(ベータ版) Google Ad Manager 360 接続

概要

この Google Ad Manager 360 接続では、バッチアップロードが有効になります publisher provided identifiers (PPID) を次に移動: Google Ad Manager 360,経由 Google Cloud Storage.

パブリッシャーが提供した ID がGoogle Ad Manager 360 でどのように機能するかについて詳しくは、 公式Googleドキュメント.

重要

この宛先は現在ベータ版で、限られた数のお客様のみが利用できます。 Google Ad Manager 360 接続へのアクセスをリクエストするには、アドビ担当者に連絡し、IMS Organization ID を提供します。

この Google Ad Manager 360 宛先の書き出し CSV の Google Cloud Storage バケット。 を書き出したら、 CSV ファイルを Google Ad Manager 360 アカウント

宛先の詳細

次に示す詳細は、 Google Ad Manager 360 宛先。

  • アクティブ化されたオーディエンスは、Googleプラットフォームでプログラムを使用して作成され、CSV ファイルに入力されます。

サポートされる ID

This integration では、以下の表で説明する id のアクティブ化をサポートしています。

ターゲット ID 説明 注意点
PPID Publisher provided ID オーディエンスを送信する先のこのターゲット ID を選択します Google Ad Manager 360

書き出しのタイプと頻度

宛先の書き出しのタイプと頻度について詳しくは、以下の表を参照してください。

項目 タイプ メモ
書き出しタイプ プロファイルベース セグメントのすべてのメンバーを、該当するスキーマフィールド(PPID など)と共に、 宛先のアクティベーションワークフロー.
書き出し頻度 バッチ バッチ宛先では、ファイルが 3 時間、6 時間、8 時間、12 時間、24 時間の単位でダウンストリームプラットフォームに書き出されます。 詳細を表示 バッチファイルベースの宛先.

前提条件

許可リストへの登録

メモ

許可リストは、最初の Google Ad Manager の宛先を設定します。 以下に説明する許可リストプロセスが次の方法で完了していることを確認してください: Google 宛先を作成する前に、をクリックします。

重要

Googleは、外部の Audience Management プラットフォームをGoogle Ad Manager 360 に接続するプロセスを簡略化しました。 これで、セルフサービス方式でGoogle Ad Manager 360 にリンクするプロセスを完了できます。 読み取り データ管理プラットフォームからのセグメント (Googleドキュメント ) を参照してください。 以下に示す ID を手元に用意してください。

  • アカウント ID:AdobeのGoogleアカウント ID。 アカウント ID :87933855.
  • 顧客 ID:Adobeの顧客アカウント ID とGoogle。 顧客 ID :89690775.
  • ネットワークコード:これがあなたの Google Ad Manager ネットワーク識別子(の下) 管理者/グローバル設定 (Googleインターフェイスの ) または(URL の)を参照してください。
  • オーディエンスリンク ID:これは、 Google Ad Manager ネットワーク ( Network code) は、の下にもあります。 管理者/グローバル設定 Googleインターフェイスの
  • アカウントの種類。Google DFP または AdX 購入者。

宛先への接続

重要

宛先に接続するには、宛先の管理アクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

この宛先に接続するには、宛先設定のチュートリアルの手順に従ってください。宛先設定ワークフローで、以下の 2 つのセクションにリストするフィールドに入力します。

宛先に対する認証

宛先を認証するには、必須フィールドに入力し、「 」を選択します。 宛先に接続.

  • アクセスキー ID:61 文字の英数字から成る文字列で、 Google Cloud Storage アカウントを Platform に送信します。
  • 秘密アクセスキー:ユーザーの認証に使用される 40 文字の base64 エンコードされた文字列 Google Cloud Storage アカウントを Platform に送信します。

これらの値について詳しくは、 Google Cloud Storage の HMAC キー ガイド。 独自のアクセスキー ID と秘密アクセスキーを生成する手順については、 Google Cloud Storage ソースの概要.

宛先の詳細を入力

宛先の詳細を設定するには、以下の必須フィールドとオプションフィールドに入力します。UI のフィールドの横にアスタリスクが表示される場合は、そのフィールドが必須であることを示します。

  • 名前:この宛先の名前を入力します。
  • 説明:オプション。例えば、この宛先を使用しているキャンペーンを指定できます。
  • バケット名:名前を入力 Google Cloud Storage この宛先で使用するバケット。
  • フォルダーパス:書き出したファイルをホストする保存先フォルダーのパスを入力します。
  • アカウント ID:オーディエンスリンク ID にを入力します。 Google.
  • アカウントの種類:Google のアカウントに応じて、次のオプションを選択します。
    • for Publishers - DFP by Google を使用DoubleClick
    • 用途 AdX buyer 対象 Google AdX

アラートの有効化

アラートを有効にすると、宛先へのデータフローのステータスに関する通知を受け取ることができます。リストからアラートを選択して、データフローのステータスに関する通知を受け取るよう登録します。アラートについて詳しくは、UI を使用した宛先アラートの購読についてのガイドを参照してください。

宛先接続の詳細の入力を終えたら「次へ」を選択します。

この宛先に対してセグメントをアクティブ化

重要

データをアクティブ化するには、宛先の管理宛先のアクティブ化プロファイルの表示​および​セグメントの表示に対するアクセス制御権限が必要です。詳しくは、アクセス制御の概要または製品管理者に問い合わせて、必要な権限を取得してください。

詳しくは、 プロファイルの一括書き出し先に対するオーディエンスデータのアクティブ化 を参照してください。

ID マッピング手順では、次の事前入力済みマッピングを確認できます。

事前入力済みのマッピング 説明
ECID -> ppid これは、ユーザーが編集可能な事前入力済みのマッピングのみです。 Platform から任意の属性または ID 名前空間を選択し、にマッピングできます。 ppid.
metadata.segment.alias -> list_id Experience Platformセグメント名をGoogleプラットフォームのセグメント ID にマッピングします。
iif(${segmentMembership.ups.seg_id.status}=="exited", "1","0") -> delete 不適格なユーザーをセグメントから削除するタイミングをGoogleプラットフォームに伝えます。

これらのマッピングは、 Google Ad Manager 360 すべての Google Ad Manager 360 接続。

Google Ad Manager 360 のマッピング手順を示す UI 画像。

書き出したデータ

データが正常に書き出されたかどうかを確認するには、 Google Cloud Storage バケットを作成し、書き出したファイルに、期待されたプロファイルの母集団が含まれていることを確認します。

このページ