リンクのトラッキング

リンクは、手動で設定することも、自動的に追跡することもできます。 手動トラッキングは、スキーマのweb.webInteraction部分に詳細を追加することでおこなわれます。 次の3つの必須変数があります。

  • web.webInteraction.name
  • web.webInteraction.type
  • web.webInteraction.linkClicks.value
alloy("sendEvent", {
  "xdm": {
    "web": {
      "webInteraction": {
        "linkClicks": {
            "value": 1
        }
      },
      "name": "My Custom Link", // Name that shows up in the custom links report
      "URL": "https://myurl.com", // The URL of the link
      "type": "other" // values: other, download, exit
    }
  }
});

リンクタイプは、次の3つの値のいずれかになります。

  • other: カスタムリンク
  • download: ダウンロードリンク
  • exit: 離脱リンク

設定した場合、これらの値は自動的にAdobe Analyticsにマッピングされます。

自動リンクトラッキング

デフォルトでは、Web SDKは、対象となるリンクタグのクリックをキャプチャ、ラベル付けおよび記録します。 クリック数は、ドキュメントに添付されたキャプチャクリックイベントリスナーを使用してキャプチャされます。

自動リンクトラッキングは、Web SDKを設定することで無効にできます。

clickCollectionEnabled: false

自動リンクトラッキングは、アンカーAタグとAREAタグに対しておこなわれます。 ただし、onclickハンドラーが添付されている場合、これらのタグはリンクトラッキングの対象と見なされません。

アンカータグにダウンロード属性が含まれる場合、またはリンクが一般的なファイル拡張子で終わる場合、リンクにダウンロードリンクというラベルが付けられます。 ダウンロードリンク修飾子は、正規表現を使用して設定できます。

downloadLinkQualifier: "\\.(exe|zip|wav|mp3|mov|mpg|avi|wmv|pdf|doc|docx|xls|xlsx|ppt|pptx)$"

リンクターゲットドメインが現在のwindow.location.hostnameと異なる場合、リンクに出口リンクというラベルが付けられます。

ダウンロードリンクまたは離脱リンクと見なされないリンクは、「その他」とラベル付けされます。

リンクトラッキングの値は、どのようにフィルタリングできますか?

自動リンクトラッキングで収集されたデータを調べ、フィルタリングするには、onBeforeEventSendコールバック関数を指定します。

リンクトラッキングデータのフィルタリングは、Analyticsレポート用のデータを準備する際に役立ちます。 自動リンクトラッキングでは、リンク名とリンクURLの両方がキャプチャされます。 Analyticsレポートでは、リンク名がリンクURLよりも優先されます。 リンクURLを報告する場合は、リンク名を削除する必要があります。 次の例は、ダウンロードリンクのリンク名を削除するonBeforeEventSend関数を示しています。

alloy("configure", {
  onBeforeEventSend: function(options) {
    if (options
      && options.xdm
      && options.xdm.web
      && options.xdm.web.webInteraction) {
        if (options.xdm.web.webInteraction.type === "download") {
          options.xdm.web.webInteraction.name = undefined;
        }
    }
  }
});

このページ