Ultimate

Amazon Kinesis 接続

最終更新日: 2024-01-22
  • トピック:
  • Destinations
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
    User
    Admin
    Leader

概要

重要

この宛先を使用できるのは Adobe Real-time Customer Data Platform Ultimate の顧客のみです。

The Kinesis Data Streams サービス提供者 Amazon Web Services を使用すると、大量のデータレコードをリアルタイムで収集して処理できます。

へのリアルタイムアウトバウンド接続を作成できます Amazon Kinesis Adobe Experience Platformからデータをストリーミングするためのストレージ。

UI でのAmazon Kinesis

ユースケース

次のようなストリーミング宛先を使用する Amazon Kinesisを使用すると、高価値のセグメントイベントや関連するプロファイル属性を、選択したシステムに簡単にフィードできます。

例えば、見込み客がホワイトペーパーをダウンロードし、それを「コンバージョン傾向が高い」セグメントに認定したとします。 見込み客が属するオーディエンスをマッピングする Amazon Kinesis の宛先に指定した場合、このイベントは Amazon Kinesis. 企業の IT システムに最適に対応できると思われるように、このイベントの上に、自らのアプローチを使用し、ビジネスロジックを説明することができます。

サポートされるオーディエンス

この節では、この宛先に書き出すことができるオーディエンスのタイプについて説明します。

オーディエンスの起源 サポートあり 説明
Segmentation Service Experience Platform セグメント化サービス.
カスタムアップロード CSV ファイルから Experience Platform に読み込まれたオーディエンス。

書き出しのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目 タイプ メモ
書き出しタイプ プロファイルベース 宛先のアクティベーションワークフローのプロファイル属性選択画面で選択した目的のスキーマフィールド(例:メールアドレス、電話番号、姓)と共に、セグメントのすべてのメンバーを書き出します。
書き出し頻度 ストリーミング ストリーミングの宛先は常に、API ベースの接続です。オーディエンス評価に基づいて Experience Platform 内でプロファイルが更新されるとすぐに、コネクタは更新を宛先プラットフォームに送信します。ストリーミングの宛先の詳細についてはこちらを参照してください。

IP アドレスの許可リスト

お客様のセキュリティおよびコンプライアンス要件を満たすために、Experience Platformは、 Amazon Kinesis 宛先。 許可リストに使用できる IP のリストについて詳しくは、ストリーミング宛先用 IP アドレスの許可リストを参照してください。

必要な Amazon Kinesis 権限

データを正常に接続してに書き出すには、以下を実行します。 Amazon Kinesis ストリーム、Experience Platformには次のアクションに対する権限が必要です:

  • kinesis:ListStreams
  • kinesis:PutRecord
  • kinesis:PutRecords

これらの権限は、 Kinesis コンソールとは、Platform ユーザーインターフェイスでKinesisの宛先を設定すると、Platform によって確認されます。

次の例は、データをに正常に書き出すために必要な最小限のアクセス権を示しています。 Kinesis 宛先。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "kinesis:ListStreams",
                "kinesis:PutRecord",
                "kinesis:PutRecords"
            ],
            "Resource": [
                "arn:aws:kinesis:us-east-2:901341027596:stream/*"
            ]
        }
    ]
}
プロパティ 説明
kinesis:ListStreams Amazon Kinesisのデータストリームをリストするアクション。
kinesis:PutRecord 単一のデータレコードをKinesisデータストリームに書き込むアクション。
kinesis:PutRecords 1 回の呼び出しで複数のデータレコードをKinesisデータストリームに書き込むアクション。

のアクセス制御の詳細 Kinesis データ・ストリーム、次を読む Kinesis 文書.

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、 宛先の表示 および 宛先の管理 アクセス制御権限. 詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。この宛先に接続する際は、次の情報を指定する必要があります。

認証情報

以下のフィールドを入力し、「 」を選択します。 宛先に接続:

Amazon Kinesis認証の詳細に関する入力済みフィールドを示す UI 画面の画像

  • Amazon Web Servicesアクセスキーと秘密鍵:内 Amazon Web Services、 access key - secret access key ペアを使用して、 Amazon Kinesis アカウント。 詳しくは、Amazon Web Services に関するドキュメントを参照してください。
  • 地域:どれを指定するかを指定します。 Amazon Web Services データのストリーミング先の地域。

宛先の詳細の入力

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横のアスタリスクは、そのフィールドが必須であることを示します。

Amazon Kinesisの宛先の詳細に関する入力済みフィールドを示す UI 画面の画像

  • 名前:への接続の名前を指定します。 Amazon Kinesis
  • 説明:への接続の説明を入力します。 Amazon Kinesis.
  • ストリーム:の既存のデータストリームの名前を指定します Amazon Kinesis アカウント。 Platform は、このストリームにデータを書き出します。
  • セグメント名を含める:データの書き出しで、書き出すオーディエンスの名前を含めるかどうかを切り替えます。 このオプションを選択したデータの書き出しの例については、書き出されたデータの節を参照してください。
  • セグメントのタイムスタンプを含める:オーディエンスが作成および更新された際の UNIX タイムスタンプと、オーディエンスがアクティベーション用に宛先にマッピングされた際の UNIX タイムスタンプをデータ書き出しに含める場合は切り替えます。 このオプションを選択したデータの書き出しの例については、書き出されたデータの節を参照してください。

アラートの有効化

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してオーディエンスをアクティブ化

重要
  • データをアクティブ化するには、 宛先の表示, 宛先のアクティブ化, プロファイルの表示、および セグメントを表示 アクセス制御権限. アクセス制御の概要を参照するか、製品管理者に問い合わせて必要な権限を取得してください。
  • 同意ポリシーの評価 は、現在、Amazon Kinesisの宛先への書き出しではサポートされていません。 詳細情報

詳しくは、 ストリーミングプロファイルの書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

プロファイルの書き出し動作

Experience Platformにより、プロファイルの書き出し動作を Amazon Kinesis 宛先:オーディエンスの選定やその他の重要なイベントに続いてプロファイルに関連する更新が発生した場合にのみ、宛先にデータを書き出します。 プロファイルは、以下の状況で宛先に書き出されます。

  • プロファイルの更新は、宛先にマッピングされた少なくとも 1 つのオーディエンスのオーディエンスメンバーシップの変更によって決定されました。 例えば、プロファイルは、宛先にマッピングされたいずれかのオーディエンスに適合しているか、宛先にマッピングされたいずれかのオーディエンスから退出しています。
  • プロファイルの更新が、ID マップの変更によって決定する場合。例えば、宛先にマッピングされたオーディエンスの 1 つに対して既に適合しているプロファイルの ID マップ属性に新しい ID が追加されたとします。
  • プロファイルの更新は、宛先にマッピングされた属性のうち、少なくとも 1 つの属性が変更されたことで判断されました。例えば、マッピング手順で宛先にマッピングされた属性の 1 つがプロファイルに追加されます。

上記のすべての場合で、適切な更新が行われたプロファイルのみが宛先に書き出されます。例えば、宛先フローにマッピングされたオーディエンスに 100 人のメンバーがいて、5 つの新しいプロファイルがセグメントに適合している場合、宛先への書き出しは増分で行われ、5 つの新しいプロファイルのみが含まれます。

変更箇所に関わらず、マッピングされたすべての属性がプロファイルに対して書き出されることに注意してください。 したがって、上の例では、属性自体が変更されていない場合でも、これら 5 つの新しいプロファイルに対してマッピングされた属性がすべて書き出されます。

データの書き出しを決定する要素と、書き出しに含まれる内容

特定のプロファイルに対して書き出されるデータに関しては、 が、 Amazon Kinesis 宛先 および 書き出しに含まれるデータ.

宛先の書き出しを決定する要素 宛先の書き出しに含まれる内容
  • マッピングされた属性とオーディエンスは、宛先の書き出しのキューとして機能します。つまり、マッピングされたオーディエンスのステータスが(null から realized に、または realized から exiting に)変更されたり、マッピングされた属性が更新されたりすると、宛先の書き出しが開始されます。
  • ID は現在にマッピングできないので Amazon Kinesis 宛先、特定のプロファイル上の ID の変更によって、宛先の書き出しも決まります。
  • 属性の変更は、同じ値であるかどうかに関わらず、属性に対する更新として定義されます。つまり、値自体が変更されていない場合でも、属性の上書きは変更と見なされます。
  • segmentMembership オブジェクトには、アクティブ化データフローでマッピングされたオーディエンスが含まれます。このオーディエンスについて、プロファイルのステータスが選定またはオーディエンス離脱イベントの後に変更されました。なお、これらのオーディエンスが、アクティブ化データフローでマッピングされたオーディエンスと同じ結合ポリシーに属する場合、プロファイルが対象となっていた、他のマッピングされていないオーディエンスを宛先の書き出しに含めることができます。
  • 内のすべての ID identityMap オブジェクトも含まれます (Experience Platformは、現在、 Amazon Kinesis 宛先 )。
  • マッピングされた属性のみが宛先の書き出しに含まれます。

例えば、このデータフローを Amazon Kinesis 宛先。3 つのオーディエンスがデータフローで選択され、4 つの属性が宛先にマッピングされます。

Amazon Kinesis宛先のデータフロー

宛先へのプロファイルの書き出しは、3 つのマッピングされたセグメント​のいずれかに適合またはいずれかを離脱するプロファイルによって決定されます。ただし、データエクスポートでは、 segmentMembership オブジェクト ( 書き出されたデータ 以下の節を参照 )、その特定のプロファイルがメンバーであり、書き出しをトリガーしたオーディエンスと同じ結合ポリシーを共有している場合は、他のマッピングされていないオーディエンスが表示されることがあります。 プロファイルが DeLorean Cars を使用するお客様 オーディエンスに加えて、 「未来に戻る」を視聴 映画と SF ファン オーディエンスの場合、他の 2 つのオーディエンスも segmentMembership データエクスポートのオブジェクト(これらがデータフローで同じ結合ポリシーを共有している場合) DeLorean Cars を使用するお客様 セグメント。

プロファイル属性の観点から、上記でマッピングした 4 つの属性に対する変更によって、書き出しの宛先が決定し、プロファイルに存在する 4 つのマッピング済み属性のいずれかがデータ書き出しに表示されます。

履歴データのバックフィル

既存の宛先に新しいオーディエンスを追加する場合、または新しい宛先を作成してオーディエンスをマッピングする場合、Experience Platformは宛先にオーディエンスの資格履歴データをエクスポートします。 オーディエンスに適合するプロファイル オーディエンスが宛先に追加され、約 1 時間以内に宛先に書き出されます。

書き出したデータ

書き出された Experience Platform データは、JSON 形式で Amazon Kinesis の宛先に格納されます。例えば、以下の書き出しには、特定のセグメントに適合し、別の 2 つのセグメントのメンバーであり、別のセグメントから離脱したプロファイルが含まれています。 書き出しには、プロファイル属性の名、姓、生年月日、個人メールアドレスも含まれます。 このプロファイルの ID は、ECID とメールです。

{
  "person": {
    "birthDate": "YYYY-MM-DD",
    "name": {
      "firstName": "John",
      "lastName": "Doe"
    }
  },
  "personalEmail": {
    "address": "john.doe@acme.com"
  },
  "segmentMembership": {
   "ups":{
      "7841ba61-23c1-4bb3-a495-00d3g5fe1e93":{
         "lastQualificationTime":"2022-01-11T21:24:39Z",
         "status":"exited"
      },
      "59bd2fkd-3c48-4b18-bf56-4f5c5e6967ae":{
         "lastQualificationTime":"2022-01-02T23:37:33Z",
         "status":"realized"
      },
      "947c1c46-008d-40b0-92ec-3af86eaf41c1":{
         "lastQualificationTime":"2021-08-25T23:37:33Z",
         "status":"realized"
      },
      "5114d758-ce71-43ba-b53e-e2a91d67b67f":{
         "lastQualificationTime":"2022-01-11T23:37:33Z",
         "status":"realized"
      }
   }
},
  "identityMap": {
    "ecid": [
      {
        "id": "14575006536349286404619648085736425115"
      },
      {
        "id": "66478888669296734530114754794777368480"
      }
    ],
    "email_lc_sha256": [
      {
        "id": "655332b5fa2aea4498bf7a290cff017cb4"
      },
      {
        "id": "66baf76ef9de8b42df8903f00e0e3dc0b7"
      }
    ]
  }
}

書き出されたデータのその他の例を以下に示します。これらは「セグメント名を含める」および「セグメントのタイムスタンプを含める」オプションに対して接続データフローで選択した UI 設定によって異なります。

 以下のデータエクスポートのサンプルでは、 segmentMembership セクション
"segmentMembership": {
        "ups": {
          "5b998cb9-9488-4ec3-8d95-fa8338ced490": {
            "lastQualificationTime": "2019-04-15T02:41:50+0000",
            "status": "realized",
            "createdAt": 1648553325000,
            "updatedAt": 1648553330000,
            "mappingCreatedAt": 1649856570000,
            "mappingUpdatedAt": 1649856570000,
            "name": "First name equals John"
          }
        }
      }
 以下のデータエクスポートの例では、オーディエンスのタイムスタンプが segmentMembership セクション
"segmentMembership": {
        "ups": {
          "5b998cb9-9488-4ec3-8d95-fa8338ced490": {
            "lastQualificationTime": "2019-04-15T02:41:50+0000",
            "status": "realized",
            "createdAt": 1648553325000,
            "updatedAt": 1648553330000,
            "mappingCreatedAt": 1649856570000,
            "mappingUpdatedAt": 1649856570000,
          }
        }
      }

制限と再試行ポリシー

Experience Platform は 95% の確率で、HTTP 宛先の各データフローにおいて、送信に成功したメッセージのスループット待ち時間を 10 分未満、リクエスト数を 1 秒あたり 10,000 件未満で提供しようと試みます。

HTTP API 宛先へのリクエストが失敗した場合、Experience Platform は失敗したリクエストを保存し、リクエストをエンドポイントに送信するために 2 回再試行します。

このページ