アクティベーションデータフローを編集

Adobe Experience Platformでは、既存のアクティベーションデータフローの様々なコンポーネントを、書き出したセグメントやプロファイル属性、書き出し頻度、アクティベーションデータフローが有効か無効かなど、宛先に編集できます。

データフローを編集

既存のアクティベーションデータフローを編集するには、次の手順に従います。

  1. にログインします。 Experience PlatformUI を選択し、 宛先 をクリックします。 選択 参照 を上部のヘッダーから開き、既存の宛先データフローを表示します。

    宛先の参照

  2. フィルターアイコンを選択します。 フィルターアイコン をクリックして、並べ替えパネルを起動します。 並べ替えパネルには、すべての宛先のリストが表示されます。 リストから複数の宛先を選択して、選択した宛先に関連付けられたデータフローのフィルタリングされた選択を表示できます。

    宛先のフィルタリング

  3. 編集する宛先データフローの名前を選択します。

    宛先を選択

  4. この データフローの実行 リンク先のページが表示され、使用可能なコントロールが示されます。 この時点で、宛先データフローの複数のコンポーネントを編集できます。

    宛先の詳細

次の手順

このチュートリアルでは、 宛先 ワークスペースを使用して、既存の宛先データフローを更新します。

宛先について詳しくは、 宛先の概要.

このページ