Adobe Campaign Managed Cloud Services接続

重要

概要

Adobe Campaign Managed Cloud Services は、クロスチャネルのカスタマーエクスペリエンスを設計するためのプラットフォームと、視覚的なキャンペーンオーケストレーション、リアルタイムインタラクション管理、クロスチャネル実行のための環境を提供します。Campaign の概要

Campaign を使用すると、次のことを行えます。

  • 顧客の単一のアクセス可能なビューを通じて、パーソナライズとエンゲージメントを推進,
  • メール、モバイル、オンライン、オフラインの各チャネルをカスタマージャーニーに統合,
  • 意味のあるタイムリーなメッセージやオファーの配信を自動化.
重要

Adobe Campaign Managed Cloud Services接続を使用する際は、次のガードレールに注意してください。

  • 最大 50 個のセグメントを指定できます 有効化済み 宛先の
  • 各セグメントについて、最大 20 個のフィールドを マップ Adobe Campaign
  • Azure Blob ストレージデータランディングゾーン (DLZ) でのデータ保持:7 日
  • 有効化の頻度は 3 時間以上です。

ユースケース

Adobe Campaign Manage Service の宛先をいつどのように使用するかを理解しやすくするために、Adobe Experience Platformのお客様がこの宛先を使用して解決できる使用例を以下に示します。

Adobe Experience Platformは、ID グラフ、分析の行動データ、オフラインとオンラインのデータなどの情報を組み込んだ顧客プロファイルを作成します。 この統合を使用すると、Adobe Experience Platformを利用したオーディエンスを使用して、Adobe Campaign内に既に存在するセグメント化機能を拡張できます。その結果、Campaign でそのデータをアクティブ化できます。

例えば、スポーツフォース会社は、Adobe Experience Platformを活用したスマートセグメントを活用し、Adobe Campaignを使用してそれらをアクティブ化して、Adobe Campaignがサポートする様々なチャネルをまたいで顧客ベースにリーチしたいと考えています。

メッセージが送信されたら、送信、開封、クリックなどのAdobe Campaignからのエクスペリエンスデータを使用して、Adobe Experience Platform の顧客プロファイルを強化したいと考えます。

その結果、Adobe Experience Cloud のエコシステム全体で一貫性の高いクロスチャネルキャンペーンと、迅速な適応および学習をおこなう豊富な顧客プロファイルが実現します。

Adobe Experience PlatformとのAdobe Campaign統合の詳細

サポートされる ID

Adobe Campaign Managed Cloud Services では、以下の表で説明する id のアクティブ化をサポートしています。 ID についての詳細情報。

ターゲット ID 説明 注意点
external_id カスタムユーザー ID ソース ID がカスタム名前空間の場合は、このターゲット ID を選択します。 この ID を使用し、顧客 (loyalty_ID、account_ID、customer_ID…) を表す Campaign インスタンス内の ID にマッピングすることをお勧めします
ECID Experience Cloud ID ECID を表す名前空間。 この名前空間は、次のエイリアスからも参照できます。"Adobe Marketing Cloud ID"、"Adobe Experience Cloud ID"、"Adobe Experience Platform ID"。 次のドキュメントを参照してください: ECID を参照してください。
email_lc_sha256 SHA256 アルゴリズムでハッシュ化された電子メールアドレス プレーンテキストと SHA256 ハッシュ化された電子メールアドレスの両方が、Adobe Experience Platformでサポートされています。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、 変換を適用 オプション Platform 有効化時に、データを自動的にハッシュ化します。
phone_sha256 SHA256 アルゴリズムでハッシュ化された電話番号 プレーンテキストと SHA256 ハッシュ化された電話番号の両方が、Adobe Experience Platformでサポートされています。 ソースフィールドにハッシュ化されていない属性が含まれている場合は、 変換を適用 オプション Platform 有効化時に、データを自動的にハッシュ化します。
GAID Google Advertising ID ソース ID が GAID 名前空間の場合は、GAID ターゲット ID を選択します。
IDFA Apple の広告主 ID ソース ID が IDFA 名前空間の場合は、IDFA ターゲット ID を選択します。

書き出しのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目 タイプ メモ
書き出しタイプ プロファイルベース セグメントのすべてのメンバーを、目的のスキーマフィールド ( 例:(電子メールアドレス、電話番号、姓)。「プロファイル属性を選択」画面で選択します。 宛先のアクティベーションワークフロー.
書き出し頻度 バッチ バッチ宛先では、ファイルが 3 時間、6 時間、8 時間、12 時間、24 時間の単位でダウンストリームプラットフォームに書き出されます。 詳細を表示 バッチファイルベースの宛先.

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、宛先の管理 アクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

宛先の詳細を入力

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横にアスタリスクが表示される場合は、そのフィールドが必須であることを示します。

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
  • インスタンスを選択:お使いの Campaign マーケティングインスタンス。
  • ターゲットマッピング:で使用しているターゲットマッピングを選択します。 Adobe Campaign 配信を送信します。 詳細情報

アラートの有効化

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、 UI を使用した宛先アラートの購読.

宛先接続への詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

ガバナンスポリシーと実施アクション

宛先に書き出すデータに適用できるマーケティングアクションを選択します。 Adobe Campaignの場合、 E メールターゲティング マーケティングアクション。

マーケティングアクションについて詳しくは、 データ使用ポリシーの概要 ページ。

この宛先に対してセグメントをアクティブ化

重要

データをアクティブ化するには、宛先の管理宛先のアクティブ化プロファイルの表示​および​セグメントの表示に対するアクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

読み取り プロファイルの一括書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

属性と ID のマッピング

プロファイルと共に書き出す XDM フィールドを選択し、対応するAdobe Campaignフィールドにマッピングします。電子メールマーケティングの宛先の ID と属性の選択の詳細を説明します

  1. ソースフィールドを選択:

    • を選択します。 識別子 ( 例:電子メールフィールド ) は、Adobe Experience PlatformとAdobe Campaignでプロファイルを一意に識別するソース id です。

    • その他すべてを選択 XDM ソースプロファイル属性 Adobe Campaignに書き出す必要がある

    メモ

    「segmentMembershipStatus」フィールドは、segmentMembership ステータスを反映するために必須のマッピングです。 このフィールドはデフォルトで追加され、変更または削除できません。

  2. Adobe Campaignで、各フィールドをそのターゲットフィールドにマッピングします。 使用可能なターゲットフィールドは、 宛先の作成.

  3. 必須の属性と重複排除キーを特定します。 「必須」または「重複排除キー」としてマークされた属性の値を null にすることはできません。

    • 必須の属性 選択した属性がすべてのプロファイルレコードに含まれていることを確認します。 例:書き出されるすべてのプロファイルには、電子メールアドレスが含まれています。 重複排除キーとして使用する ID フィールドとフィールドの両方を必須に設定することをお勧めします。

    • 重複排除キー は、ユーザーがプロファイルの重複排除を希望する ID を決定するプライマリキーです。

      重要

      重複排除キー属性の名前が、選択したターゲットマッピングの列名と一致していることを確認してください。

  4. マッピングが実行されたら、宛先設定を確認して完了し、へのデータの送信を開始できます。 Campaign.
    宛先の設定を確認して完了する方法を説明します.

エクスポートされたデータ/データエクスポートの検証

宛先がアクティブ化されると、Campaign で対応するジョブおよびエクスポートしたデータにアクセスできます。

データ書き出しジョブの監視

次に移動: 管理 > 監査 > オーディエンス読み込みジョブ メニューを使用して、Adobe Experience Platformからアクティブ化されたすべての書き出しジョブを監視できます。

書き出されたデータにアクセス

次に移動: プロファイルとターゲット > リスト > AEP オーディエンス メニューを使用して、宛先をアクティブ化した後に作成されたオーディエンスにアクセスできます。

データの使用とガバナンス

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのように データガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

このページ