(ベータ版) Amazon Kinesis接続

概要

重要

プラットフォームのAmazon Kinesis宛先は現在ベータ版です。 ドキュメントと機能は変更される場合があります。

Amazon Web ServicesのKinesis Data Streamsサービスを使用すると、大量のデータレコードをリアルタイムで収集して処理できます。

Amazon Kinesisストレージへのリアルタイムの送信接続を作成して、Adobe Experience Platformからデータをストリーミングできます。

AmazonKinesisUI

使用例

Amazon Kinesisなどのストリーミング送信先を使用すると、高価値のセグメントイベントや関連するプロファイル属性を、簡単に任意のシステムにフィードできます。

例えば、見込み客が、「コンバージョンする傾向が高い」セグメントに該当するホワイトペーパーをダウンロードしたとします。 見込み客が属するセグメントをAmazon Kinesis宛先にマッピングすると、Amazon Kinesisにこのイベントが表示されます。 企業のITシステムで最も効果的に機能すると考えられるように、Do-It-Yoursenアプローチを採用し、イベントの上にビジネスロジックを記述することができます。

エクスポートの種類

プロファイルベース — セグメントのすべてのメンバーを、必要なスキーマフィールド(例:電子メールアドレス、電話番号、姓)。 宛先アクティベーションワークフローの属性を選択画面で選択

宛先の接続

Amazonでサポートされるものも含め、クラウドストレージへの接続方法については、クラウドストレージの接続先ワークフローを参照してください。

Amazon Kinesis宛先に対して、宛先を作成ワークフローで次の情報を入力します。

認証手順

  • Amazon Web Servicesアクセスキーと秘密鍵:で、 Amazon Web Servicesペアを生成して、プラットフォームに access key - secret access key Amazon Kinesis アカウントへのアクセスを許可します。詳しくは、AmazonWebサービスドキュメントを参照してください。
  • region:データをストリーミングする Amazon Web Services 領域を指定します。

アカウント手順の入力フィールド

設定手順

  • 名前:接続先の名前を指定 Amazon Kinesis
  • 説明:への接続の説明を入力し Amazon Kinesisます。
  • stream:ア Amazon Kinesis カウント内の既存のデータストリームの名前を指定します。プラットフォームは、このストリームにデータをエクスポートします。
  • マーケティングアクション:マーケティングアクションは、データをエクスポート先にエクスポートする意図を示します。Adobe定義のマーケティングアクションから選択するか、独自のマーケティングアクションを作成することができます。 マーケティング活動の詳細については、「Adobe Experience Platformのデータガバナンス」ページを参照してください。 Adobe定義の個々のマーケティングアクションについて詳しくは、データ使用ポリシーの概要を参照してください。

認証手順の入力フィールド

セグメントのアクティブ化

セグメントのアクティベーションワークフローについて詳しくは、「宛先へのプロファイルとセグメントのアクティブ化」を参照してください。

エクスポートされたデータ

書き出したExperience Platformデータは、JSON形式でAmazon Kinesisに格納されます。 例えば、次のイベントには、特定のセグメントに該当し、別のセグメントから離脱したオーディエンスの電子メールアドレスプロファイル属性が含まれています。 この見込み客のIDは、ECIDと電子メールです。

{
  "person": {
    "email": "yourstruly@adobe.con"
  },
  "segmentMembership": {
    "ups": {
      "7841ba61-23c1-4bb3-a495-00d3g5fe1e93": {
        "lastQualificationTime": "2020-05-25T21:24:39Z",
        "status": "exited"
      },
      "59bd2fkd-3c48-4b18-bf56-4f5c5e6967ae": {
        "lastQualificationTime": "2020-05-25T23:37:33Z",
        "status": "existing"
      }
    }
  },
  "identityMap": {
    "ecid": [
      {
        "id": "14575006536349286404619648085736425115"
      },
      {
        "id": "66478888669296734530114754794777368480"
      }
    ],
    "email_lc_sha256": [
      {
        "id": "655332b5fa2aea4498bf7a290cff017cb4"
      },
      {
        "id": "66baf76ef9de8b42df8903f00e0e3dc0b7"
      }
    ]
  }
}

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now