リンクの追跡

リンクは手動で設定することも、 自動的に追跡することもできます。 手動トラッキングは、スキーマの web.webInteraction 部分に詳細を追加することで行います。 次の3つの必須変数があります。

  • web.webInteraction.name
  • web.webInteraction.type
  • web.webInteraction.linkClicks.value
alloy("sendEvent", {
  "xdm": {
    "web": {
      "webInteraction": {
        "linkClicks": {
            "value":1
      },
      "name":"My Custom Link", //Name that shows up in the custom links report
      "URL":"https://myurl.com", //the URL of the link
      "type":"other", // values: other, download, exit
      }
    }
  }
});

リンクタイプは、次の3つの値のいずれかになります。

  • other: カスタムリンク
  • download: ダウンロードリンク
  • exit: 離脱リンク

自動リンクトラッキング

デフォルトでは、Web SDKは、該当するリンクタグのクリックをキャプチャ、ラベル付けおよび記録します。 クリック数は、ドキュメントに接続された キャプチャ ・クリックイベント・リスナーを使用してキャプチャされます。

自動リンクトラッキングは、Web SDKを 設定することで無効にできます

clickCollectionEnabled: false

自動リンクトラッキングは、アンカー AAREA タグに対して行われます。 ただし、これらのタグにハン onclick ドラーがアタッチされている場合、リンクトラッキングでは考慮されません。

アンカータグにdownload属性が含まれている場合、またはリンクが人気のあるファイル拡張子で終わる場合、リンクはダウンロードリンクとしてラベル付けされます。 ダウンロードリンク修飾子は、次の正規式を使用して 設定できます

downloadLinkQualifier: "\\.(exe|zip|wav|mp3|mov|mpg|avi|wmv|pdf|doc|docx|xls|xlsx|ppt|pptx)$"

リンクターゲットドメインが現在のドメインと異なる場合、リンクは離脱リンクとしてラベル付けされ window.location.hostnameます。

ダウンロードリンクまたは離脱リンクと見なされないリンクは、「その他」とラベル付けされます。

このページ