Microsoft Bing destination

概要

送信先は、 Microsoft Bing プロファイルデータの送信先に役立ち Microsoft Display Advertisingます。

にプロファイルデータを送信するに Microsoft Bingは、まず宛先に接続する必要があります。

宛先の仕様

Note the following details that are specific to the Microsoft Bing destination:

  • You can send the following identities to Microsoft Bing destinations: Microsoft ID.

使用例

マーケターとして、複数のチャネルにわたるディスプレイ広告を通じて、ターゲットのユーザーに組み込まれたセグメント Microsoft Advertising IDs を使用できるようにしたいと思い Microsoft Advertising ます。

書き出しタイプ

Segment Export — セグメント(オーディエンス)のすべてのメンバーを Microsoft Bing 宛先にエクスポートします。

前提条件

宛先を設定する際に、次の情報を入力するように求められます。

  • アカウントID:これは、整数形式 Bing Ads CIDのユーザーのものです。

宛先に接続

接続 / 宛先、を選択し、「 Microsoft Bing設定 」を選択します。

Microsoft Bingの宛先の設定

メモ

この宛先との接続が既に存在する場合は、宛先カードに 「アクティブ化 」ボタンが表示されます。 「 アクティブ化 」と「 設定」の違いについて詳しくは、表示先ワークスペースのドキュメントの「 カタログ 」セクションを参照してください。

Microsoft Bingの宛先のアクティブ化

「 認証 」の手順で、宛先接続の詳細を入力する必要があります。

  • 名前:この宛先が将来認識される名前。
  • 説明:この宛先を将来特定するのに役立つ説明です。
  • アカウントID:あなたの Bing Ads CID。
  • マーケティングの使用例:マーケティングの使用例は、データがエクスポート先にエクスポートされる意図を示します。 Adobe定義のマーケティングの使用例から選択するか、独自のマーケティングの使用例を作成することができます。 マーケティングの使用例について詳しくは、「 データガバナンス(Adobe Experience Platform )」ページを参照してください。 個々のAdobe定義マーケティングの使用例について詳しくは、 データ使用ポリシーの概要を参照してください

Microsoft Bing宛先認証

作成先」をクリックします。 これで宛先が作成されました。You can click Save & Exit if you want to activate segments later on, or you can click Next to continue the workflow and select segments to activate. In either case, see the next section, Activate Segments, for the rest of the workflow.

セグメントのアクティブ化

セグメントのアクティベーションワークフローについて詳しくは、「宛先へのプロファイルとセグメントのアクティブ化」を参照してください。

セグメントスケジュール 」の手順で、セグメントを宛先の対応するIDまたはフレンドリ名に手動でマップする必要があります。

セグメントをマッピングする場合は、使いやすいように、セグメント名を短くすることをお勧めします。 Platform ただし、宛先のセグメントIDまたは名前が、アカウントのセグメントIDまたは名前と一致している必要はありません Platform 。 マッピングフィールドに挿入した値は、すべて宛先に反映されます。

セグメントマッピングID

書き出されたデータ

データが正常に宛先にエクスポートされたかどうかを確認するには、アカウントを確認して Microsoft Bing く Microsoft Bing Ads ださい。 アクティベーションに成功すると、オーディエンスがアカウントに入力されます。

このページ