Mailchimp Interest Categories 接続

最終更新日: 2024-01-25
  • トピック:
  • Destinations
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Admin
    User

Mailchimp は、企業が連絡先の管理や連絡に使用する、人気の高いマーケティングオートメーションプラットフォームおよび電子メールマーケティングサービスです (顧客、顧客その他の利害関係人) メーリングリストと電子メールマーケティングキャンペーンの使用 このコネクタを使用すると、興味や好みに基づいて連絡先を並べ替えることができます。

Mailchimp Interest Categories uses audiences, グループ、および興味カテゴリ (グループ名またはグループタイトルとも呼ばれます)。. 各 Mailchimp 「グループ」は、関心のあるカテゴリのリストです。 連絡先は、Web サイトのサインアップフォームを通じて 1 つ以上の興味カテゴリを購読する際に、興味カテゴリに関連付けられます。 オーディエンス内で、連絡先をグループに整理し、関心のあるカテゴリに関連付けることもできます。これらを使用して、セグメントを作成できます。 これらのオーディエンスを使用して、購読済みの連絡先にターゲットキャンペーン E メールをブロードキャストできます。

この Adobe Experience Platform 宛先Mailchimp batch subscribe or unsubscribe API 作成する API 興味カテゴリ 次に、選択した各 Platform オーディエンスからの連絡先を、対応する関心カテゴリに追加します。 以下が可能です。 新規連絡先の追加 または 既存の情報を更新する Mailchimp 連絡先​を、 目的のグループに追加または削除します。 既存の Mailchimp オーディエンスに反映されます。 Mailchimp Interest Groups は、Platform から選択したオーディエンス名を、 Mailchimp.

ユースケース

Mailchimp Interest Categories 宛先を使用する方法とタイミングを理解しやすくするために、Adobe Experience Platform のお客様がこの宛先を使用して解決できるユースケースのサンプルを以下に示します。

マーケティングキャンペーン用の連絡先へのメールの送信

スポーツグッズの Web サイトの販売部門は、サッカーに興味を持つと自己識別した連絡先のリストに、電子メールベースのマーケティングキャンペーンを放送したいと考えています。 連絡先のリストは、Web サイトの開発チームから受け取ったデータ書き出しでバッチとして分けられるので、トラッキングする必要があります。 チームが既存の Mailchimp オーディエンスを作成し、各Experience Platformの連絡先を追加するリストオーディエンスの作成を開始します。 これらのオーディエンスをに送信した後 Mailchimp Interest Categories選択したに存在しない連絡先がある場合は、 Mailchimp オーディエンス訪問者が、その連絡先が属するオーディエンス名のグループに追加されます。 既に Mailchimp オーディエンスまたはグループを選択した場合、その情報が更新されます。 データがに送信された後 Mailchimp Interest Categoriesを使用している場合、セールスチームはマーケティングキャンペーンの電子メールを選択し、 Mailchimp オーディエンス。

前提条件

Experience Platformおよびで設定する必要がある前提条件については、以下の節を参照してください。 Mailchimp また、を使用する前に収集する必要がある情報についても説明します。 Mailchimp Interest Categories 宛先。

Experience Platformの前提条件

Mailchimp Interest Categories 宛先へのデータをアクティブ化する前に、スキーマデータセットおよびセグメントを Experience Platform で作成する必要があります。

の前提条件 Mailchimp Interest Categories 宛先

Platform からにデータを書き出すための次の前提条件に注意してください。 Mailchimp アカウント:

次をお持ちの場合は、 Mailchimp アカウント

事前に Mailchimp Interest Categories 宛先の名前を指定する場合は、まず Mailchimp アカウント。 まだない場合は、 Mailchimp 登録ページ をクリックして、アカウントを登録および作成します。

収集 Mailchimp API キー

次が必要です: Mailchimp API キー 認証を行う Mailchimp Interest Categories の宛先に対して、 Mailchimp アカウント。 The API キー ~の役割を果たす パスワード いつ 宛先の認証.

次の条件を満たしていない場合、 API キー、アカウントにログインして、 Mailchimp API キーを生成する ドキュメントを参照してください。

API キーの例は次のとおりです。 0123456789abcdef0123456789abcde-us14.

重要

次の場合、 API キー​生成後はアクセスできなくなるので、書き留めてください。

特定 Mailchimp データセンター

次に、 Mailchimp データセンター これをおこなうには、 Mailchimp アカウントに移動し、 API キーの節 」をクリックします。

値は、ブラウザーに表示される URL の最初の部分です。 URL が https://us14.mailchimp.com/account/api/​を設定した場合、データセンターは us14.

また、フォームの API キーにも追加されます key-dc; API キーが 0123456789abcdef0123456789abcde-us14を設定した場合、データセンターは us14.

データセンターの価値を書き留める (us14 (この例では)​に値を指定しない場合、 宛先の詳細を入力.

詳しいガイダンスが必要な場合は、 Mailchimp 基本ドキュメント.

ガードレール

各 Mailchimp オーディエンスには、1 つのグループに最大 60 個のグループ名(または関心カテゴリ)を含めることができます。また、同じオーディエンス内の複数のグループをまたいで、複数のグループを含めることもできます。 参照: Mailchimp グループ 必要な明確化を行うために この上限に達すると、 400 BAD_REQUEST Cannot have more than 60 interests per list (Across all categories) 次のエラー応答としてのメッセージ: Mailchimp API.

さらに、 Mailchimp レート制限 を参照してください。 Mailchimp API.

サポートされている ID

Mailchimp では、以下の表で説明する id のアクティブ化をサポートしています。 ID についての詳細情報。

ターゲット ID 説明 注意点
メール 連絡先の電子メールアドレス 必須

書き出しのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目 タイプ メモ
書き出しタイプ プロファイルベース
  • セグメントのすべてのメンバーを、フィールドマッピングに従って、必要なスキーマフィールドと共に書き出します​(例:メールアドレス、電話番号、姓)
  • Platform で選択した各オーディエンスに対して、 Mailchimp Interest Categories セグメントのステータスは、Platform からのオーディエンスのステータスに合わせて更新されます。
書き出し頻度 ストリーミング ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンスの評価に基づいてExperience Platformでプロファイルが更新されると、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。 詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

Within 宛先 > カタログ、を検索します。 Mailchimp Interest Categories. または、 電子メールマーケティング カテゴリ。

宛先に対する認証

宛先を認証するには、以下の必須フィールドに入力し、を選択します。 宛先に接続.

フィールド 説明
ユーザー名 お使いの Mailchimp Interest Categories ユーザー名。
パスワード お使いの Mailchimp API キー​君が書いていた 収集 Mailchimp 資格情報 」セクションに入力します。
API キーは、 {KEY}-{DC}( ここで {KEY} 部分は、 Mailchimp API キー セクションおよび {DC} 部分は Mailchimp データセンター.
次のいずれかを指定できます。 {KEY} の一部またはフォーム全体を読み込みます。
例えば、API キーが
0123456789abcdef0123456789abcde-us14,
次のいずれかを指定できます。*0123456789abcdef0123456789abcdeまたは​0123456789abcdef0123456789abcde-us14*を値として使用します。

認証方法を示す Platform UI のスクリーンショット。

指定した詳細が有効な場合、UI で​接続済み​ステータスに緑色のチェックマークが付きます。その後、次の手順に進むことができます。

宛先の詳細を入力

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横のアスタリスクは、そのフィールドが必須であることを示します。

宛先の詳細を示す Platform UI のスクリーンショット。

フィールド 説明
名前 将来この宛先を認識するための名前。
説明 今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
データセンター お使いの Mailchimp アカウント data center. 詳しくは、 特定 Mailchimp データセンター 」の節を参照してください。
オーディエンス名(最初にデータセンターを選択してください) 次の項目を選択した後、 データセンター​の場合、このドロップダウンには、 Mailchimp アカウント。 Platform のデータで更新するオーディエンスを選択します。
関心のあるカテゴリ(最初にデータセンターとオーディエンス名を選択してください) 次の項目を選択した後、 オーディエンス名​の場合、このドロップダウンには、 Mailchimp アカウント。 Platform のデータで更新するカテゴリ名を選択します。
ヒント

API キーが パスワード フィールドまたは データセンター の値が正しくない場合、UI に Mailchimp API エラー応答: No options are available. Please verify the values selected for the following dependent fields: dataCenter 以下に示すように。 この場合、 オーディエンス名(最初にデータセンターを選択してください) フィールドに入力します。 このエラーを修正するには、正しい値を指定します。

アラートの有効化

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化

重要
  • データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • 書き出す idID グラフを表示 アクセス制御権限.
    ワークフローでハイライト表示された ID 名前空間を選択して、宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します。

この宛先にオーディエンスをアクティベートする手順は、ストリーミングオーディエンスの書き出し宛先へのプロファイルとオーディエンスのアクティベートを参照してください。

マッピングの考慮事項と例

Adobe Experience Platformからにオーディエンスデータを正しく送信するには、以下を実行します。 Mailchimp Interest Categories の宛先の場合は、フィールドマッピングの手順を実行する必要があります。 マッピングは、Platform アカウント内の Experience Data Model(XDM) スキーマフィールドと、ターゲット宛先から対応する同等のスキーマフィールドとの間にリンクを作成することで構成されます。

XDM フィールドを Mailchimp Interest Categories 宛先フィールドには、次の手順に従います。

  1. マッピング​手順で、「新しいマッピングを追加」を選択します。これで、新しいマッピング行が画面に表示されます。

  2. Adobe Analytics の ソースフィールドを選択 ウィンドウで、 属性を選択 カテゴリを選択して XDM 属性を選択するか、 ID 名前空間を選択 ID を選択します。

  3. Adobe Analytics の ターゲットフィールドを選択 ウィンドウで、 ID 名前空間を選択 ID を選択するか、 属性を選択 カテゴリを選択し、 Mailchimp API. 選択したに追加したカスタム属性 Mailchimp オーディエンスは、ターゲットフィールドとして選択することもできます。

    XDM プロファイルスキーマと Mailchimp Interest Categories は次のとおりです。 | ソースフィールド | ターゲットフィールド | メモ | | — | — | — | |IdentityMap: Email|Identity: email| 必須:はい | |xdm: person.name.firstName|Attribute: FNAME| | |xdm: person.name.lastName|Attribute: LNAME| | |xdm: person.birthDayAndMonth|Attribute: BIRTHDAY| |

    また、 ADDRESS は、 merge field の Mailchimp オーディエンス。 The Mailchimp ドキュメント 必要なキーを次のように定義します。 addr1, city, state、および zip、およびオプションのキー addr2 および country. これらのフィールドの値は、文字列である必要があります。 次のいずれかの ADDRESS フィールドマッピングが存在する場合、宛先は ADDRESS オブジェクトを Mailchimp 更新用の API。 任意 ADDRESS マッピングされていないフィールドの値はデフォルトではに設定されます NULL デフォルトの国を除いて US.

    に使用できるマッピング ADDRESS フィールドは次のとおりです。

    ソースフィールド ターゲットフィールド
    xdm: workAddress.street1 Attribute: ADDRESS.addr1
    xdm: workAddress.street2 Attribute: ADDRESS.addr2
    xdm: workAddress.city Attribute: ADDRESS.city
    xdm: workAddress.state Attribute: ADDRESS.state
    xdm: workAddress.postalCode Attribute: ADDRESS.zip
    xdm: workAddress.country Attribute: ADDRESS.country

    例えば、 country 連絡先の既存の住所フィールド addr1, city, state、および zip の値 132, My Street, Kingston, New York, New York および 12401. 次の手順で country 既存の値を変更と共に渡す必要があります (存在する場合) 国の新しい価値を したがって、データセットの値は次のようになります。 132, My Street, Kingston, New York, New York, 12401、および US. 繰り返すには、 country に値を指定しない addr1, city, state、および zip 次の条件で上書きされます。 NULL.

    完了したマッピングの例を次に示します。
    フィールドマッピングを示す Platform UI のスクリーンショットの例。

宛先接続のマッピングの指定が完了したら、「 」を選択します。 次へ.

データの書き出しを検証する

宛先が正しく設定されていることを検証するには、次の手順に従います。

  • にログインします。 Mailchimp アカウント。 次に、 Audience ページに貼り付けます。 次に、 Manage Contacts メニューと選択 Groups.

Audience グループページを示す mailchimp UI のスクリーンショット。

  • 「グループ」を選択し、選択したオーディエンスが、Platform のオーディエンス名を持つカテゴリとして作成されているかどうかを確認します。カテゴリの後に、自動生成されたサフィックスが付く場合があります。
    • この宛先では、選択したセグメントの名前を使用して、 Mailchimp 興味カテゴリ API を追加. 新しい宛先を作成し、同じオーディエンスを再度アクティブ化した場合、 Mailchimp 既存のセグメントと新しいセグメントを区別するためのサフィックスが追加されます。
  • グループに E メールが存在しなかった連絡先は、新しく作成されたカテゴリに追加されます。
  • グループ内に既に存在する連絡先の場合、属性フィールドのデータが更新され、新しく作成したカテゴリに追加された連絡先が更新されます。

Audience グループカテゴリを示す mailchimp UI のスクリーンショット。

データの使用とガバナンス

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのようにデータガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

エラーとトラブルシューティング

次の場合にエラーが発生しました: Mailchimp API キーまたはデータセンターの値が正しくありません

API キーが パスワード フィールドまたは データセンター の値が正しくない場合、UI に Mailchimp API エラー応答: No options are available. Please verify the values selected for the following dependent fields: dataCenter 以下に示すように。 この場合、 オーディエンス名(最初にデータセンターを選択してください) フィールドに入力します。

Mailchimp API キーまたはデータセンターの値が正しくない場合に、Platform UI のスクリーンショットにエラーが表示されます。

このエラーを修正して次の手順に進むには、正しい値を指定する必要があります。 詳しくは、 特定 Mailchimp データセンター および
収集 Mailchimp API キー セクションを参照してください。

次の場合にエラーが発生しました: Mailchimp グループ名の制限を超えています

宛先を作成する際に、次のエラーメッセージが表示される場合があります。 Cannot have more than 60 interests per list (Across all categories) または 400 BAD_REQUEST. これは、1 つのグループで 60 個のグループ名(または関心カテゴリ)を超えた場合、または同じオーディエンス制限内の複数のグループにわたって 60 個を超えた場合に発生します。詳しくは、 guardrail 」セクションに入力します。 このエラーを修正するには、 Mailchimp.

Mailchimp ステータスおよびエラーコード

詳しくは、 Mailchimp エラーページ を参照してください。

その他のリソース

以下に示すその他の役に立つ情報 Mailchimp 以下のドキュメントです。

このページ