Adobe Experience Platform リリースノート

リリース日:2020 年 10 月 14 日

データ準備

Data Prep を使用すると、データエンジニアはエクスペリエンスデータモデル(XDM)との間でデータのマッピング、変換、検証をおこなうことができます。

主な特長

機能 説明
is_set 関数 is_set 関数を使用すると、ソースデータ内に属性が存在するかどうかを確認できます。 is_set と組み合わせて使用し is_empty て、属性の有無と属性内の値の有無の両方を確認できます。
get_values 関数 get_values 関数を使用すると、任意のキーに対する値を入力マップから取得できます。

詳細については、 データ準備の概要 を参照してください。

リアルタイム顧客プロファイル

Adobe Experience Platform を使用すると、いつでもどこでもブランドとのやり取りが顧客に対して調整され、一貫性と関連性のあるエクスペリエンスを提供できます。Real-time Customer Profile では、オンライン、オフライン、CRM、サードパーティデータなど、複数のチャネルのデータを組み合わせた、各顧客の全体像を確認できます。 Profile では、様々な顧客データを統合ビューに統合し、顧客とのやり取りごとに実用的なタイムスタンプ付きの説明を提供できます。

機能 説明
プロファイルプレビュー API の追加 プロファイルプレビュー API(/previewsamplestatus) に、IMS 組織全体の合計プロファイルフラグメントの分類を表示し、ID 名前空間全体でプロファイルフラグメントの分布を表示する機能が追加されました。
和集合スキーマビューの更新 Experience PlatformUI では、和集合スキーマに貢献するすべてのスキーマとデータセット、および ID や関係フィールドなどの表面キー属性に関する情報を、より簡単に見つけることができます。 これらの更新により、プロファイルが正しく設定され、ID が正しく結び付けられ、データが正常に取り込まれたことをトラブルシューティングおよび検証する機能が向上します。

Profile データを扱うためのチュートリアルやベストプラクティスなど、Real-time Customer Profile の詳細については、 リアルタイム顧客プロファイルの概要 を参照してください。

セグメント化サービス

Adobe Experience Platform セグメント化サービスは、セグメントを作成し、Real-time Customer Profile データからオーディエンスを生成できるユーザーインターフェイスおよび RESTful API を提供します。これらのセグメントは、Platform 上で一元的に設定および管理され、アドビのアプリケーションから簡単にアクセスできます。

Segmentation Service は、顧客ベース内のマーケティング可能なユーザーグループを区別する基準を記述することで、プロファイルの特定のサブセットを定義します。セグメントは、レコードデータ(人口統計情報など)や、顧客によるブランドとのやり取りを表す時系列イベントに基づいて作成できます。

新機能

機能 説明
ストリーミングセグメントの削除制限 ルックバック期間の 7 日間の制限は削除されました。

Segmentation Service の詳細については、 セグメント化の概要 を参照してください。

ソース

Adobe Experience Platformでは、外部ソースからデータを取り込みながら、Platform サービスを使用して、そのデータの構造化、ラベル付け、拡張をおこなうことができます。 アドビアプリケーション、クラウドベースのストレージ、サードパーティのソフトウェア、CRM など、様々なソースからデータを取得することができます。

Experience Platform は、様々なデータプロバイダーのソース接続を簡単に設定できる RESTful API とインタラクティブ UI を備えています。これらのソース接続を使用すると、外部ストレージシステムおよび CRM サービスの認証と接続、取得実行時間の設定、データ取得スループットの管理をおこなうことができます。

新機能

機能 説明
SFTP の SSH 認証のサポート RSA/DSA Open SSH 鍵を使用して、SFTP アカウントを Platform に接続できます。 詳しくは、SFTP の概要 を参照してください。
UX の改善 データの取り込みプロセス中に Profile のデータセットを有効にできます。 詳しくは、 クラウドストレージデータフローワークフロー のチュートリアルを参照してください。

ソースについて詳しくは、 ソースの概要 を参照してください。

価値までの時間

Adobe Experience Platformは、マーケティング・オペレーションズ・チームが、広範なデータ・エンジニアリングの専門知識を必要とせずに、顧客の 360 度のビューを構築できるようにします。 目標は、データ速度を通じてチームと価値を高めることです。

「価値創出までの時間」は、ペルソナをまたいで削減します。 データエンジニアは、データアクティビティの透明性を活用して、効率的かつ迅速にタスクを完了できるので、拡張性の高い堅牢なリアルタイム顧客プロファイルを迅速に利用できます。 その後、マーケターは、完全で堅牢な顧客プロファイルを使用して、セグメント化とアクティブ化をおこなえます。

新機能のハイライト

スキーマ

使いやすさとワークフローをアップグレードし、標準のインサイト、標準化、スキーマ構成内の主要フィールドの透明性を提供します。 「和集合スキーマ」として表される個々のデータモデルの組み合わせのデータ系列を公開し、構造と要素に関するインサイトをリアルタイム顧客プロファイルに提供します。

  • スキーマワークフローのアップグレード
    • 最も一般的なタイプの XDM スキーマに対してショートカットを使用し、目標に基づいてスキーマエディターで自動設定し、スキーマフィールドグループのレコメンデーションを使用します
    • 複数のフィールドグループの選択とプレビュー機能により、ワークフローの効率を向上
    • ID、関係、必須フィールドおよび非推奨フィールドなど、スキーマ構成の主要属性の透明性の提供
  • 和集合スキーマデータ系列とキー属性の透明性

データの取り込みと収集

自動マッピング、マッピングプレビュー、ユーザビリティアップグレードにより、任意のプラットフォームまたはソースからデータを取り込み、プロファイル、ダウンストリームセグメント化、アクティベーションに使用できます。 このシステムは、IT の外部の人でも、このプロセスを使いやすくする効率と知性を備えています。

  • カタログページカードとデータテーブルのインラインアクションパターンのアップグレードにより、データソースに容易にアクセスできる
  • データ取り込み用の計算されたフィールド/式
  • データマッピングのレコメンデーションにより、インジェストプロセスを高速化
  • プレビューと検証のマッピング

プロファイル設定

カスタマイズを使用したマーケティング担当者に適したプロファイルビューアは、セグメント化、計画、アクティベーションのケースで使用するためのプロファイルの構成を理解するのに役立ちます。 統合ワークフローは、結合ポリシーの手順を示すワークフローを提供し、制御された効率的な方法でプロファイルを水和化します。

  • 個々のプロファイルを拡張プロファイルビューアで表示します。このビューアでは、完全なカスタマイズを含むダッシュボードが表示され、マーケティング担当者のビジネス目標に基づいてチャネル間のデータをグループ化できます。
  • ビジネスのニーズに応じて、基本情報ウィジェットで標準属性とカスタマイズ属性を編集します。
  • 和集合スキーマセレクターを使用して、リアルタイム顧客プロファイルの属性でウィジェットをカスタマイズします。 和集合スキーマは、プロファイルデータの取り込みで使用される基になるデータモデルから派生します。

監視

データフローの透明性を確保し、ソースコネクタからシステムへのデータトラフィックの状態に関するインサイトを提供し、セルフサービスの向上とトラブルシューティングの迅速な実行を提供します。

  • すべてのフロー実行を監視し、完了ステータス、実行期間、処理されたファイルのリスト、エラー、実用的な診断など、各実行の詳細を確認します

このページ