データ準備マッピング関数

データ準備関数を使用して、ソースフィールドに入力された内容に基づいて値を計算できます。

フィールド

フィールド名には任意の正しい識別子を使用できます。Unicode 文字と数字の無制限の長さのシーケンスで、文字で始まるドル記号 ($) またはアンダースコア文字 (_) をクリックします。 変数名では大文字と小文字が区別されます。

フィールド名がこの規則に従わない場合、フィールド名はで囲む必要があります。 ${}. 例えば、フィールド名が「名」または「名」の場合、名前は次のように囲む必要があります。 ${First Name} または ${First.Name} それぞれ

また、フィールド名が 任意 次の予約済みキーワードのうち、ラップする必要があります。 ${}:

new, mod, or, break, var, lt, for, false, while, eq, gt, div, not, null, continue, else, and, ne, true, le, if, ge, return

サブフィールド内のデータには、ドット表記を使用してアクセスできます。 例えば、 name オブジェクト、 firstName フィールド、使用 name.firstName.

関数のリスト

次の表に、サポートされるすべてのマッピング関数と、サンプル式およびその結果の出力を示します。

文字列関数

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
concat 指定された文字列を連結します。
  • 文字列:連結する文字列です。
concat(STRING_1, STRING_2) concat("Hi, ", "there", "!") "Hi, there!"
explode 正規表現に基づいて文字列を分割し、部分の配列を返します。オプションで正規表現を含めて、文字列を分割できます。 デフォルトでは、分割は「,」に解決されます。 次の区切り文字 必要 脱走する \: `+, ?, ^, , ., [, (, {, ), *, $, ` 複数の文字を区切り文字として含める場合、区切り文字は複数文字の区切り文字として扱われます。
  • 文字列: 必須 分割する必要がある文字列です。
  • 正規表現: オプション 文字列の分割に使用できる正規表現です。
explode(STRING, REGEX) explode("Hi, there!", " ")
instr サブ文字列の場所/インデックスを返します。
  • 入力: 必須 検索する文字列です。
  • SUBSTRING: 必須 文字列内で検索される部分文字列。
  • 開始位置: オプション 文字列内で検索を開始する場所。
  • 発生件数: オプション 開始位置から検索する n 番目のオカレンス。 デフォルトの重み付けは 1 です。
instr(INPUT, SUBSTRING, START_POSITION, OCCURRENCE) instr("adobe.com", "com") 6
replacestr 元の文字列に検索文字列が存在する場合は、その文字列を置き換えます。
  • 入力: 必須 入力文字列。
  • 検索 (_F): 必須 入力内で検索する文字列です。
  • 置換 (_R): 必須 「TO_FIND」内の値を置き換える文字列。
replacestr(INPUT, TO_FIND, TO_REPLACE) replacestr("This is a string re test", "re", "replace") "This is a string replace test"
substr 指定された長さのサブ文字列を返します。
  • 入力: 必須 入力文字列。
  • START_INDEX: 必須 部分文字列が開始する入力文字列のインデックスです。
  • 長さ: 必須 サブ文字列の長さ。
substr(INPUT, START_INDEX, LENGTH) substr("This is a substring test", 7, 8) "サブセット"
lower /
lcase
文字列を小文字に変換します。
  • 入力: 必須 小文字に変換する文字列です。
lower(INPUT) lower("HeLLo")
lcase("HeLLo")
"hello"
upper /
ucase
文字列を大文字に変換します。
  • 入力: 必須 大文字に変換する文字列です。
upper(INPUT) upper("HeLLo")
ucase("HeLLo")
"HELLO"
split 区切り記号で入力文字列を分割します。次の区切り文字 ニーズ 脱走する \: \. 複数の区切り文字を含める場合、文字列は 任意 文字列内に存在する区切り文字の数を指定します。
  • 入力: 必須 分割する入力文字列です。
  • 区切り文字: 必須 入力を分割するために使用される文字列です。
split(INPUT, SEPARATOR) split("Hello world", " ") ["Hello", "world"]
join 区切り記号を使用してオブジェクトのリストを結合します。
  • 区切り文字: 必須 オブジェクトの結合に使用する文字列。
  • オブジェクト: 必須 結合される文字列の配列。
join(SEPARATOR, [OBJECTS]) join(" ", to_array(true, "Hello", "world")) "Hello world"
lpad 文字列の左側を他の指定された文字列でパディングします。
  • 入力: 必須 パドアウトする文字列です。 この文字列は null にすることができます。
  • カウント: 必須 埋め込む文字列のサイズです。
  • パディング: 必須 入力を埋め込む文字列です。 null または空の場合は、1 つのスペースとして扱われます。
lpad(INPUT, COUNT, PADDING) lpad("bat", 8, "yz") "yzyzybat"
rpad 文字列の右側を他の指定された文字列でパディングします。
  • 入力: 必須 パドアウトする文字列です。 この文字列は null にすることができます。
  • カウント: 必須 埋め込む文字列のサイズです。
  • パディング: 必須 入力を埋め込む文字列です。 null または空の場合は、1 つのスペースとして扱われます。
rpad(INPUT, COUNT, PADDING) rpad("bat", 8, "yz") "batyzy"
left 指定された文字列の最初の「n」文字を取得します。
  • 文字列: 必須 最初の「n」文字を取得する文字列です。
  • カウント: 必須​文字列から取得する「n」文字。
left(STRING, COUNT) left("abcde", 2) "ab"
指定された文字列の最後の「n」文字を取得します。
  • 文字列: 必須 最後の「n」文字を取得する文字列です。
  • カウント: 必須​文字列から取得する「n」文字。
right(STRING, COUNT) right("abcde", 2) "de"
ltrim 文字列の先頭から空白を削除します。
  • 文字列: 必須 空白を削除する文字列です。
ltrim(STRING) ltrim("hello") "hello"
rtrim 文字列の末尾から空白を削除します。
  • 文字列: 必須 空白を削除する文字列です。
rtrim(STRING) rtrim("hello ") "hello"
trim 文字列の先頭と末尾から空白を削除します。
  • 文字列: 必須 空白を削除する文字列です。
trim(STRING) trim(" hello ") "hello"
次と等しい 2 つの文字列を比較し、等しいかどうかを確認します。 この関数では大文字と小文字が区別されます。
  • 文字列 1: 必須 比較する最初の文字列です。
  • 文字列 2: 必須 比較する 2 番目の文字列です。
STRING1​.equals( ​ STRING2) "string1"です​。equals(​"STRING1") false
equalSignoreCase 2 つの文字列を比較し、等しいかどうかを確認します。 この関数は、 not 大文字と小文字を区別します。
  • 文字列 1: 必須 比較する最初の文字列です。
  • 文字列 2: 必須 比較する 2 番目の文字列です。
STRING1​.equalsIgnoreCase(​STRING2) "string1"です​。equalsIgnoreCase​("STRING1) true

正規表現関数

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
extract_regex 正規表現に基づいて入力文字列からグループを抽出します。
  • 文字列: 必須 グループを抽出する文字列です。
  • 正規表現: 必須 グループに一致させる正規表現です。
extract_regex(STRING, REGEX) extract_regex​("E259,E259B_009,1_1", ​ "([,]+),[,]*,([^,]+)") ["E259,E259B_009,1_1", "E259", "1_1"]
matches_regex 文字列が入力された正規表現と一致するかどうかを確認します。
  • 文字列: 必須 チェックする文字列は、正規表現と一致します。
  • 正規表現: 必須 比較する正規表現です。
matches_regex(STRING, REGEX) matches_regex("E259,E259B_009,1_1", "([,]+),[,]*,([^,]+)") true

ハッシュ関数

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
sha1 入力を受け取り、Secure Hash Algorithm 1(SHA-1) を使用してハッシュ値を生成します。
  • 入力: 必須 ハッシュ化するプレーンテキスト。
  • 文字セット: オプション 文字セットの名前。 UTF-8、UTF-16、ISO-8859-1、US-ASCII などの値が使用できます。
sha1(INPUT, CHARSET) sha1("my text", "UTF-8") c3599c11e47719df18a24 ​ 48690840c5dfcce3c80
sha256 入力を受け取り、Secure Hash Algorithm 256(SHA-256) を使用してハッシュ値を生成します。
  • 入力: 必須 ハッシュ化するプレーンテキスト。
  • 文字セット: オプション 文字セットの名前。 UTF-8、UTF-16、ISO-8859-1、US-ASCII などの値が使用できます。
sha256(INPUT, CHARSET) sha256("my text", "UTF-8") 7330d2b39ca35eaf4cb95fc846c21​ ee6a39af698154a83a586ee270a0d372104
sha512 入力を受け取り、Secure Hash Algorithm 512(SHA-512) を使用してハッシュ値を生成します。
  • 入力: 必須 ハッシュ化するプレーンテキスト。
  • 文字セット: オプション 文字セットの名前。 UTF-8、UTF-16、ISO-8859-1、US-ASCII などの値が使用できます。
sha512(INPUT, CHARSET) sha512("my text", "UTF-8") a3d7e45a0d9be5fd4e4b9a3b8c9c2163c21​ef 708bf11b4232bb21d2a8704ada2cdcd7b367dd0788a89 a5c908cfe377aceb1072a7b386b7d4fd2ff68a8fd24d16
md5 入力を受け取り、MD5 を使用してハッシュ値を生成します。
  • 入力: 必須 ハッシュ化するプレーンテキスト。
  • 文字セット: オプション 文字セットの名前。 UTF-8、UTF-16、ISO-8859-1、US-ASCII などの値が使用できます。
md5(INPUT, CHARSET) md5("my text", "UTF-8") d3b96ce8c9fb4 ​ e9bd0198d03ba6852c7
crc32 入力では、Cyclic Redundancy Check(CRC;巡回冗長検査)アルゴリズムを使用して、32 ビットの巡回コードを生成します。
  • 入力: 必須 ハッシュ化するプレーンテキスト。
  • 文字セット: オプション 文字セットの名前。 UTF-8、UTF-16、ISO-8859-1、US-ASCII などの値が使用できます。
crc32(INPUT, CHARSET) crc32("my text", "UTF-8") 8df92e80

URL 関数

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
get_url_protocol 指定された URL からプロトコルを返します。 入力が無効な場合は、null を返します。
  • URL: 必須 プロトコルの抽出元の URL。
get_url_protocol(​URL) get_url_protocol("https://platform ​ .adobe.com/home") https
get_url_host 指定された URL のホストを返します。 入力が無効な場合は、null を返します。
  • URL: 必須 ホストの抽出元の URL。
get_url_host(​URL) get_url_host("​https://platform .adobe.com/home​") platform.adobe.com
get_url_port 指定された URL のポートを返します。 入力が無効な場合は、null を返します。
  • URL: 必須 ポートの抽出元の URL。
get_url_port(URL) get_url_port("​sftp://example.com//home/ joe/employee.csv​") 22
get_url_path 指定された URL のパスを返します。 デフォルトでは、完全なパスが返されます。
  • URL: 必須 パスの抽出元の URL。
  • フルパス: オプション フルパスが返されるかどうかを決定する boolean 値です。 false に設定した場合は、パスの終わりのみが返されます。
get_url_path(​URL, FULL_PATH) get_url_path("​sftp://example.com// home/joe/employee.csv​") "//home/joe/ ​ employee.csv"
get_url_query_str 指定された URL のクエリ文字列を返します。
  • URL: 必須 クエリ文字列を取得しようとしている URL です。
  • アンカー: 必須 クエリ文字列内のアンカーに対して何がおこなわれるかを決定します。 次の 3 つの値のいずれかを指定できます。"retain"、"remove"、または"append"。

    値が「retain」の場合、返される値にアンカーがアタッチされます。
    値が「remove」の場合、返される値からアンカーが削除されます。
    値が「append」の場合、アンカーは別の値として返されます。
get_url_query_str(​URL, ANCHOR) get_url_query_str("foo://example.com:8042​/over/there?name= ​ ferret#nose", "retain")
get_url_query_str("foo://example.com:8042​/over/there?name= ​ ferret#nose", "remove")
get_url_query_str("​foo://example.com:8042/over/there​?name=ferret#nose", "append")
{"name": "ferret#nose"}
{"name": "ferret"}
{"name": "ferret", "_anchor_": "nose"}

日付および時間関数

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。詳しくは、 date 関数は、 データ形式処理ガイド.

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
now 現在の時刻を取得します。 now() now() 2021-10-26T10:10:24Z
timestamp 現在の Unix 時間を取得します。 timestamp() timestamp() 1571850624571
format 指定された形式に従って入力日をフォーマットします。
  • 日付: 必須 形式を設定する ZonedDateTime オブジェクトとしての入力日。
  • 形式: 必須 日付を変更する形式を指定します。
format(DATE, FORMAT) format(2019-10-23T11):24:00+00:00, "yyyy-MM-dd HH:mm:ss") 2019-10-23 11:24:35
dformat 指定された形式に従ってタイムスタンプを日付文字列に変換します。
  • タイムスタンプ: 必須 形式を設定するタイムスタンプです。 これはミリ秒単位で書き込まれます。
  • 形式: 必須 タイムスタンプを取得する形式です。
dformat(TIMESTAMP, FORMAT) dformat(1571829875000, "yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss.SSX") 2019-10-23T11:24:35.000Z
date 日付文字列を ZonedDateTime オブジェクト(ISO 8601 形式)に変換します。
  • 日付: 必須 日付を表す文字列です。
  • 形式: 必須 ソースの日付の形式を表す文字列です。注意: これは not は、日付文字列の変換先の形式を表します。
  • DEFAULT_DATE: 必須 指定された日付が null の場合に返されるデフォルトの日付。
date(DATE, FORMAT, DEFAULT_DATE) date("2019-10-23 11:24", "yyyy-MM-dd HH:mm", now()) 2019-10-23T11:24:00Z
日付 日付文字列を ZonedDateTime オブジェクト(ISO 8601 形式)に変換します。
  • 日付: 必須 日付を表す文字列です。
  • 形式: 必須 ソースの日付の形式を表す文字列です。注意: これは not は、日付文字列の変換先の形式を表します。
date(DATE, FORMAT) date("2019-10-23 11:24", "yyyy-MM-dd HH:mm") 2019-10-23T11:24:00Z
日付 日付文字列を ZonedDateTime オブジェクト(ISO 8601 形式)に変換します。
  • 日付: 必須 日付を表す文字列です。
date(DATE) date("2019-10-23 11:24") "2019-10-23T11:24:00Z"
date_part 日付の一部を取得します。次のコンポーネント値がサポートされています。

"year"
"yyyy"
"yy"

"quarter"
"qq"
"q"

"month"
"mm"
"m"

"dayofyear"
"dy"
"y"

"day"
"dd"
"d"

"week"
"ww"
"w"

"weekday"
"dw"
"w"

"hour"
"hh"
"hh24"
"hh12"

"minute"
"mi"
"n"

"second"
"ss"
"s"

"millisecond"
"ms"
  • コンポーネント: 必須 日付の部分を表す文字列です。
  • 日付: 必須 標準形式の日付。
date_part(​COMPONENT, DATE) date_part("MM", date("2019-10-17 11:55:12") 10
set_date_part 指定された日付のコンポーネントを置き換えます。次のコンポーネントが受け入れられます。

"year"
"yyyy"
"yy"

"month"
"mm"
"m"

"day"
"dd"
"d"

"hour"
"hh"

"minute"
"mi"
"n"

"second"
"ss"
"s"
  • コンポーネント: 必須 日付の部分を表す文字列です。
  • 値: 必須 指定した日付のコンポーネントに設定する値。
  • 日付: 必須 標準形式の日付。
set_date_part(​COMPONENT, VALUE, DATE) set_date_part("m", 4, date("2016-11-09T11:44:44.797") "2016-04-09T11:44:44Z"
make_date_time 部分から日付を作成します。この関数は、make_timestamp を使用して誘導することもできます。
  • 年: 必須 年は 4 桁で書かれました
  • 月: 必須 月。 使用できる値は 1 ~ 12 です。
  • 日: 必須 日。 使用できる値は 1 ~ 31 です。
  • 時間: 必須 時間。 使用できる値は 0 ~ 23 です。
  • 分: 必須 分。 使用できる値は 0 ~ 59 です。
  • ナノ秒: 必須 ナノ秒値。 使用できる値は 0 ~ 999999999です。
  • タイムゾーン: 必須 日時のタイムゾーン。
make_date_time(YEAR, MONTH, DAY, HOUR, MINUTE, SECOND, NANOSECOND, TIMEZONE) make_date_time(2019, 10, 17, 11, 55, 12, 999, "America/Los_Angeles") 2019-10-17T11:55:12Z
zone_date_to_utc 任意のタイムゾーンの日付を UTC での日付に変換します。
  • 日付: 必須 変換しようとしている日付です。
zone_date_to_utc(​DATE) zone_date_to_utc​(2019-10-17T11:55:​12 PST 2019-10-17T19:55:12Z
zone_date_to_zone 日付をあるタイムゾーンから別のタイムゾーンに変換します。
  • 日付: 必須 変換しようとしている日付です。
  • ゾーン: 必須 日付を変換しようとしているタイムゾーンです。
zone_date_to_zone(​DATE, ZONE) zone_date_to_utc​(now(), "Europe/Paris") 2021-10-26T15:43:59Z

{style="table-layout:auto"}

階層 — オブジェクト

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
size_of 入力のサイズを返します。
  • 入力: 必須 サイズを探しているオブジェクト。
size_of(INPUT) size_of([1, 2, 3, 4]) 4
is_empty オブジェクトが空かどうかを確認します。
  • 入力: 必須 確認しようとしているオブジェクトが空です。
is_empty(INPUT) is_empty([1, 2, 3]) false
arrays_to_object オブジェクトのリストを作成します。
  • 入力: 必須 キーと配列のペアのグループ。
arrays_to_object(INPUT) サンプルが必要 サンプルが必要
to_object 指定されたフラットなキーと値のペアに基づいてオブジェクトを作成します。
  • 入力: 必須 キーと値のペアのフラットなリスト。
to_object(INPUT) to_object​("firstName", "John", "lastName", "Doe") {"firstName": "John", "lastName": "Doe"}
str_to_object 入力文字列からオブジェクトを作成します。
  • 文字列: 必須 オブジェクトを作成するために解析される文字列。
  • 値の区切り: オプション フィールドを値から区切る区切り文字。 デフォルトの区切り文字は :.
  • FIELD_DELIMITER: オプション フィールド値のペアを区切る区切り文字。 デフォルトの区切り文字は ,.
str_to_object(​STRING, VALUE_DELIMITER, FIELD_DELIMITER) str_to_object("firstName - John lastName -
contains_key ソースデータ内にオブジェクトが存在するかどうかを確認します。 注意: この関数は、非推奨の is_set() 関数に置き換えます。
  • 入力: 必須 ソースデータ内に存在する場合に確認するパス。
contains_key(INPUT) contains_key("evars.evar.field1") true
無効にする 属性の値をに設定します。 null. これは、フィールドをターゲットスキーマにコピーしない場合に使用します。 nullify() nullify() null
get_keys キーと値のペアを解析し、すべてのキーを返します。
  • オブジェクト: 必須 キーの抽出元のオブジェクト。
get_keys(OBJECT) get_keys({"book1":"Pride and Pairaming", "book2":"1984"}) ["book1", "book2"]
get_values キーと値のペアを解析し、指定されたキーに基づいて文字列の値を返します。
  • 文字列: 必須 解析する文字列です。
  • キー: 必須 値を抽出するキー。
  • 値の区切り: 必須 フィールドと値を区切る区切り文字。 次のいずれかの場合、 null または空の文字列が指定された場合、この値は :.
  • FIELD_DELIMITER: オプション フィールドと値のペアを区切る区切り文字。 次のいずれかの場合、 null または空の文字列が指定された場合、この値は ,.
get_values(STRING, KEY, VALUE_DELIMITER, FIELD_DELIMITER) get_values("firstName - John , lastName - Cena , phone - 555 420 8692", "-", ",") John

階層 — 配列

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
coalesce 指定された配列内の最初の null 以外のオブジェクトを返します。
  • 入力: 必須 の最初の null 以外のオブジェクトを検索する配列です。
coalesce(INPUT) coalesce(null, null, null, "first", null, "second") "first"
first 指定された配列の最初の要素を取得します。
  • 入力: 必須 最初の要素を検索する配列です。
first(INPUT) first("1", "2", "3") "1"
last 指定された配列の最後の要素を取得します。
  • 入力: 必須 最後の要素を検索する配列です。
last(INPUT) last("1", "2", "3") "3"
add_to_array 配列の末尾に要素を追加します。
  • 配列: 必須 要素を追加する配列。
  • 値:配列に追加する要素です。
add_to_array(ARRAY, VALUES​) add_to_array( ​['a', 'b'], 'c', 'd') ['a', 'b', 'c', 'd']
join_arrays 配列を相互に結合します。
  • 配列: 必須 要素を追加する配列。
  • 値:親配列に追加する配列。
join_arrays(​ARRAY, VALUES) join_arrays​(['a', 'b'], ['c'], ['d', 'e']) ['a'、'b'、'c'、'd'、'e']
to_array 入力のリストを取得し、配列に変換します。
  • INCLUDE_NULLS: 必須 応答配列に NULL を含めるかどうかを示す boolean 値です。
  • 値: 必須 配列に変換する要素。
to_array(​INCLUDE_NULLS, VALUES) to_array(false, 1, null, 2, 3) [1, 2, 3]

論理演算子

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
decode キーと、キーと値のペアのリストが配列としてフラット化されている場合、この関数は、キーが見つかった場合は値を返し、デフォルト値が配列に存在する場合はデフォルト値を返します。
  • キー: 必須 照合するキー。
  • OPTIONS: 必須 キーと値のペアのフラット化された配列。 オプションで、デフォルト値を末尾に配置できます。
decode(KEY,OPTIONS) decode(stateCode, "ca", "California", "pa", "Pennsylvania", "N/A") 指定された stateCode が「ca」、「California」の場合。
stateCode が「pa」の場合は、「Pennsylvania」です。
stateCode が以下と一致しない場合は、「N/A」となります。
iif 指定されたブール式を評価し、結果に基づいて指定された値を返します。
  • 式: 必須 評価されるブール式。
  • TRUE_VALUE: 必須 式の値が true の場合に返される値です。
  • FALSE_VALUE: 必須 式の値が false の場合に返される値です。
iif(EXPRESSION, TRUE_VALUE, FALSE_VALUE) iif("s".equalsIgnoreCase("S"), "True", "False") "True"

集計

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
min 指定された引数の最小値を返します。自然な順序を使用します。
  • OPTIONS: 必須 互いに比較できる 1 つ以上のオブジェクト。
min(OPTIONS) min(3, 1, 4) 1
max 指定された引数の最大値を返します。自然な順序を使用します。
  • OPTIONS: 必須 互いに比較できる 1 つ以上のオブジェクト。
max(OPTIONS) max(3, 1, 4) 4

型変換

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
to_bigint 文字列を BigInteger に変換します。
  • 文字列: 必須 BigInteger に変換する文字列です。
to_bigint(STRING) to_bigint(​"1000000.34") 1000000.34
to_decimal 文字列を Double に変換します。
  • 文字列: 必須 倍精度浮動小数点型 (Double) に変換する文字列を指定します。
to_decimal(STRING) to_decimal("20.5") 20.5
to_float 文字列を浮動小数に変換します。
  • 文字列: 必須 浮動小数点型 (Float) に変換する文字列を指定します。
to_float(STRING) to_float("12.3456") 12.34566
to_integer 文字列を整数に変換します。
  • 文字列: 必須 整数に変換する文字列を指定します。
to_integer(STRING) to_integer("12") 12

JSON 関数

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
json_to_object 指定された文字列から JSON コンテンツを逆シリアル化します。
  • 文字列: 必須 シリアル化を解除する JSON 文字列。
json_to_object(​STRING) json_to_object​({"info":{"firstName":"John","lastName":"Doe"}}) JSON を表すオブジェクト。

特別な操作

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
uuid /
guid
擬似ランダム ID を生成します。 uuid()
guid()
uuid()
guid()
7c0267d2-bb74-4e1a-9275-3bf4fccda5f4
c7016dc7-3163-43f7-afc7-2e1c9c206333

ユーザーエージェントの関数

メモ

テーブルのコンテンツをすべて表示するには、左右にスクロールしてください。

関数 説明 パラメーター 構文 サンプル出力
ua_os_name ユーザーエージェント文字列からオペレーティングシステム名を抽出します。
  • USER_AGENT: 必須 ユーザーエージェント文字列。
ua_os_name(​USER_AGENT) ua_os_name("​Mozilla/5.0 (iPhone;CPU iPhone OS 5_1_1 (Mac OS X など ) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B206 Safari/7534.48.3") iOS
ua_os_version_major ユーザーエージェント文字列からオペレーティングシステムのメジャーバージョンを抽出します。
  • USER_AGENT: 必須 ユーザーエージェント文字列。
ua_os_version_major(​USER_AGENT) ua_os_version_major ​ s("Mozilla/5.0 (iPhone;CPU iPhone OS 5_1_1 (Mac OS X など ) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B206 Safari/7534.48.3") iOS 5
ua_os_version ユーザーエージェント文字列からオペレーティングシステムのバージョンを抽出します。
  • USER_AGENT: 必須 ユーザーエージェント文字列。
ua_os_version(​USER_AGENT) ua_os_version("​Mozilla/5.0 (iPhone;CPU iPhone OS 5_1_1 (Mac OS X など ) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B206 Safari/7534.48.3") 5.1.1
ua_os_name_version ユーザーエージェント文字列からオペレーティングシステムの名前とバージョンを抽出します。
  • USER_AGENT: 必須 ユーザーエージェント文字列。
ua_os_name_version(​USER_AGENT) ua_os_name_version("​Mozilla/5.0 (iPhone;CPU iPhone OS 5_1_1 (Mac OS X など ) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B206 Safari/7534.48.3") iOS 5.1.1
ua_agent_version ユーザーエージェント文字列からエージェントのバージョンを抽出します。
  • USER_AGENT: 必須 ユーザーエージェント文字列。
ua_agent_version(USER_​AGENT) ua_agent_version("​Mozilla/5.0 (iPhone;CPU iPhone OS 5_1_1 (Mac OS X など ) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B206 Safari/7534.48.3") 5.1
ua_agent_version_major ユーザーエージェント文字列からエージェント名とメジャーバージョンを抽出します。
  • USER_AGENT: 必須 ユーザーエージェント文字列。
ua_agent_version_major(​USER_AGENT) ua_agent_version_major("​Mozilla/5.0 (iPhone;CPU iPhone OS 5_1_1 (Mac OS X など ) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B206 Safari/7534.48.3") Safari 5
ua_agent_name ユーザーエージェント文字列からエージェント名を抽出します。
  • USER_AGENT: 必須 ユーザーエージェント文字列。
ua_agent_name(​USER_AGENT) ua_agent_name("Mozilla/5.​0 (iPhone;CPU iPhone OS 5_1_1 (Mac OS X など ) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B206 Safari/7534.48.3") Safari
ua_device_class ユーザーエージェント文字列からデバイスクラスを抽出します。
  • USER_AGENT: 必須 ユーザーエージェント文字列。
ua_device_class(​USER_AGENT) ua_device_class("​Mozilla/5.0 (iPhone;CPU iPhone OS 5_1_1 (Mac OS X など ) AppleWebKit/534.46 (KHTML, like Gecko) Version/5.1 Mobile/9B206 Safari/7534.48.3") Phone

このページ