Salesforce CRM 接続

最終更新日: 2024-01-25
  • トピック:
  • Destinations
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

概要

Salesforce CRM は、一般的な顧客関係管理 (CRM) プラットフォームで、以下に説明するプロファイルのタイプをサポートします。

  • リード — リードとは、販売する製品やサービスに関心を持つ(または興味を持たない)人または会社の名前です。
  • 連絡先 — 連絡先とは、担当者の 1 人が関係を確立し、潜在的な顧客として認定された個人です。

この Adobe Experience Platform 宛先 は、 Salesforce composite API:前述の両方のタイプのプロファイルをサポートします。

条件 セグメントのアクティブ化を使用する場合は、リードまたは連絡先のいずれかを選択し、属性とオーディエンスデータを Salesforce CRM.

Salesforce CRM は、Salesforce REST API と通信するための認証メカニズムとして、パスワード付与付きの OAuth 2 を使用しています。 Salesforce CRM インスタンスを認証する手順は、さらに下の宛先に対する認証の節にあります。

ユースケース

マーケターは、Adobe Experience Platform プロファイルの属性に基づいて、ユーザーにパーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。 オフラインデータからオーディエンスを構築し、これらのオーディエンスを Salesforce CRM に送信して、Adobe Experience Platformでオーディエンスとプロファイルが更新されるとすぐに CRM メンバーシップを更新できます。

前提条件

Experience Platformの前提条件

Salesforce CRM の宛先に対してデータをアクティブ化する前に、 スキーマ, a データセット、および セグメント 次で作成: Experience Platform.

の前提条件 Salesforce CRM

次の前提条件に注意してください。 Salesforce CRMPlatform から Salesforce アカウントにデータをエクスポートするには、次の手順を実行します。

Salesforce アカウントが必要です

次に移動: Salesforce 体験版 登録して作成するページ Salesforce アカウントを作成します。

内での接続アプリの設定 Salesforce

まず、 Salesforce 接続されたアプリ の Salesforce アカウントを作成します。 Salesforce CRM 接続したアプリを活用して Salesforce.

次に、有効にします。 OAuth Settings for API Integration (の) Salesforce connected app. 詳しくは、 Salesforce ガイダンスに関するドキュメント。

また、 スコープ 以下に、 Salesforce connected app.

  • chatter_api
  • lightning
  • visualforce
  • content
  • openid
  • full
  • api
  • web
  • refresh_token
  • offline_access

最後に、 password 許可は Salesforce アカウント。 詳しくは、 Salesforce 特別なシナリオでの OAuth 2.0 ユーザー名 — パスワードフロー ガイダンスが必要な場合は、ドキュメントを参照してください。

重要

次の場合、 Salesforce アカウント管理者が信頼済み IP 範囲へのアクセスを制限しています。アカウント管理者に連絡して、 Experience PlatformIP 許可リストに加える。 詳しくは、 Salesforce 接続アプリの信頼済み IP 範囲へのアクセスを制限する 追加のガイダンスが必要な場合は、ドキュメントを参照してください。

内にカスタムフィールドを作成する Salesforce

オーディエンスを Salesforce CRM 宛先の場合、 マッピング ID フィールドをアクティブ化したオーディエンスごとに、 オーディエンススケジュール 手順

Salesforce CRM では、この値がExperience Platformからのオーディエンスを正しく読み取り、解釈し、内でオーディエンスのステータスを更新するために必要です。 Salesforce. 詳しくは、Experience Platformドキュメントを参照してください。 オーディエンスメンバーシップ詳細スキーマフィールドグループ オーディエンスのステータスに関するガイダンスが必要な場合は、を参照してください。

Platform からに対してアクティブ化する各オーディエンスに対して、 Salesforce CRMの場合は、タイプのカスタムフィールドを作成する必要があります Text Area (Long) 範囲 Salesforce. ビジネス要件に応じて、256~131,072 文字の任意のサイズのフィールド文字長を定義できます。 詳しくは、 Salesforce カスタムフィールドタイプ カスタムフィールドタイプの追加情報については、ドキュメントページを参照してください。 また、 Salesforce ~に関する文書 カスタムフィールドの作成 フィールドの作成に関するサポートが必要な場合は、を参照してください。

重要

フィールド名に空白文字を含めないでください。 代わりに、アンダースコアを使用します。 (_) 文字を区切り文字として使用します。
Within Salesforce カスタムフィールドは、 フィールド名 で指定された値と完全に一致する マッピング ID 」と入力します。 例えば、以下のスクリーンショットには、という名前のカスタムフィールドが表示されています。 crm_2_seg. この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化する場合は、 crm_2_seg as マッピング ID オーディエンスオーディエンスをExperience Platformからこのカスタムフィールドに入力する場合。

でのカスタムフィールド作成の例 Salesforce, 手順 1 — データタイプの選択を使用する場合、は以下のようになります。
カスタムフィールドの作成を示す Salesforce UI スクリーンショット、手順 1 — データタイプを選択します。

でのカスタムフィールド作成の例 Salesforce, 手順 2 — カスタムフィールドの詳細を入力するを使用する場合、は以下のようになります。
カスタムフィールドの作成を示す Salesforce UI スクリーンショット、手順 2 — カスタムフィールドの詳細を入力します。

ヒント
  • Platform オーディエンスに使用されるカスタムフィールドと、 Salesforce カスタムフィールドの作成時には、認識可能なプレフィックスまたはサフィックスを含めることができます。 例えば、の代わりに test_segment,使用 Adobe_test_segment または test_segment_Adobe
  • 他のカスタムフィールドが既にで作成されている場合は、 Salesforceを使用すると、Platform セグメントと同じ名前を使用して、 Salesforce.
メモ
  • Salesforce 内のオブジェクトは 25 個の外部フィールドに制限されています。詳しくは、 カスタムフィールド属性.
  • この制限は、いつでもアクティブなExperience Platformオーディエンスメンバーシップを最大 25 個まで持つことができることを意味します。
  • Salesforce 内でこの制限に達した場合は、新しい マッピング ID を使用できます。

Salesforce CRM 資格情報の収集

を認証する前に、以下の項目をメモしておきます。 Salesforce CRM 宛先:

資格情報 説明
Username お使いの Salesforce アカウントのユーザー名。
Password お使いの Salesforce アカウントのパスワード。
Security Token お使いの Salesforce 後で追加するセキュリティトークン Salesforce 連結された文字列を作成し、 パスワード when 宛先への認証.
詳しくは、 Salesforce ~に関する文書 セキュリティトークンをリセット 再生する方法を学ぶ Salesforce インターフェイスを使用します(セキュリティトークンがない場合)。
Custom Domain お使いの Salesforce ドメインプレフィックス。
詳しくは、 Salesforce ドキュメント この値を Salesforce インターフェイス。
次の場合、 Salesforce ドメインは
d5i000000isb4eak-dev-ed.my.salesforce.com,
必要なもの d5i000000isb4eak-dev-ed を値として使用します。
Client ID Salesforce Consumer Key.
詳しくは、 Salesforce ドキュメント この値を Salesforce インターフェイス。
Client Secret Salesforce Consumer Secret.
詳しくは、 Salesforce ドキュメント この値を Salesforce インターフェイス。

ガードレール

Salesforce 要求、レートおよびタイムアウト制限を課すことによって、トランザクションの負荷を分散します。 詳しくは、 API リクエストの制限と割り当て 」を参照してください。

次の場合、 Salesforce アカウント管理者が IP 制限を適用しました。 Experience Platformの IP アドレス を Salesforce アカウントの信頼済み IP 範囲。 詳しくは、 Salesforce 接続アプリの信頼済み IP 範囲へのアクセスを制限する 追加のガイダンスが必要な場合は、ドキュメントを参照してください。

重要

条件 セグメントのアクティブ化 次のいずれかを選択する必要があります。 連絡先 または リード タイプ。 選択したタイプに従って、オーディエンスに適切なデータマッピングがあることを確認する必要があります。

サポートされる ID

Salesforce CRM では、以下の表で説明する ID の更新をサポートしています。ID についての詳細情報。

ターゲット ID 説明 注意点
SalesforceId The Salesforce CRM セグメントを通じて書き出しまたは更新する連絡先 ID またはリード ID の識別子。 必須

書き出しのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目 タイプ メモ
書き出しタイプ プロファイルベース
  • セグメントのすべてのメンバーを、フィールドマッピングに従って、必要なスキーマフィールドと共に書き出します​(例:メールアドレス、電話番号、姓)
  • での各オーディエンスのステータス Salesforce CRM は、 マッピング ID 期間中に指定された値 オーディエンススケジュール 手順
書き出し頻度 ストリーミング
  • ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。詳しくは、ストリーミングの宛先を参照してください。

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストされているフィールドに入力します。

宛先カタログ​内で Salesforce CRM を検索します。または、CRM カテゴリの下に配置することもできます。

宛先に対する認証

宛先を認証するには、以下の必須フィールドに入力し、を選択します。 宛先に接続. 詳しくは、 収集 Salesforce CRM 資格情報 」の節を参照してください。
| 資格情報 | 説明 | | — | — | | ユーザー名 | お使いの Salesforce アカウントのユーザー名。 | | パスワード | 連結された文字列で、 Salesforce アカウントのパスワードが追加されました Salesforce セキュリティトークン。
連結された値は、 {PASSWORD}{TOKEN}.
なお、中括弧やスペースは使用しないでください。
例えば、 Salesforce パスワード: MyPa$$w0rd123 および Salesforce セキュリティトークンは TOKEN12345....0000に設定する場合、 パスワード フィールドが次の値 MyPa$$w0rd123TOKEN12345....0000. | | カスタムドメイン | お使いの Salesforce ドメインプレフィックス。
例えば、ドメインが d5i000000isb4eak-dev-ed.my.salesforce.com​を指定する場合は、 d5i000000isb4eak-dev-ed を値として使用します。 | | クライアント ID | お使いの Salesforce 接続されたアプリ Consumer Key. | | クライアントの秘密鍵 | お使いの Salesforce 接続されたアプリ Consumer Secret. |

認証方法を示す Platform UI のスクリーンショット。

指定した詳細が有効な場合、UI に 接続済み ステータスに緑色のチェックマークが付いている場合は、次の手順に進むことができます。

宛先の詳細を入力

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横のアスタリスクは、そのフィールドが必須であることを示します。

  • 名前:今後この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
  • Salesforce ID タイプ:
    • 選択 連絡先 書き出しまたは更新する id のタイプがの場合 連絡先.
    • 選択 リード 書き出しまたは更新する id のタイプがの場合 リード.

宛先の詳細を示す Platform UI のスクリーンショット。

アラートの有効化

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化

重要
  • データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • 書き出す idID グラフを表示 アクセス制御権限.
    ワークフローでハイライト表示された ID 名前空間を選択して、宛先に対するオーディエンスをアクティブ化します。

この宛先にオーディエンスをアクティベートする手順は、ストリーミングオーディエンスの書き出し宛先へのプロファイルとオーディエンスのアクティベートを参照してください。

マッピングの考慮事項と例

Adobe Experience Platform から Salesforce CRM 宛先にオーディエンスデータを正しく送信するには、フィールドマッピングの手順を実行する必要があります。マッピングは、Platform アカウント内の Experience Data Model(XDM) スキーマフィールドと、ターゲット宛先から対応する同等のスキーマフィールドとの間にリンクを作成することで構成されます。

で指定された属性 ターゲットフィールド は、属性マッピングテーブルで説明されたとおりに名前を付ける必要があります。これらの属性は、リクエスト本文を形成します。

で指定された属性 ソースフィールド このような制限に従わないでください。 必要に応じてマッピングできますが、入力データの形式が Salesforce ドキュメント. 入力データが無効な場合、に対する更新呼び出し Salesforce が失敗し、連絡先/リードが更新されませんでした。

XDM フィールドを (API) Salesforce CRM 宛先フィールドに正しくマッピングするには、次の手順に従います。

  1. Adobe Analytics の マッピング ステップ、選択 新しいマッピングを追加​に値を指定しない場合、新しいマッピング行が画面に表示されます。
    「新しいマッピングを追加」の Platform UI のスクリーンショットの例。

  2. Adobe Analytics の ソースフィールドを選択 ウィンドウで、 属性を選択 カテゴリを選択して XDM 属性を選択するか、 ID 名前空間を選択 ID を選択します。

  3. Adobe Analytics の ターゲットフィールドを選択 ウィンドウで、 ID 名前空間を選択 ID を選択するか、 カスタム属性を選択 カテゴリを選択し、属性を選択するか、 属性名 必要に応じてフィールドに入力します。 詳しくは、 Salesforce CRM ドキュメント を参照してください。

    • これらの手順を繰り返して、XDM プロファイルスキーマとの間に次のマッピングを追加します。 (API) Salesforce CRM:

    連絡先の操作

    • を使用して 連絡先 セグメント内で、Salesforce のオブジェクト参照を参照してください。 連絡先 :更新するフィールドのマッピングを定義します。

    • 単語を検索することで、必須フィールドを識別できます 必須:前述のリンクのフィールドの説明で説明されています。

    • 書き出しまたは更新するフィールドに応じて、XDM プロファイルスキーマと (API) Salesforce CRM: |ソースフィールド|ターゲットフィールド| メモ | | — | — | — | |IdentityMap: crmID|Identity: SalesforceId|Mandatory| |xdm: person.name.lastName|Attribute: LastName| Mandatory. 連絡先の姓(最大 80 文字)。 |\

      |xdm: person.name.firstName|Attribute: FirstName| 連絡先の名(40 文字まで)。 | |xdm: personalEmail.address|Attribute: Email| 連絡先の電子メールアドレス。 |

    • これらのマッピングの使用例を次に示します。

      ターゲットマッピングを示した Platform UI のスクリーンショットの例。

    リードの操作

    • を使用して リード セグメント内で、Salesforce のオブジェクト参照を参照してください。 リード :更新するフィールドのマッピングを定義します。

    • 単語を検索することで、必須フィールドを識別できます 必須:前述のリンクのフィールドの説明で説明されています。

    • 書き出しまたは更新するフィールドに応じて、XDM プロファイルスキーマと (API) Salesforce CRM: |ソースフィールド|ターゲットフィールド| メモ | | — | — | — | |IdentityMap: crmID|Identity: SalesforceId|Mandatory| |xdm: person.name.lastName|Attribute: LastName| Mandatory. 80 文字までのリードの姓です。 |\

      |xdm: b2b.companyName|Attribute: Company| Mandatory. リードの会社。 | |xdm: personalEmail.address|Attribute: Email| リードの電子メールアドレス。 |

    • これらのマッピングの使用例を次に示します。

      ターゲットマッピングを示した Platform UI のスクリーンショットの例。

宛先接続のマッピングの指定が完了したら、「 」を選択します。 次へ.

オーディエンスのエクスポートと例のスケジュール設定

実行時に、 オーディエンスの書き出しをスケジュール 手順 Platform からアクティブ化されたオーディエンスを、 Salesforce.

これをおこなうには、各セグメントを選択し、次の場所からカスタムフィールド名を入力します。 Salesforce (内) Salesforce CRM マッピング ID フィールドに入力します。 詳しくは、 内にカスタムフィールドを作成する Salesforce のカスタムフィールドの作成に関するガイダンスとベストプラクティスの節 Salesforce.

例えば、 Salesforce カスタムフィールド: crm_2_segを使用する場合は、この値を Salesforce CRM マッピング ID オーディエンスオーディエンスをExperience Platformからこのカスタムフィールドに入力する場合。

のカスタムフィールドの例 Salesforce は次のように表示されます。
Salesforce カスタムフィールドを示す UI スクリーンショット。

の場所を示す例 Salesforce CRM マッピング ID は次のように表示されます。
スケジュールオーディエンスの書き出しを示した、Platform UI のスクリーンショットの例。

上記の Salesforce フィールド名 で指定された値と完全に一致 Salesforce CRM マッピング ID.

使用例に応じて、アクティブ化されたすべてのオーディエンスを同じにマッピングできます Salesforce カスタムフィールドまたは異なる フィールド名 in Salesforce CRM. 上記の画像に基づく典型的な例は、次のようになります。
| Salesforce CRM セグメント名 | Salesforce フィールド名 | Salesforce CRM マッピング ID | | — | — | — | | crm_1_seg | crm_1_seg | crm_1_seg | | crm_2_seg | crm_2_seg | crm_2_seg |

アクティブ化された Platform セグメントごとに、このセクションを繰り返します。

データの書き出しを検証する

宛先が正しく設定されていることを検証するには、次の手順に従います。

  1. 宛先参照 を選択して、宛先のリストに移動します。
    宛先の参照を示す Platform UI のスクリーンショット。

  2. 宛先を選択し、ステータスが「 有効」であることを確認します。
    宛先のデータフロー実行を示した Platform UI のスクリーンショット。

  3. 次に切り替え: アクティベーションデータ 」タブをクリックし、オーディエンス名を選択します。
    宛先のアクティベーションデータを示した Platform UI のスクリーンショットの例。

  4. オーディエンスの概要を監視し、プロファイルの数がセグメント内で作成された数に対応していることを確認します。
    セグメントを示す Platform UI のスクリーンショットの例。

  5. 最後に、Salesforce Web サイトにログインし、オーディエンスからのプロファイルが追加または更新されたかどうかを検証します。

    連絡先の操作

    • 次を選択した場合、 連絡先 Platform セグメント内で、 Apps > Contacts ページに貼り付けます。

      Salesforce CRM のスクリーンショットに、セグメントのプロファイルを含む連絡先ページが表示されました。

    • を選択します。 連絡先 フィールドが更新されたかどうかを確認します。 各オーディエンスのステータスは、 Salesforce CRM は、 マッピング ID 期間中に指定された値 オーディエンススケジュール.

      連絡先の詳細ページが表示された Salesforce CRM スクリーンショットと、オーディエンスのステータスが更新されました。

    リードの操作

    • 次を選択した場合、 リード を Platform セグメント内でクリックし、 Apps > Leads ページに貼り付けます。

      セグメントのプロファイルを含むリードページを示す Salesforce CRM のスクリーンショット。

    • を選択します。 リード フィールドが更新されたかどうかを確認します。 各オーディエンスのステータスは、 Salesforce CRM は、 マッピング ID 期間中に指定された値 オーディエンススケジュール.

      Salesforce CRM のスクリーンショットに、リード詳細ページとオーディエンスのステータスが表示されました。

データの使用とガバナンス

Adobe Experience Platform のすべての宛先は、データを処理する際のデータ使用ポリシーに準拠しています。Adobe Experience Platform がどのようにデータガバナンスを実施するかについて詳しくは、データガバナンスの概要を参照してください。

エラーとトラブルシューティング

イベントを宛先にプッシュする際に不明なエラーが発生しました

  • データフローの実行をチェックする際に、次のエラーメッセージが表示される場合があります。 Unknown errors encountered while pushing events to the destination. Please contact the administrator and try again.
    エラーを示す Platform UI のスクリーンショット。

  • セグメントをアクティブ化すると、次のエラーメッセージが表示される場合があります。 The client's IP address is unauthorized for this account. Allowlist the client's IP address...

その他のリソース

以下に示すその他の役に立つ情報 Salesforce 開発者ポータル は以下です。

このページ