ワークフロー UI ガイド

Adobe Experience Platformユーザーインターフェイス内の ワークフロー セクションには、Platform 内で操作を実行するための複数手順のワークフローのリストが表示されます。 これらのワークフローは、データ取り込みやデータサイエンスなどの領域をカバーします。

ワークフロー

データ取得

CSV を XDM スキーマにマッピング ワークフローを使用して、CSV ファイルをアップロードし、XDM(Experience Data Model) スキーマに変換できます。 このワークフローの詳細については、CSV ファイルの XDM スキーマへのマッピング に関するチュートリアルを参照してください。

スキーマからデータセットを作成 ワークフローを使用して、既存の XDM スキーマから新しいデータセットを作成できます。 このワークフローの詳細については、『 データセットユーザガイド 』を参照してください。

CSV からデータセットを作成 ワークフローでは、CSV ファイルをアップロードして新しいデータセットを作成できます。 このワークフローの詳細については、『 データセットユーザガイド 』を参照してください。

モデル

レシピのインポート ワークフローでは、レシピをインポートして設定できます。 このワークフローの詳細については、 パッケージ化されたレシピのインポート に関するチュートリアルを参照してください。

モデルを作成 ワークフローを使用して、機械学習モデルを作成できます。 このワークフローの詳細については、 モデルトレーニングと評価のチュートリアル を参照してください。

モデルをサービスとして公開 ワークフローを使用して、作成したモデルをスコアリング可能なサービスとして公開できます。 このワークフローの詳細については、 モデルをサービスとして公開する に関するチュートリアルを参照してください。

次の手順

このガイドでは、Experience Platformユーザーインターフェイス内の ワークフロー について説明しました。 Platform UI の機能について詳しくは、『Adobe Experience Platform UI ガイド 』を参照してください。

このページ