インテリジェントサービスの概要

インテリジェントサービスは、マーケティングアナリストや実践者に対して、顧客体験の使用事例で人工知能と機械学習の機能を活用する機能を提供します。これにより、マーケティングアナリストは、データ科学の専門知識を必要とせずに、ビジネスレベルの設定を使用して、会社のニーズに固有の予測を設定できます。また、マーケターは、Adobe Experience Cloud、Adobe Experience Platform およびサードパーティのアプリケーションで予測をアクティブ化することができます。

次のビデオを視聴すると、インテリジェントサービスに関する理解を深めることができます。このビデオでは、ビジネスユースケースの例を使用して、大まかなワークフローと、Attribution AI および顧客 AI の機能の概要を説明します。

インテリジェントサービスのメリット

顧客体験を担当するマーケティング担当者は、Adobe Experience Platform を基盤として構築されているインテリジェントサービスを使用して、AI-as-a-service にアクセスできます。このため、誰でも簡単に顧客の行動を予測したり、キャンペーンの影響を測定したり、投資回収率を向上させたりすることができます。以下に、インテリジェントサービスの利点の一部を示します。

コスト効率に優れた市場投入速度

アドビは、AI/ML の専門知識と CXM の豊富な経験を組み合わせて、マーケティング担当者向けのインテリジェントサービスを設計しました。このため、引く手あまたのデータサイエンティストを雇用する費用がなくても、マーケティングの一般的な使用事例に AI/ML を即座に導入でき、市場に投入するまでの時間を短縮することができます。

予測インサイトの精度の向上

高度なアルゴリズム的 AI/ML モデルを採用し、最高レベルの精度で開発されています。深度と精度を持つ共通のデータセット上で AI/ML を実行することで、予測の分析が可能になります。また、予測顧客インサイトの裏側にある動機や理由を示す能力もあります。

インサイトと ROI を高速に取得

マーケティング担当者は AI/ML をすぐに使い始めることができます。また、新しいセルフサービスワークフロー、カスタム設定、柔軟なオプションを使用してマーケティングの ROI を向上させ、予測インサイトを運用可能にすることができます。

インテリジェントサービスのワークフロー

取り込み

顧客データが取り込まれ、Adobe Experience Platform の Experience Data Model(XDM)で変換されます。XDM について詳しくは、XDM の概要を参照してください。

設定

マーケティングアナリストは、ビジネスルールを指定し、関連データを識別して、目的の予測を設定します。

予測

モデルのトレーニングとスコア測定が完了すると、スコアが Platform にもう一度書き込まれます。

行動の決定

最後に、予測に基づいてどのような行動をするかを決定します。たとえば、インサイトの利用、Adobe Experience Cloud におけるアプリのアクティブ化、カスタムダッシュボードの構築などです。

次の手順

現在、インテリジェントサービスには Attribution AI と顧客 AI が用意されています。Attribution AI を使用すると、マーケティング担当者は様々なチャネルやキャンペーンを通して、マーケティングの効果を効率的に高めることができます。Attribution AI について詳しくは、「Attribution AI の概要」を参照してください。マーケティング担当者は、顧客 AI を使用して顧客体験を高度にパーソナライズできます。顧客 AI について詳しくは、「Customer AI overview」を参照してください。

このページ