The Trade Desk 接続

概要

The Trade Desk の宛先は、次にプロファイルデータを送信する際に役立ちます: The Trade Desk.

The Trade Desk は、広告購入者がディスプレイ、ビデオ、モバイルの在庫ソースをまたいで、リターゲティングとオーディエンスをターゲットにしたデジタルキャンペーンを実行するためのセルフサービスプラットフォームです。

プロファイルデータをに送信するには Trade Deskの場合、最初に宛先に接続する必要があります。

ユースケース

マーケターは、 Trade Desk IDs またはデバイス ID を使用して、リターゲティングやオーディエンスターゲットのデジタルキャンペーンを作成します。

サポートされる ID

The Trade Desk では、以下の表で説明する id のアクティブ化をサポートしています。 詳細情報: id.

ターゲット ID 説明
GAID Google Advertising ID
IDFA Apple ID for Advertisers
トレードデスク ID トレードデスクプラットフォームの広告主 ID

書き出しタイプ

Segment export :セグメント(オーディエンス)のすべてのメンバーを宛先に書き出します。

前提条件

重要

を使用して最初の宛先を作成する場合は、 The Trade Desk 有効にしていない ID 同期機能 以前のExperience CloudID サービス (Adobe Audience Managerや他のアプリケーションを使用 ) では、Adobeコンサルティングまたはカスタマーケアに問い合わせて、ID 同期を有効にしてください。 以前に The Trade Desk Audience Manager内の統合、設定した ID 同期は Platform に引き継がれます。

宛先に接続

この宛先に接続するには、 宛先設定のチュートリアル.

接続パラメーター

While 設定 この宛先には、次の情報を指定する必要があります。

  • 名前:将来この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
  • アカウント ID:お使いの Trade Desk アカウント ID.
  • サーバーの場所:質問する Trade Desk 使用する必要のある地域サーバーを表す担当者。 次の中から選択できる地域サーバーを選択します。
    • ヨーロッパ
    • シンガポール
    • 東京
    • 北米東部
    • 北米西部
    • ラテンアメリカ

この宛先へのセグメントのアクティブ化

詳しくは、 ストリーミングセグメントの書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

セグメントスケジュール 手順に従って、セグメントを、宛先プラットフォームの対応する ID またはわかりやすい名前に手動でマッピングする必要があります。

セグメントをマッピングする場合は、使いやすくするために、Platform セグメント名または短い形式を使用することをお勧めします。 ただし、宛先のセグメント ID または名前が Platform アカウントのセグメント ID と一致している必要はありません。 マッピングフィールドに挿入した値は、宛先によって反映されます。

複数のデバイスマッピング (Cookie ID、 IDFA, GAID) の場合は、必ず 3 つのマッピングすべてに同じマッピング値を使用します。 The Trade Desk は、すべてを 1 つのセグメントに集計し、デバイスレベルの分類を使用します。

Segment Mapping ID

書き出されたデータ

データがに正常に書き出されたかどうかを確認するには、以下を実行します。 The Trade Desk 宛先、 Trade Desk アカウント アクティブ化に成功した場合、オーディエンスがアカウントに入力されます。

このページ