Privacy Service UI の概要

Adobe エクスペリエンスプラットフォームに Privacy Service は RESTFUL API およびユーザーインターフェイスが用意されています。これにより、様々なソリューション間でプライバシー要求やコンプライアンス要求を調整することができます。 このドキュメントでは、UI について説明 Privacy Service します。 この API の使用について詳しくは、プライバシーに関するサービスの API ガイドを参照してください

UI へのログイン Privacy Service

重要

UI を認証するには、Adobe ID が必要 Privacy Service です。 さらに、IMS 組織内のシステム管理者権限を持っている必要があります。

ADOBE id でサインインし 、メッセージが表示されたら、adobe id の資格情報を入力します。

サインインしたら、「プライバシーの作成」を選択し ​ます。

ログイン元 Experience Platform

Adobe エクスペリエンスプラットフォームの UI にアクセスできる場合は、左側のナビゲーションの「 Privacy Service 要求」タブを使用して ui にアクセスすることもでき ​ます。

次の手順

これで正常にログインできました。 UI を使用して様々な操作を実行する手順については、ユーザーガイドを参照してください。Privacy Service

このページ