Privacy Service およびアプリケ Experience Cloud ーション

Adobe Experience Platform Privacy Serviceは、複数のAdobe Experience Cloudアプリケーションのプライバシーリクエストをサポートするように設計されています。 各アプリケーションは、データ主体を識別するために、異なる製品値と ID をサポートしています。

このドキュメントでは、プライバシー関連の操作用にアプリケーションを設定する方法を説明したExperience Cloudアプリケーションドキュメントのリファレンスを提供します。 データの形式設定やラベル付けの方法も含まれます。次の 2 つのカテゴリのアプリケーションを対象としています。

  • Privacy Serviceと統合されたアプリケーション:にアクセス、削除またはオプトアウトのリクエストを送信できるアプリケーシ Privacy Serviceョン。
  • セルフサービスアプリケーション Privacy Service:プライバシーリクエストを内部で管理する必要があり、 と直接通信できないアプリケーション。

プライバシーリクエストの形式設定方法と、それらのリクエストでサポートされる値については、Experience Cloudアプリケーションのドキュメントを参照してください。

Privacy Serviceと統合されたアプリケーション

Privacy Serviceと統合されているExperience Cloudアプリケーションのリストを次に示します。このリストには、互換性のあるPrivacy Service機能や、詳細なドキュメントへのリンクが含まれます。

アプリケーション アクセス / 削除 販売のオプトアウト ドキュメントと考慮事項
Adobe Advertising Cloud
Adobe Analytics
Adobe Audience Manager
Adobe Campaign Standard
Adobe顧客属性(CRS) なし
Adobe Experience Platform
Adobe Primetime Authentication なし
Adobe Target なし

セルフサービスアプリケーション

以下は、Privacy Serviceと統合されておらず、プライバシーに関する懸念事項を内部で管理する必要があるExperience Cloudアプリケーションのリストです。 各アプリケーションのドキュメントへのリンクと、ドキュメントの内容に関する説明が記載されています。

アプリケーション ドキュメントの説明
Adobe Campaign Classic Adobe Campaign Classic の GDPR 機能の概要。
Adobe Experience Manager 顧客プライバシー管理者または AEM 管理者が GDPR リクエストを処理する方法の概要。
Adobe Experience Manager Livefyre Livefyre を使用して GDPR にアクセスしたり、リクエストを削除したりする手順。
Magento お使いのMagento Commerceインストールが、特定のプライバシー法の要件に準拠していることを確認します。
Marketo Marketoに対するプライバシー規制の適用方法を説明します。
Adobe Experience Platformのタグ 拡張機能とルールビルダーを使用してオプトインおよびオプトアウトソリューションを定義する方法。
Workfront Workfrontが個人データを収集する方法、およびデータ主体がフォームを使用してプライバシーリクエストを送信する方法について説明します。

このページ