Azure Blob connection

概要

Azure Blob (以下「Blob」と呼ばれる)は、Microsoftが提供するクラウド向けのオブジェクトストレージソリューションです。このチュートリアルでは、Platformユーザーインターフェイスを使用してBlob宛先を作成する手順を説明します。

はじめに

このチュートリアルは、Adobe Experience Platform の次のコンポーネントを実際に利用および理解しているユーザーを対象としています。

既に有効なBlobの宛先がある場合は、このドキュメントの残りの部分をスキップして、宛先へのセグメントのアクティブ化に関するチュートリアルに進むことができます。

サポートされているファイル形式

Experience Platform は、次の書き出し先のファイル形式をサポートしてい Blobます。

  • 区切り文字区切り値(DSV):DSV形式のデータ・ファイルのサポートは、現在、コンマ区切り値に制限されています。 一般的なDSVファイルは、今後サポートされる予定です。 サポートされるファイルの詳細については、アクティベート先のチュートリアルのクラウドストレージの節を参照してください。

BLOBアカウントに接続

Adobe Experience Platformにログインし、左のナビゲーションバーで「宛先」を選択して、宛先​ワークスペースにアクセスします。 カタログ​画面には、アカウントを作成するための様々なリンク先が表示されます。

画面の左側にあるカタログから適切なカテゴリを選択できます。 または、検索オプションを使用して、操作対象の特定の宛先を見つけることもできます。

クラウドストレージ​カテゴリの下で、Azure Blobストレージ​を選択し、構成​を選択します。

カタログ

メモ

この宛先との接続が既に存在する場合は、宛先カードに「Activate」ボタンが表示されます。 「アクティブ化」と「設定」の違いについて詳しくは、保存先のワークスペースドキュメントの「カタログ」の節を参照してください。

Azure Blobストレージ​に接続ページが表示されます。 このページでは、新しい秘密鍵証明書または既存の秘密鍵証明書を使用できます。

新しいアカウント

新しい資格情報を使用する場合は、「新しいアカウント」を選択します。 表示される入力フォームで、接続文字列を指定します。 接続文字列は、Blobストレージのデータにアクセスするために必要です。 Blob接続文字列のパターン開始:DefaultEndpointsProtocol=https;AccountName={ACCOUNT_NAME};AccountKey={ACCOUNT_KEY}.

Blob接続文字列の構成の詳細については、MicrosoftのドキュメントのAzureストレージアカウントの接続文字列を構成するを参照してください。

必要に応じて、RSA形式の公開鍵を添付して、書き出したファイルに暗号化を追加できます。 公開鍵は、Base64エンコードされた文字列として書き込む必要があります。

新しいアカウント

既存のアカウント

既存のアカウントに接続するには、接続するBlobアカウントを選択し、次へ​を選択して次に進みます。

既存のアカウント

認証

認証​ページが表示されます。 表示される入力フォームで、ファイルの名前、オプションの説明、フォルダーパス、コンテナーを入力します。

この手順では、この宛先に適用する​マーケティングアクション​を選択することもできます。 マーケティングアクションは、データをエクスポート先にエクスポートする意図を示します。 Adobe定義のマーケティングアクションから選択するか、独自のマーケティングアクションを作成することができます。 マーケティングアクションについて詳しくは、データ使用ポリシーの概要を参照してください。

終了したら、「宛先を作成」を選択します。

認証

次の手順

このチュートリアルに従うと、Blobアカウントへの接続が確立されます。 次のチュートリアルに進み、目的のにセグメントをアクティブにすることができます。

このページ