Microsoft Bing 接続

概要

Microsoft Bingの宛先は、プロファイルデータをMicrosoft Display Advertisingに送信する際に役立ちます。

プロファイルデータをMicrosoft Bingに送信するには、まず宛先に接続する必要があります。

ユースケース

マーケティング担当者の場合、Microsoft Advertising IDsで構築されたセグメントを使用して、Microsoft Advertisingチャネルをまたいだディスプレイ広告を通じてユーザーをターゲットにできるようにしたいと考えています。

サポートされているID

Microsoft Bing では、以下の表で説明するIDのアクティブ化をサポートしています。IDの詳細を説明します。

ターゲットID 説明
MAID Microsoft Advertising ID

エクスポートタイプ

Segment Export :セグメント(オーディエンス)のすべてのメンバーを宛先に書き出し Microsoft Bing ます。

前提条件

Microsoft Bingで最初の宛先を作成したい場合で、(Adobe Audience Managerや他のアプリケーションで)以前にExperience CloudIDサービスでID同期機能を有効にしていない場合は、Adobeコンサルティングまたはカスタマーケアに連絡してID同期を有効にしてください。 以前にAudience ManagerでMicrosoft Bing統合を設定していた場合、設定したID同期はPlatformに引き継がれます。

宛先を設定する際は、次の情報を指定する必要があります。

  • アカウントID:これは、整 Bing Ads CID数形式のです。

宛先に接続

接続 > 宛先​で、「Microsoft Bing」を選択し、「設定」を選択します。

Microsoft Bingの宛先の設定

この宛先との接続が既に存在する場合は、宛先カードに「アクティブ化」ボタンが表示されます。 アクティブ化​と​設定​の違いについて詳しくは、宛先ワークスペースのドキュメントのカタログの節を参照してください。

Microsoft Bingの宛先のアクティブ化

認証手順

認証​手順で、宛先接続の詳細を入力する必要があります。

  • 名前:将来この宛先を認識するための名前。
  • 説明:今後この宛先を識別するのに役立つ説明。
  • アカウントID:お使いの Bing Ads CID.
  • マーケティングアクション:マーケティングアクションは、宛先にデータを書き出す目的を示します。Adobe定義のマーケティングアクションから選択することも、独自のマーケティングアクションを作成することもできます。 マーケティングアクションについて詳しくは、「Adobe Experience Platformのデータガバナンス 」ページを参照してください。 個々のAdobe定義マーケティングアクションについて詳しくは、「データ使用ポリシーの概要」を参照してください。

Microsoft Bingの宛先認証

宛先を作成」をクリックします。 これで宛先が作成されました。後でセグメントをアクティブにする場合は、「保存して終了」をクリックします。または、「次へ」をクリックしてワークフローを続行し、アクティブ化するセグメントを選択します。 どちらの場合も、残りのワークフローについては、次の「セグメントのアクティブ化」の節を参照してください。

セグメントのアクティブ化

セグメントのアクティベーションワークフローについて詳しくは、「宛先へのプロファイルとセグメントのアクティブ化」を参照してください。

セグメントスケジュールの手順で、宛先の対応するIDまたはわかりやすい名前にセグメントを手動でマッピングする必要があります。

セグメントをマッピングする場合は、使いやすくするために、Platformセグメント名または短い形式を使用することをお勧めします。 ただし、宛先のセグメントIDまたは名前がPlatformアカウントのIDと一致する必要はありません。 マッピングフィールドに挿入した値は、宛先に反映されます。

Segment Mapping ID

エクスポートされたデータ

データがMicrosoft Bingの宛先に正常に書き出されたかどうかを確認するには、Microsoft Bing Adsアカウントを確認します。 アクティブ化に成功した場合、オーディエンスがアカウントに入力されます。

このページ