Privacy Service および Experience Cloud アプリ

Adobe Experience Platform Privacy Service は、複数のAdobe Experience Cloudアプリケーションのプライバシーリクエストをサポートするように設計されています。 各アプリケーションは、データ主体を識別するために、異なる製品値と ID をサポートしています。

このドキュメントは、 Experience Cloud プライバシー関連の操作用にアプリケーションを設定する方法を説明するアプリケーションドキュメントです。 データの形式設定やラベル付けの方法も含まれます。次の 2 つのカテゴリのアプリケーションを対象としています。

  • Privacy Service:にアクセス、削除またはオプトアウトのリクエストを送信できるアプリケーション Privacy Service.
  • セルフサービスアプリケーション Privacy Service:プライバシーリクエストを内部で管理する必要があり、 と直接通信できないアプリケーション。

詳しくは、 Experience Cloud アプリケーションを使用して、プライバシーリクエストの形式を設定する方法と、それらのリクエストでサポートされる値を確認してください。

と統合されたアプリケーション Privacy Service

以下は、 Experience Cloud と統合されたアプリケーション Privacy Service ( Privacy Service 互換性のある機能、削除リクエストの処理プロトコル、詳細はドキュメントへのリンクを参照してください。

メモ

統合されたすべての製品は、30 日以内にプライバシーリクエストに応答します。

アプリケーション アクセス / 削除 販売のオプトアウト 削除動作 ドキュメントおよびその他の考慮事項
Adobe Advertising Cloud データ主体の Cookie ID またはデバイス ID が、Cookie に関連付けられたすべてのコスト、クリック数および売上高データと共にシステムから削除されます。
Adobe Analytics If analyticsDeleteMethod が省略された場合、またはに設定された場合 anonymize プライバシーリクエストをおこなう場合、特定のユーザー ID のコレクションによって参照されるすべてのデータは匿名になります。 If analyticsDeleteMethodpurgeを指定した場合、すべてのデータが完全に削除されます。
Adobe Audience Manager リクエストに含まれている特性識別子に関連付けられているAudience Managerとセグメントがすべて削除されます。 さらに、個人に対する各識別子は以降のデータ収集からオプトアウトされ、それぞれの ID マッピングは削除されます。
Adobe Campaign Standard データ主体に保存されているデータがシステムから削除されます。
Adobe顧客属性 (CRS) なし データ主体の属性がシステムから削除されます。
Adobe Experience Platform Experience Platform が Privacy Service から削除リクエストを受信すると、Platform は、Privacy Service に対し、リクエストを受信し、影響を受けるデータが削除用にマークされている旨の確認を送信します。プライバシージョブが完了すると、レコードはデータレイクまたはプロファイルストアから削除されます。 ジョブが完了する前に、データはソフト削除されるので、どの Platform サービスからもアクセスできません。
Adobe Primetime Authentication なし データ主体に保存されているデータがシステムから削除されます。
Adobe Target なし データ主体の ID に関連付けられているすべてのデータは、訪問者プロファイルから削除されます。 個人を特定しない、またはコンテンツデータなどとは無関係な集計データや匿名化データは、削除リクエストには適用されません。
Marketo Engage なし データ主体に保存されているデータがシステムから削除されます。

セルフサービスアプリケーション

以下は、 Experience Cloud と統合されていないアプリケーション Privacy Service 内部でプライバシーに関する懸念を管理する必要があります。 各アプリケーションのドキュメントへのリンクと、ドキュメントの内容に関する説明が記載されています。

アプリケーション ドキュメントの説明
Adobe Campaign Classic Adobe Campaign Classic の GDPR 機能の概要。
Adobe Experience Manager 顧客プライバシー管理者または AEM 管理者が GDPR リクエストを処理する方法の概要。
Adobe Experience Manager Livefyre Livefyre を使用して GDPR にアクセスしたり、リクエストを削除したりする手順。
Magento Magento Commerceのインストールが、特定のプライバシー法の要件に従っていることを確認します。
Marketo プライバシー規制がMarketoにどのように適用されるかを説明します。
Adobe Experience Platform のタグ 拡張機能とルールビルダーを使用してオプトインおよびオプトアウトソリューションを定義する方法。
Workfront Workfrontが個人データを収集する方法、およびデータ主体がフォームを使用してプライバシーリクエストを送信する方法について説明します。

このページ