(API) Oracle Eloqua 接続

最終更新日: 2024-01-25
  • トピック:
  • Destinations
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Admin
    User

Oracle Eloqua マーケターは、見込み客に合わせてパーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスを提供しながら、キャンペーンを計画および実行できます。 統合されたリード管理と簡単なキャンペーン作成により、マーケターは適切なタイミングで適切なオーディエンスを購入者のジャーニーにエンゲージし、電子メール、ディスプレイ検索、ビデオ、モバイルなどの様々なチャネルでオーディエンスに到達できます。 セールスチームは、より迅速に取引を成立させ、リアルタイムのインサイトを通じてマーケティングの ROI を向上させることができます。

この Adobe Experience Platform 宛先 は、 連絡先の更新 操作元 Oracle Eloqua REST API(次の操作を実行できます) id を更新 ~に向かう観客の中で Oracle Eloqua.

Oracle Eloqua uses 基本認証 人と意見を交わす Oracle Eloqua REST API。 Oracle Eloqua インスタンスを認証する手順は、さらに下の宛先に対する認証の節にあります。

ユースケース

オンラインプラットフォームのマーケティング部門は、厳選されたリードのオーディエンスに対して、電子メールベースのマーケティングキャンペーンをブロードキャストしたいと考えています。 プラットフォームのマーケティングチームは、Adobe Experience Platformを通じて既存のリード情報を更新し、独自のオフラインデータからオーディエンスを構築し、それらのオーディエンスをに送信できます。 Oracle Eloqua:マーケティングキャンペーンの電子メールの送信に使用できます。

前提条件

Experience Platform の前提条件

Oracle Eloqua 宛先へのデータをアクティブ化する前に、スキーマデータセットおよびセグメントを Experience Platform で作成する必要があります。

詳しくは、Experience Platformドキュメントを参照してください。 オーディエンスメンバーシップ詳細スキーマフィールドグループ オーディエンスのステータスに関するガイダンスが必要な場合は、を参照してください。

Oracle Eloqua 前提条件

Platform からにデータを書き出すには、以下を実行します。 Oracle Eloqua アカウントに Oracle Eloqua アカウント。

さらに、少なくとも "上級ユーザー — マーケティング権限" の Oracle Eloqua インスタンス。 詳しくは、 "セキュリティグループ" のセクション セキュリティで保護されたユーザーアクセス ガイダンスを得るためのページ プログラムを使用するには、宛先でアクセスが必要です ベース URL を決定する 呼び出し時 Oracle Eloqua API.

Oracle Eloqua 資格情報の収集

を認証する前に、以下の項目をメモしておきます。 Oracle Eloqua 宛先:

資格情報 説明
Company Name に関連付けられている会社名 Oracle Eloqua アカウント。
後で Company Name および Oracle Eloqua Username を連結された文字列として使用し、 ユーザー名 when 宛先への認証.
Username ユーザー名 Oracle Eloqua アカウント。
Password ユーザーのパスワード Oracle Eloqua アカウント。
Pod Oracle Eloqua は複数のデータセンターをサポートし、それぞれが一意のドメイン名を持ちます。 Oracle Eloqua これらを「ポッド」と呼び、現在、p01、p02、p03、p04、p06、p07、p08 の合計が 7 つあります。 現在使用している POD を取得するには、にログインします。 Oracle Eloqua をクリックし、正常にログインした後、ブラウザーに URL を書き留めます。 例えば、ブラウザーの URL が secure.p01.eloqua.com あなたの pod 次に該当 p01. 詳しくは、 POD の決定 ページを参照してください。

詳しくは、 へのログイン Oracle Eloqua 指導のために

ガードレール

メモ
  • Oracle Eloqua カスタム連絡先フィールドは、 セグメントを選択 手順
  • Oracle Eloqua には、250 個のカスタム連絡先フィールドの上限があります。

  • 新しいオーディエンスをエクスポートする前に、Platform オーディエンスの数と、内の既存のオーディエンスの数を確認してください。 Oracle Eloqua この制限を超えないでください。

  • この制限を超えると、Experience Platform中にエラーが発生します。 これは、 Oracle Eloqua API はリクエストの検証に失敗し、 — を使用して応答します。 400:検証エラーが発生しました — 問題を説明するエラーメッセージ。

  • 上記の制限に達した場合は、既存のマッピングを宛先から削除し、 Oracle Eloqua アカウントを使用して、さらに多くのセグメントを書き出すことができます。

  • 詳しくは、 Oracle Eloqua 連絡先フィールドの作成 ページを参照してください。

サポートされる ID

Oracle Eloqua では、以下の表で説明する ID の更新をサポートしています。ID についての詳細情報。

ターゲット ID 説明 必須
EloquaId 連絡先の一意の ID。

書き出しのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目 タイプ メモ
書き出しタイプ プロファイルベース
  • セグメントのすべてのメンバーを、フィールドマッピングに従って、必要なスキーマフィールドと共に書き出します​(例:メールアドレス、電話番号、姓)
  • Platform で選択した各オーディエンスに対して、 Oracle Eloqua セグメントのステータスは、Platform からのオーディエンスのステータスに合わせて更新されます。
書き出し頻度 ストリーミング
  • ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

宛先カタログ​内で (API) Oracle Eloqua を検索します。または、 電子メールマーケティング カテゴリ。

宛先に対する認証

以下の必須のフィールドに入力します。詳しくは、 収集 Oracle Eloqua 資格情報 」の節を参照してください。

  • パスワード:のパスワード Oracle Eloqua アカウント。
  • ユーザー名: Oracle Eloqua 会社名および Oracle Eloqua ユーザー名。
    連結された値は、 {COMPANY_NAME}\{USERNAME}.
    なお、中括弧やスペースは使用せず、 \.
    例えば、 Oracle Eloqua 会社名: MyCompany および Oracle Eloqua ユーザー名: Usernameに設定する場合、 ユーザー名 フィールドが次の値 MyCompany\Username.

宛先を認証するには、「 宛先に接続」を選択します。
認証方法を示す Platform UI のスクリーンショット。

指定した詳細が有効な場合、UI で​接続済み​ステータスに緑色のチェックマークが付きます。その後、次の手順に進むことができます。

宛先の詳細を入力

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横にアスタリスクが表示される場合は、そのフィールドが必須であることを示します。
宛先の詳細を示す Platform UI のスクリーンショット。

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
  • ポッド:を取得します。 pod ログイン先: Oracle Eloqua をクリックし、正常にログインした後、ブラウザーに URL を書き留めます。 例えば、ブラウザーの URL が secure.p01.eloqua.compod 選択する必要がある値は次のとおりです。 p01. 詳しくは、 収集 Oracle Eloqua 資格情報 の節を参照してください。

アラートの有効化

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化

重要
  • データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • 書き出す idID グラフを表示 アクセス制御権限.
    ワークフローでハイライト表示された ID 名前空間を選択して、宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します。

この宛先にオーディエンスをアクティベートする手順は、ストリーミングオーディエンスの書き出し宛先へのプロファイルとオーディエンスのアクティベートを参照してください。

マッピングの考慮事項と例

Adobe Experience Platform から Oracle Eloqua 宛先にオーディエンスデータを正しく送信するには、フィールドマッピングの手順を実行する必要があります。マッピングは、Platform アカウント内の Experience Data Model(XDM) スキーマフィールドと、ターゲット宛先から対応する同等のスキーマフィールドとの間にリンクを作成することで構成されます。

XDM フィールドを Oracle Eloqua 宛先フィールドは、次の手順に従います。

  1. マッピング​手順で、「新しいマッピングを追加」を選択します。画面に新しいマッピング行が表示されます。
  2. Adobe Analytics の ソースフィールドを選択 ウィンドウで、 属性を選択 カテゴリを選択して XDM 属性を選択するか、 ID 名前空間を選択 ID を選択します。
  3. Adobe Analytics の ターゲットフィールドを選択 ウィンドウ:選択 ID 名前空間を選択 ID を選択するか、 カスタム属性を選択 をクリックし、目的の属性名を 属性名 フィールドに入力します。 指定する属性名は、 Oracle Eloqua. 詳しくは、 create a contact で使用できる正確な属性名 Oracle Eloqua.
    • これらの手順を繰り返して、XDM プロファイルスキーマとの間に必要な属性マッピングと必要な属性マッピングの両方を追加します。 Oracle Eloqua: | ソースフィールド | ターゲットフィールド | 必須 | |—|—|—| |IdentityMap: Eid|Identity: EloquaId| はい | |xdm: personalEmail.address|Attribute: emailAddress| はい | |xdm: personName.firstName|Attribute: firstName| | |xdm: personName.lastName|Attribute: lastName| | |xdm: workAddress.street1|Attribute: address1| | |xdm: workAddress.street2|Attribute: address2| | |xdm: workAddress.street3|Attribute: address3| | |xdm: workAddress.postalCode|Attribute: postalCode| | |xdm: workAddress.country|Attribute: country| | |xdm: workAddress.city|Attribute: city| |

    • 上記のマッピングの例を次に示します。

      属性マッピングを使用した Platform UI のスクリーンショットの例。

重要
  • で指定された属性 ターゲットフィールド は、 Create a contact これらの属性はリクエスト本文を形成するので、
  • で指定された属性 ソースフィールド このような制限に従わないでください。 ただし、にプッシュした際にデータ形式が正しくない場合は、必要に応じてマッピングできます。 Oracle Eloqua これはエラーを引き起こします。 例えば、 ソースフィールド ID 名前空間 contact key, ABC ID など から ターゲットフィールド : EloquaId ID 値が、 Oracle Eloqua.
  • The EloquaID id に対応する属性を更新するには、マッピングが必須です。
  • The emailAddress マッピングが必要です。 これがないと、API は以下のようにエラーをスローします。
{
     "type":"ObjectValidationError",
     "container":{
           "type":"ObjectKey",
           "objectType":"Contact"
     },
     "property":"emailAddress",
     "requirement":{
           "type":"EmailAddressRequirement"
     },
     "value":"<null>"
}

宛先接続のマッピングの指定が完了したら、「 」を選択します。 次へ.

メモ

宛先は、連絡先フィールド情報をに送信する際に、各実行で選択されたオーディエンス名に、自動的に一意の識別子を付加します。 Oracle Eloqua. これにより、オーディエンス名に対応する連絡先フィールド名が重複しなくなります。 詳しくは、 データの書き出しを検証する セクションのスクリーンショットの例 Oracle Eloqua オーディエンス名を使用して作成されたカスタム連絡先フィールドを含む連絡先詳細ページ。

データの書き出しを検証する

宛先が正しく設定されていることを検証するには、次の手順に従います。

  1. 選択 宛先 > 参照 をクリックし、宛先のリストに移動します。

  2. 次に、宛先を選択し、 アクティベーションデータ 」タブをクリックし、オーディエンス名を選択します。
    宛先のアクティベーションデータを示した Platform UI のスクリーンショットの例。

  3. オーディエンスの概要を監視し、プロファイルの数がセグメント内の数に対応していることを確認します。
    セグメントを示す Platform UI のスクリーンショットの例。

  4. にログインします。 Oracle Eloqua web サイトに移動し、 連絡先の概要 ページを使用して、オーディエンスからのプロファイルが追加されたかどうかを確認します。 オーディエンスのステータスを確認するには、 連絡先の詳細 ページを開き、選択したオーディエンス名をプレフィックスとして持つ連絡先フィールドが作成されたかどうかを確認します。

Oracle名で作成されたカスタム連絡先フィールドを含む連絡先詳細ページを示す Eloqua UI のスクリーンショット。

データの使用とガバナンス

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのようにデータガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

エラーとトラブルシューティング

宛先を作成する際に、次のエラーメッセージが表示される場合があります。 400: There was a validation error または 400 BAD_REQUEST. この問題は、カスタム連絡先フィールドの上限である 250 件を超えた場合に発生します。詳しくは、 guardrail 」セクションに入力します。 このエラーを修正するには、 Oracle Eloqua.
エラーを示す Platform UI のスクリーンショット。

詳しくは、 Oracle Eloqua HTTP ステータスコード および Oracle Eloqua 検証エラー のページで、ステータスとエラーコードの包括的なリストと説明を参照できます。

その他のリソース

詳しくは、 Oracle Eloqua ドキュメント:

変更ログ

この節では、この宛先コネクタに対する機能の概要と重要なドキュメントの更新について説明します。

 変更ログを表示
リリース月 更新タイプ 説明
2023年4月 ドキュメントの更新
  • 更新: 使用例 の節を参照し、この宛先を使用した方がメリットが得られるタイミングの例をより明確に示します。
  • 更新: マッピング 節に、必須とオプションの両方のマッピングの明確な例を示します。
  • 更新: 宛先に接続 の節に、 ユーザー名 を使用するフィールド Oracle Eloqua 会社名および Oracle Eloqua ユーザー名。 (PLATIR-28343)
  • 更新: 収集 Oracle Eloqua 資格情報 そして 宛先の詳細を入力 ~に関するガイダンスを含む節 Oracle Eloqua ポッド 選択。 The "Pod" の値は、API 呼び出しのベース URL を構築するために宛先で使用されます。 The Oracle Eloqua 前提条件 の節も更新され、割り当てに関するガイダンスが追加されました。 "上級ユーザー — マーケティング権限" 必要に応じて "セキュリティグループ" の Oracle Eloqua インスタンス。
2023年3月 初回リリース 宛先の初回リリースとドキュメントの公開。

このページ