での入力と出力 Attribution AI

次のドキュメントでは、 Attribution AI.

Attribution AI 入力データ

Attribution AIは、次のデータセットを分析してアルゴリズムスコアを計算することで機能します。

  • Adobe Analyticsデータセット(を使用) Analytics ソースコネクタ
  • エクスペリエンスイベント (EE) データセット
  • 消費者エクスペリエンスイベント (CEE) データセット

各データセットが ECID などの同じ ID タイプ(名前空間)を共有する場合は、異なるソースから複数のデータセットを追加できます。 複数のデータセットの追加について詳しくは、 Attribution AIユーザーガイド.

重要

Adobe Analyticsソースコネクタでは、データのバックフィルに最大 4 週間かかる場合があります。 コネクタを最近設定した場合は、Attribution AIセットに必要な最小長のデータが含まれていることを確認する必要があります。 次を確認してください: 履歴データ 」セクションを参照して、正確なアルゴリズムスコアを計算するのに十分なデータがあることを確認してください。

の設定の詳細については、 Consumer Experience Event (CEE) スキーマについては、 インテリジェントサービスのデータ準備 ガイド。 Adobe Analyticsデータのマッピングについて詳しくは、 Analytics フィールドのマッピング ドキュメント。

すべての列が Consumer Experience Event (CEE) スキーマはAttribution AIに必須です。

メモ

次の 9 列は必須です。追加の列はオプションですが、同じデータを他のAdobeソリューション ( Customer AI および Journey AI.

必須の列 必要な条件:
プライマリID フィールド タッチポイント/コンバージョン
タイムスタンプ タッチポイント/コンバージョン
チャネル._タイプ タッチポイント
Channel.mediaAction タッチポイント
Channel.mediaType タッチポイント
Marketing.trackingCode タッチポイント
Marketing.campaignname タッチポイント
Marketing.campaigngroup タッチポイント
Commerce 変換

通常、アトリビューションは、「コマース」下の注文、購入、チェックアウトなどのコンバージョン列で実行されます。 「チャネル」および「マーケティング」の列は、Attribution AIのタッチポイント ( 例: channel._type = 'https://ns.adobe.com/xdm/channel-types/email') をクリックします。 最適な結果とインサイトを得るには、できる限り多くのコンバージョン列とタッチポイント列を含めることを強くお勧めします。 また、上記の列に限定されるわけではありません。 その他の推奨列またはカスタム列をコンバージョンまたはタッチポイント定義として含めることができます。

ヒント

CEE スキーマでAdobe Analyticsデータを使用している場合、通常、Analytics のタッチポイント情報は channel.typeAtSource ( 例: channel.typeAtSource = 'email') をクリックします。

以下の列は必須ではありませんが、情報がある場合は CEE スキーマに含めることをお勧めします。

その他の推奨列:

  • web.webReferer
  • web.webInteraction
  • web.webPageDetails
  • xdm:productListItems

履歴データ

重要

Attribution AIの機能に最低限必要なデータ量は、次のとおりです。

  • 適切なモデルを実行するには、少なくとも 3 か月(90 日)のデータを提供する必要があります。
  • 少なくとも 1,000 個のコンバージョンが必要です。

Attribution AIには、モデルトレーニングの入力として履歴データが必要です。 必要なデータの期間は、主に次の 2 つの主要な要因によって決まります。トレーニングウィンドウとルックバックウィンドウ。 トレーニング期間が短い入力は、最近のトレンドに対する感度が高くなります。トレーニング期間が長いと、より安定した正確なモデルを作成できます。 ビジネス目標を最も適切に表す履歴データを使用して目標をモデル化することが重要です。

この トレーニングウィンドウ設定 発生時間に基づいて、モデルトレーニングに含めるように設定されたコンバージョンイベントをフィルタリングします。 現在、トレーニング期間は最小 1 四半期(90 日)です。 この ルックバックウィンドウ は、このコンバージョンイベントに関連するコンバージョンイベントの何日前からのタッチポイントを含めるかを示す時間枠を提供します。 これら 2 つの概念を組み合わせて、アプリケーションに必要な入力データの量(日数で測定)を決定します。

デフォルトでは、Attribution AIはトレーニング期間を最新の 2 四半期(6 ヶ月)として定義し、ルックバック期間を 56 日として定義します。 つまり、モデルでは、過去 2 四半期に発生した定義済みのコンバージョンイベントをすべて考慮し、関連するコンバージョンイベントの 56 日前に発生したすべてのタッチポイントを探します。

数式:

必要なデータの最小長=トレーニングウィンドウ+ルックバックウィンドウ

ヒント

デフォルト設定を使用するアプリケーションで必要なデータの最小長は次のとおりです。2 四半期(180 日)+ 56 日= 236 日。

例:

  • 過去 90 日(3 ヶ月)以内に発生したコンバージョンイベントを属性に設定し、コンバージョンイベントの 4 週間前に発生したすべてのタッチポイントを追跡する必要があります。 入力データの期間は、過去 90 日+ 28 日(4 週間)に及びます。 トレーニング期間は 90 日で、ルックバック期間は 28 日で、合計 118 日です。

Attribution AI出力データ

Attribution AIは次の出力を行います。

出力スキーマの例:

未加工の精度スコア

Attribution AIは、任意のスコア列でスコアをスライスしてディスコアリングできるように、アトリビューションスコアをできる限り詳細なレベルで出力します。 UI でこれらのスコアを表示するには、 raw スコアパスの表示. API を使用してスコアをダウンロードするには、 スコアのダウンロード,Attribution AI 文書。

メモ

次のいずれかに該当する場合にのみ、スコア出力データセットの入力データセットから目的のレポート列を確認できます。

  • レポート列は、タッチポイントまたはコンバージョン定義設定の一部として、設定ページに含まれます。
  • レポート列は、追加のスコアデータセット列に含まれます。

次の表に、生のスコアの例の出力のスキーマフィールドの概要を示します。

列名(データタイプ) Nullable 説明
timestamp (DateTime) False コンバージョンイベントまたは観測が発生した時間。
例: 2020-06-09T00:01:51.000Z
identityMap (マップ) True CEE XDM 形式に類似したユーザーの identityMap。
eventType(文字列) True この時系列レコードの主なイベントタイプ。
例: "注文", "購入", "訪問"
eventMergeId (文字列) True 複数のクロス集計または結合する ID Experience Events を結合します。 これは、取り込み前にデータプロデューサーによって設定されることを目的としています。
例: 575525617716-0-edc2ed37-1aab-4750-a820-1c2b3844b8c4
_id (文字列) False 時系列イベントの一意の ID。
例: 4461-edc2ed37-1aab-4750-a820-1c2b3844b8c4
_tenantId (オブジェクト) False テンタント ID に対応する最上位のオブジェクトコンテナ。
例: _atsdsnrmmsv2
your_schema_name (Object) False コンバージョンイベントに関連付けられているすべてのタッチポイントイベントとそのメタデータを含むスコア行。
例: Attribution AIスコア — モデル名__2020
セグメント化(文字列) True モデルが構築される地理特性などのコンバージョンセグメント。 セグメントが存在しない場合、セグメントは conversionName と同じになります。
例: ORDER_US
conversionName (String) True セットアップ中に設定された変換の名前。
例: 注文、リード、訪問
conversion (Object) False コンバージョンメタデータ列。
dataSource (String) True データソースのグローバルに一意の ID。
例: Adobe Analytics
eventSource (文字列) True 実際のイベントが発生したソース。
例: Adobe.com
eventType(文字列) True この時系列レコードの主なイベントタイプ。
例: 注文
geo (String) True コンバージョンが配信された地域 placeContext.geo.countryCode.
例: US
priceTotal (Double) True コンバージョンによって得られた売上高
例: 99.9
product (String) True 製品自体の XDM 識別子。
例: RX 1080 ti
productType (String) True この製品表示のユーザーに提示された製品の表示名。
例: グプス
数量(整数) True コンバージョン中に購入された数量。
例: 1 1080 分の 1
receivedTimestamp (DateTime) True コンバージョンのタイムスタンプを受け取りました。
例: 2020-06-09T00:01:51.000Z
skuId(文字列) True 在庫管理単位 (SKU)。ベンダーによって定義された製品の一意の ID。
例: MJ-03-XS-Black
timestamp (DateTime) True 変換のタイムスタンプ。
例: 2020-06-09T00:01:51.000Z
passThrough (オブジェクト) True モデルの設定時にユーザーが指定した追加のスコアデータセット列。
commerce_order_purchaseCity (文字列) True 追加のスコアデータセット列。
例: 市区町村:サンノゼ
customerProfile (Object) False モデルの構築に使用されたユーザーの ID 詳細。
id (Object) False モデルの構築に使用されるユーザーの詳細が含まれます。例: id および namespace.
id (文字列) True ユーザーの ID ID(Cookie ID、AAID、MCID など)
例: 17348762725408656344688320891369597404
namespace (String) True パスを構築し、それによってモデルを構築するために使用される ID 名前空間。
例: aaid
touchpointsDetail (Object Array) True 次の順で並べ替えられたコンバージョンにつながるタッチポイントの詳細のリスト
touchpointName (String) True セットアップ中に設定されたタッチポイントの名前。
例: PAID_SEARCH_CLICK
scores (Object) True スコアとしてのこのコンバージョンへのタッチポイントの貢献度。 このオブジェクト内で生成されるスコアについて詳しくは、 集計されたアトリビューションスコア 」セクションに入力します。
touchPoint (オブジェクト) True タッチポイントメタデータ。 このオブジェクト内で生成されるスコアについて詳しくは、 集計スコア 」セクションに入力します。

生のスコアパスの表示 (UI)

生のスコアへのパスは、UI で表示できます。 最初に選択 スキーマ 次に、Platform UI で、 参照 タブをクリックします。

スキーマを選択

次に、 構造 UI のウィンドウ、 フィールドプロパティ タブが開きます。 内 フィールドプロパティ は、未加工のスコアにマッピングされるパスフィールドです。

スキーマを選択

集計されたアトリビューションスコア

日付範囲が 30 日未満の場合は、集計スコアを CSV 形式で Platform UI からダウンロードできます。

Attribution AI は、アトリビューションスコアの 2 つのカテゴリ(アルゴリズムスコアとルールベーススコア)をサポートしています。

Attribution AI では、増分スコアと影響スコアの 2 種類のアルゴリズムスコアを生成します。影響スコアは、各マーケティングタッチポイントがコンバージョンに寄与している割合です。増分スコアは、マーケティングタッチポイントで直接引き起こされたわずかな影響の量です。増分スコアと影響スコアの主な違いは、増分スコアがベースライン効果を考慮に入れていることです。コンバージョンが、先行するマーケティングタッチポイントによってのみ生じるとは考えられません。

Adobe Experience Platform UI からのAttribution AIスキーマ出力例を簡単に見てみましょう。

これらの各アトリビューションスコアについて詳しくは、次の表を参照してください。

アトリビューションスコア 説明
影響(アルゴリズム) 影響スコアは、各マーケティングタッチポイントがコンバージョンに寄与している割合です。
増分(アルゴリズム) 増分スコアは、マーケティングタッチポイントで直接引き起こされたわずかな影響の量です。
ファーストタッチ コンバージョンパスの最初のタッチポイントにすべてのクレジットを割り当てるルールベースのアトリビューションスコアです。
ラストタッチ コンバージョンに最も近いタッチポイントにすべてのクレジットを割り当てるルールベースのアトリビューションスコアです。
線形 コンバージョンパスの各タッチポイントに同等のクレジットを割り当てるルールベースのアトリビューションスコアです。
U 字形 ルールベースのアトリビューションスコアで、クレジットの 40% を最初のタッチポイントに、40% を最後のタッチポイントに割り当て、残りの 20% を他のタッチポイントに均等に分配します。
タイムディケイ コンバージョンに近いタッチポイントが、コンバージョンから遠いタッチポイントよりも多くのクレジットを受け取るルールベースのアトリビューションスコアです。

未加工スコアリファレンス(アトリビューションスコア)

次の表に、アトリビューションのスコアと生のスコアのマッピングを示します。 生のスコアをダウンロードする場合は、 スコアのダウンロード,Attribution AI ドキュメント。

アトリビューションスコア 生のスコア参照列
影響(アルゴリズム) _tenantID.your_schema_name.element.touchpoint.algorithmicInfluced
増分(アルゴリズム) _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.algorithmicInfluced
ファーストタッチ _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.firstTouch
ラストタッチ _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.lastTouch
線形 _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.linear
U 字形 _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.uShape
タイムディケイ _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.decayUnits

集計スコア

日付範囲が 30 日未満の場合は、集計スコアを CSV 形式で Platform UI からダウンロードできます。 これらの各集計列の詳細については、以下の表を参照してください。

列名 制約 Nullable 説明
customerevents_date (DateTime) ユーザー定義および固定形式 False YYYY-MM-DD 形式の顧客イベント日。
:2016-05-02
mediatouchpoints_date (DateTime) ユーザー定義および固定形式 True メディアタッチポイント日(YYYY-MM-DD 形式)
:2017-04-21
セグメント(文字列) 計算済み False コンバージョンセグメント(モデルが構築される地理特性など)。 セグメントが存在しない場合、セグメントは conversion_scope と同じです。
:ORDER_AMER
conversion_scope (String) ユーザー定義 False ユーザーが設定したコンバージョンの名前。
:注文
touchpoint_scope(文字列) ユーザー定義 True ユーザーが設定したタッチポイントの名前
:PAID_SEARCH_CLICK
product (String) ユーザー定義 True 製品の XDM 識別子。
:CC
product_type(文字列) ユーザー定義 True この製品表示のユーザーに提示された製品の表示名。
:gpu、ノートパソコン
geo (String) ユーザー定義 True コンバージョンが配信された地理的な場所 (placeContext.geo.countryCode)
:US
event_type(String) ユーザー定義 True この時系列レコードの主なイベントタイプ
:有料コンバージョン
media_type (String) ENUM False メディアタイプが有料か、所有か、獲得かを表します。
:有料、所有
channel (文字列) ENUM False この channel._type プロパティを使用して、 Consumer Experience Event XDM。
:検索
action (String) ENUM False この mediaAction プロパティは、エクスペリエンスイベントのメディアアクションのタイプを提供するために使用されます。
:クリック
campaign_group(文字列) ユーザー定義 True 複数のキャンペーンがグループ化されたキャンペーングループの名前(「50%_DISCOUNT」など)。
:商用
campaign_name(文字列) ユーザー定義 True マーケティングキャンペーンの識別に使用するキャンペーンの名前(「50%_DISCOUNT_USA」や「50%_DISCOUNT_ASIA」など)。
:感謝祭の販売

生のスコアの参照(集計)

次の表に、集計されたスコアを生のスコアにマッピングします。 生のスコアをダウンロードする場合は、 スコアのダウンロード,Attribution AI ドキュメント。 UI 内から生のスコアパスを表示するには、 raw スコアパスの表示 」と入力します。

列名 生のスコアの参照列
customrevents_date timestamp
mediatouchpoints_date _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.timestamp
セグメント _tenantID.your_schema_name.segmentation
conversion_scope _tenantID.your_schema_name.conversion.conversionName
touchpoint_scope _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpointName
product _tenantID.your_schema_name.conversion.product
product_type _tenantID.your_schema_name.conversion.product_type
地域 _tenantID.your_schema_name.conversion.geo
event_type eventType
media_type _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.mediaType
チャネル _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.mediaChannel
アクション _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.mediaAction
campaign_group _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.campaignGroup
campaign_name _tenantID.your_schema_name.touchpointsDetail.element.touchpoint.campaignName

次の手順

データを準備し、すべての資格情報とスキーマを設定したら、次の手順に従って開始します。 Attribution AIユーザーガイド. このガイドでは、Attribution AIのインスタンスの作成手順を説明します。

このページ