Real-time CDP B2B Edition へのアクセス権が必要です。

Real-time CDP B2B Edition には、次の標準クラスが用意されています。

スキーマがお客様の B2B ワークフローにどのように適合するかを理解するには、エンドツーエンドのチュートリアルを参照してください。

2 つのスキーマ間に多対 1 の関係を作成する手順については、B2B スキーマの関係の定義に関するチュートリアルを参照してください。

B2B ソース接続を使用している場合は、ツールを使用して、必要なスキーマとそれらの間の関係を自動的に生成できます。 詳しくは、ソースに関するドキュメントにある B2B 名前空間のガイドを参照してください。

このページ