サイトの作成

クイックサイト作成の一環として、AEMのAdobe Experience Managerのサイト作成ウィザードを使用して、新しい Web サイトを生成します。 Adobeが提供する標準サイトテンプレートは、新しいサイトの出発点として使用されます。

前提条件

この章の手順は、Adobe Experience Manager as a Cloud Service環境で実行します。 AEM環境への管理者アクセス権があることを確認します。 次を使用することをお勧めします。 サンドボックスプログラム および 開発環境 このチュートリアルを完了する際

以下を確認します。 オンボーディングドキュメント を参照してください。

目的

  1. サイト作成ウィザードを使用して新しいサイトを生成する方法を説明します。
  2. サイトテンプレートの役割を理解します。
  3. 生成されたAEMサイトを参照します。

Adobe Experience Manager Author にログインします。

最初の手順として、AEMas a Cloud Service環境にログインします。 AEM環境は オーサーサービス および パブリッシュサービス.

  • オーサーサービス :サイトコンテンツが作成、管理、更新される場所。 通常、内部ユーザーのみが オーサーサービス とは、ログイン画面の後ろに表示されています。
  • パブリッシュサービス :ライブ Web サイトをホストします。 これは、エンドユーザーに表示されるサービスで、通常は一般に利用可能です。

チュートリアルの大部分は、 オーサーサービス.

  1. Adobe Experience Cloud https://experience.adobe.com/. 個人用アカウント、または会社/学校のアカウントを使用してログインします。

  2. メニューで正しい組織が選択されていることを確認し、 Experience Manager.

    Experience Cloudホーム

  3. の下 Cloud Manager クリック 起動.

  4. 使用するプログラムの上にマウスポインターを置き、 Cloud Manager プログラム アイコン

    Cloud Manager プログラムアイコン

  5. 上部のメニューで、 環境 プロビジョニングされた環境を表示するには:

  6. 使用する環境を見つけ、 作成者 URL.

    開発者にアクセス

    メモ

    次を使用することをお勧めします。 開発 環境を参照してください。

  7. AEMに対して新しいタブが起動されます オーサーサービス. クリック Adobe 同じログイン資格情報で自動的にログインする必要がありますExperience Cloud。

  8. リダイレクトされて認証された後に、AEMの開始画面が表示されます。

    AEM Start 画面

メモ

Experience Managerにアクセスできない場合 以下を確認します。 オンボーディングドキュメント

基本サイトテンプレートのダウンロード

サイトテンプレートは、新しいサイトの出発点となります。 サイトテンプレートには、いくつかの基本的なテーマ、ページテンプレート、設定、サンプルコンテンツが含まれています。 サイトテンプレートに含まれる内容は、開発者が自由に使用できます。 Adobeが 基本サイトテンプレート を使用して、新しい実装を迅速におこなうことができます。

  1. 新しいブラウザータブを開き、GitHub の基本サイトテンプレートプロジェクトに移動します。 https://github.com/adobe/aem-site-template-standard. このプロジェクトはオープンソースで、誰でも使用できるライセンスを持っています。

  2. クリック リリース をクリックし、 最新リリース.

  3. を展開します。 Assets ドロップダウンし、テンプレート zip ファイルをダウンロードします。

    基本サイトテンプレート Zip

    この zip ファイルは、次の演習で使用します。

    メモ

    このチュートリアルは、バージョンを使用して記述します 1.1.0 」をクリックします。 実稼動用に新しいプロジェクトを開始する場合は、常に最新バージョンを使用することをお勧めします。

新しいサイトを作成

次に、前の演習の [ サイトテンプレート ] を使用して新しいサイトを生成します。

  1. AEM環境に戻ります。 AEM Start 画面からに移動します。 サイト.

  2. 右上隅で、 作成 > サイト(テンプレート). これで、 サイト作成ウィザード.

  3. の下 サイトテンプレートを選択 クリック インポート 」ボタンをクリックします。

    をアップロードします。 .zip 前の演習でダウンロードしたテンプレートファイル。

  4. を選択します。 基本AEMサイトテンプレート をクリックし、 次へ.

    サイトテンプレートを選択

  5. の下 サイトの詳細 > サイトのタイトル 入力 WKND Site.

    実際の実装では、「WKND サイト」は会社または組織のブランド名に置き換えられます。 このチュートリアルでは、気まぐれなライフスタイルブランド「WKND」のサイト作成のシミュレーションを行います。

  6. の下 サイト名 入力 wknd.

    サイトテンプレートの詳細

    メモ

    共有AEM環境を使用する場合、に一意の ID を追加します。 サイト名. 例: wknd-site-johndoe. これにより、衝突を起こさずに複数のユーザーが同じチュートリアルを完了することができます。

  7. クリック 作成 をクリックしてサイトを生成します。 クリック 完了成功 ダイアログが表示されます。

新しいサイトを参照

  1. AEM Sitesコンソールに移動します(まだ移動していない場合)。

  2. 新しい WKND サイト が生成されました。 多言語階層のサイト構造が含まれます。

  3. を開きます。 英語 > ホーム ページを表示するには、ページを選択して 編集 ボタンをクリックします。

    WKND サイト階層

  4. スターターコンテンツは既に作成されており、ページに追加できる複数のコンポーネントが用意されています。 これらのコンポーネントを使用してみることで、機能について大まかに把握できます。次の章では、コンポーネントの基本について学びます。

    ホームページを開始

    サイトテンプレートから提供されるサンプルコンテンツ

おめでとうございます。

これで、最初のAEM Site が作成されました。

次の手順

AEMのAdobe Experience Managerのページエディターを使用して、 コンテンツのオーサリングと公開 チャプター。 コンテンツを更新するためにアトミックコンポーネントを設定する方法を説明します。 AEM オーサー環境とパブリッシュ環境の違いを理解し、ライブサイトに更新を公開する方法を学びます。

このページ