(ベータ版)データランディングゾーンの宛先

重要
  • この宛先は現在ベータ版で、一部のお客様のみご利用いただけます。Data Landing Zone 接続へのアクセスをリクエストするには、アドビ担当者に連絡し、Organization ID を提供します。
  • このドキュメントページでは、 Data Landing Zone 宛先. また、 Data Landing Zone ソース ソースカタログ内。 詳しくは、 Data Landing Zone ソース ドキュメント。

概要

Data Landing Zone は Adobe Experience Platform によってプロビジョニングされた Azure Blob ストレージインターフェイスです。安全なクラウドベースのファイルストレージ機能にアクセスして、ファイルを Platform から書き出すことができます。サンドボックスごとに 1 つの Data Landing Zone コンテナに対するアクセス権があります。すべてのコンテナの合計データ量は、Platform 製品およびサービスライセンスで提供される合計データ量に制限されます。Platform とそのアプリケーションサービスのすべての顧客(Customer Journey Analytics、Journey Orchestration、Intelligent Services、および Real-Time Customer Data Platform)は、サンドボックスごとに 1 つの Data Landing Zone のコンテナを使用してプロビジョニングされます。Azure Storage Explorer またはコマンドラインインターフェイスを通じて、コンテナに対してファイルの読み取りと書き込みを行うことができます。

Data Landing Zone は SAS ベースの認証をサポートし、そのデータは保存時および転送中は標準 Azure Blob ストレージセキュリティメカニズムで保護されます。SAS ベースの認証を使用すると、パブリックインターネット接続を介して Data Landing Zone コンテナに安全にアクセスできます。ユーザーが Data Landing Zone コンテナにアクセスする場合、ネットワークの変更は必要ありません。つまり、ネットワークに対して許可リストの設定や地域間設定は必要ありません。

Platform では、Data Landing Zone コンテナへアップロードされるすべてのファイルで厳密に 7 日間の有効期間(TTL)が適用されます。すべてのファイルは 7 日後に削除されます。

書き出しのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目 タイプ メモ
書き出しタイプ プロファイルベース 宛先のアクティベーションワークフローのプロファイル属性の選択画面で選択したように、該当するスキーマフィールド(例:PPID)と共に、セグメントのすべてのメンバーを書き出しています。
書き出し頻度 バッチ バッチ宛先では、ファイルが 3 時間、6 時間、8 時間、12 時間、24 時間の単位でダウンストリームプラットフォームに書き出されます。 詳しくは、バッチ(ファイルベース)宛先を参照してください。

前提条件

を使用する前に満たす必要がある前提条件は、次のとおりです。 Data Landing Zone 宛先。

接続 Data Landing Zone コンテナ Azure Storage Explorer

Azure Storage Explorer を使用して Data Landing Zone コンテナのコンテンツを管理することができます。を使用し始めるには Data Landing Zoneの場合、最初に資格情報を取得し、に入力する必要があります Azure Storage Explorerをクリックし、 Data Landing Zone コンテナ Azure Storage Explorer.

Azure Storage Explorer UI 内で、左側のナビゲーションバーの「接続」アイコンを選択します。リソースを選択​ウィンドウが開き、接続するオプションが表示されます。Blob container を選択し、Data Landing Zone ストレージに接続します。

select-resource

次に、接続方法として「共有アクセス署名 URL (SAS)」を選択し、「次へ」をクリックします。

select-connection-method

接続方法を選択した後、表示名​およびお使いの Data Landing Zone コンテナに対応する​Blobコンテナ SAS URL を入力します。

の資格情報を取得します。 Data Landing Zone

Platform API を使用して、 Data Landing Zone 資格情報。 資格情報を取得する API 呼び出しについては、以下で説明します。 ヘッダーに必要な値の取得について詳しくは、 Adobe Experience Platform API の概要 ガイド。

API 形式

GET /data/foundation/connectors/landingzone/credentials?type=dlz_destination

リクエスト

次のリクエストの例では、既存のランディングゾーンの資格情報を取得します。

curl -X GET \
  'https://platform.adobe.io/data/foundation/connectors/landingzone/credentials?type=dlz_destination' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {ORG_ID}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -H 'Content-Type: application/json' \

応答

次の応答は、現在の SASToken および SASUri、および storageAccountName ランディングゾーンコンテナに対応する

{
    "containerName": "dlz-user-container",
    "SASToken": "sv=2022-09-11&si=dlz-ed86a61d-201f-4b50-b10f-a1bf173066fd&sr=c&sp=racwdlm&sig=4yTba8voU3L0wlcLAv9mZLdZ7NlMahbfYYPTMkQ6ZGU%3D",
    "storageAccountName": "dlblobstore99hh25i3df123",
    "SASUri": "https://dlblobstore99hh25i3dflek.blob.core.windows.net/dlz-user-container?sv=2022-09-11&si=dlz-ed86a61d-201f-4b50-b10f-a1bf173066fd&sr=c&sp=racwdlm&sig=4yTba8voU3L0wlcLAv9mZLdZ7NlMahbfYYPTMkQ6ZGU%3D"
}
プロパティ 説明
containerName ランディングゾーンの名前。
SASToken ランディングゾーンの共有アクセス署名トークン。 この文字列には、リクエストの承認に必要な情報がすべて含まれています。
SASUri ランディングゾーンの共有アクセス署名 URI です。 この文字列は、認証先のランディングゾーンへの URI と、対応する SAS トークンの組み合わせです。

表示名 (containerName) および Data Landing Zone 上記の API 呼び出しで返される SAS URL で、を選択します。 次へ.

enter-connection-info

概要​ウィンドウが開き、Blob エンドポイントと権限を含む設定の概要が表示されます。準備ができたら、「接続」を選択します。

概要

接続が成功すると、Azure Storage Explorer UI と Data Landing Zone コンテナが更新されます。

dlz-user-container

Data Landing Zone コンテナが Azure Storage Explorer に接続され、Experience Platform から Data Landing Zone コンテナへのファイルの書き出しを開始できるようになりました。ファイルを書き出すには、以下の節で説明されているように、Experience Platform UI で Data Landing Zone の宛先への接続を確立する必要があります。

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、宛先の管理 アクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先の設定ワークフローで、以下の 2 つの節でリストされているフィールドに入力します。

宛先に対する認証

次のページとの間に Data Landing Zone コンテナ Azure Storage Explorer 例えば、 前提条件 」セクションに入力します。 理由: Data Landing Zone は、Adobeがプロビジョニングしたストレージです。Experience PlatformUI で追加の手順を実行して、宛先への認証をおこなう必要はありません。

宛先の詳細を入力

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横のアスタリスクは、そのフィールドが必須であることを示します。

  • 名前:この宛先に希望する名前を入力します。
  • 説明:オプション。例えば、この宛先を使用しているキャンペーンを指定できます。
  • フォルダーパス:書き出したファイルをホストする宛先フォルダーへのパス。
  • ファイルタイプ:書き出すファイルに使用する形式Experience Platformを選択します。 選択時に、 CSV オプションを選択する場合は、 ファイル形式設定オプションの設定.
  • 圧縮形式:書き出したファイルにExperience Platformが使用する圧縮タイプを選択します。

アラートの有効化

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してセグメントをアクティブ化

重要

データをアクティブ化するには、宛先の管理宛先のアクティブ化プロファイルの表示​および​セグメントの表示に対するアクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先にオーディエンスセグメントを有効化する手順については、プロファイル書き出しのバッチ宛先に対するオーディエンスデータの有効化を参照してください。

スケジュール設定

スケジュール設定​手順では、Data Landing Zone 宛先の書き出しスケジュールを設定し、書き出したファイルの名前を設定することもできます。

属性と ID のマッピング

マッピング​手順では、プロファイルに書き出す属性および ID フィールドを選択できます。 また、書き出したファイル内のヘッダーを選択して、任意のわかりやすい名前に変更することもできます。詳しくは、「バッチの宛先をアクティベート」UI チュートリアルのマッピング手順を参照してください。

(ベータ版)データセットの書き出し

この宛先では、データセットの書き出しをサポートしています。 データセットの書き出し設定方法について詳しくは、データセットの書き出しチュートリアルを参照してください。

データの正常な書き出しの検証

データが正常に書き出されたかどうかを確認するには、Data Landing Zone ストレージを確認し、書き出されたファイルに想定されるプロファイル母集団が含まれていることを確認してください。

このページ