Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーション v1.10 リリースノート

デスクトップアプリケーション v1.x リリースのダウンロードリンクと AEM の互換性情報を次に示します。

製品 Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーション
バージョン 1.10(Mac 上では 1.10.0.6、Windows 上では 1.10.0.3)
種類 マイナーリリース
日付 1.10.0.6(Mac):2020 年 4 月 15 日、1.10.0.3(Win):2018 年 8 月 31 日
ダウンロード URL Mac OS X 64 ビット版Windows 32 ビット版Windows 64 ビット版
互換性 AEM 6.5.x、AEM 6.4.x、AEM 6.3 SP2、AEM 6.2 SP1 CFP2+、AEM 6.1 SP2 CFP7+
メモ

キャッシュサイズの制限は適用されません。デスクトップアプリケーションが起動するときにキャッシュサイズが一度計算され、サイズが事前に定義された制限に近い場合は通知が表示されます。

システム要件および使用条件

Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーションは次のオペレーティングシステムと互換性があります。

  • 最新のバグフィックスが適用された Mac OS X 10.10 以降

  • 最新のサービスパックとバグ修正が適用された Windows 10。

メモ

Windows 7 はサポートされなくなりました。Windows 7 のサポート終了(EOL)に関する記事を参照してください。

最新の機能、最新のバグ修正、そして最高のパフォーマンスを利用するため、最新バージョンの AEM デスクトップアプリケーションを使用することを強くお勧めします。

ローカルマシンにインストールする AEM デスクトップアプリケーションのバージョンによっては、AEM サーバーの特定のバージョンや、サーバー側に追加のコンポーネント(サービスパック、ホットフィックスまたは機能パック)が必要になります。AEM サーバーに初めて接続するときは、AEM サーバーが適切に設定されていることを事前に確認します。不明な点がある場合は、AEM 管理者に問い合わせてください。

セットアップの前提条件を評価するには、このドキュメントの末尾の詳細な互換表を参照してください。

デスクトップアプリケーション v1.10 の新機能

AEM デスクトップアプリケーション 1.10 は、大容量のアップロード、バックグラウンド操作に関する情報、リンクされたファイル(InDesign など)を含むアセットを開く際のエクスペリエンスの最適化に関するユーザーエクスペリエンスの向上に注力しています。

メモ

MacOS 10.15.4 以降を使用している場合は、バージョン 1.10.0.6 以降のアプリケーションを使用してください。このパッチリリースは、Apple の認証要件に準拠しています。

ローカル編集/チェックアウト:アセットに保存される変更内容の自動アップロードをステータスウィンドウで無効にできます。ユーザーはファイルの操作と変更内容の保存を続行し、準備ができたら、すべての変更内容をアップロードできます。

アセットステータスウィンドウの簡素化:ステータスウィンドウが簡略化されました。現在は、「Uploads」タブに、個々のアセットと、フォルダーまたはバルクアップロードの両方が表示されます。以前の「バルクアップロード」タブは削除されました。

バルクアップロードを示すアプリケーションアイコン:このアプリケーションアイコンは、「転送」オーバーレイを表示することで、バルクアップロードの実行中であることを示します。

更新の競合の通知:アセットの更新を試みるときにアプリケーションが競合を検出すると、通知が表示されるので、ステータスウィンドウを監視しなくても競合を確認できます。アプリケーションの起動時にすべての競合がチェックされるので、ユーザーは競合を解決できます。

接続切断時の対処:バルクアップロード中に接続が切断されると、アップロードは中止されますが、後で再開できます。個々のファイルの失敗したアップロードを再試行するには、Retry オプションを使用します。

インストール手順

詳しい手順については、AEM デスクトップアプリケーションのインストールと設定を参照してください。

以前のバージョンの機能強化

このリリースは、次の重要な機能強化が加えられた Experience Manager デスクトップアプリケーションの以前のバージョンを拡張して置き換えるものです。

  • バージョン 1.9/1.9.1:再開可能なアップロード、ステータスウィンドウの強化、アプリケーション/接続の状態を示すアプリケーションアイコン、InDesign ファイルのリンクされたアセットのプリフェッチ。

  • バージョン 1.8:ユーザーのキャッシュサイズの管理の機能向上、Windows の SAML/SSO でのログインの改善、Mac の .pac ネットワークプロキシのサポート、お客様から報告された問題への対応。

  • バージョン 1.7:安定性とキャッシングのロジックの改善、ネットワークプロキシのサポートの向上、アンインストール後の内部ファイルのクリーンアップ機能。

  • バージョン 1.6:様々な AEM のセキュリティ設定へのログインプロセス、およびアプリケーションの安定性とパフォーマンスが向上。

  • バージョン 1.5:ネットワークの様々な問題に対するアプリケーションの安定性と回復力、より優れたサポート性。

  • バージョン 1.4:バックグラウンドで階層フォルダーをアップロードし、進捗状況を監視できる機能。

  • バージョン 1.3:InDesign、Illustrator、Photoshop など、特に Creative Cloud デスクトップアプリケーションからのファイルへのアクセスと AEM への変更保存におけるパフォーマンス強化と安定性。このリリースの目的は、バックグラウンドでネットワークデータを転送しながら、同時にファイルを操作するときにローカルのデスクトップで処理するようなエクスペリエンスを提供することにありました。

AEM デスクトップアプリケーション 1.9 以降で使用可能な機能強化

Adobe Experience Manager デスクトップアプリケーション 1.9.1 は、アセットのチェックアウトやネットワーク共有からローカルディレクトリへのファイルコピーをおこなう際に発生していたいくつかの重要な問題に対応するためのパッチリリースです。

  • 特定のユーザーがチェックアウトしたアセットは、他のユーザーが変更できないようにする必要があります(CQ-4246009)。

  • ユーザーのフォルダーが別のディスクパーティションに存在する場合に、マッピングされたフォルダーからローカルフォルダーへのコピーがサポートされます(CQ-4243978)。

AEM デスクトップアプリケーション 1.9 は、大容量のアップロードや、バックグラウンド操作に関する情報、リンクされたファイル(InDesign など)を含むアセットを開く際のエクスペリエンスの最適化など、様々な場面のユーザーエクスペリエンスの向上に注力しています。

再開可能なアップロード
特に大きいファイルのアップロードにおいて、新しい Asset Status ウィンドウでアップロードを一時停止/再開できます。

アセットステータスウィンドウの向上
向上したアセットステータスウィンドウには、アセットに関する次の情報が表示されます。

Changes

  • 現在キューに登録されている変更内容が表示されます。

  • 進行状況バー、転送速度、合計ファイルサイズ、現在までに転送されたサイズを含む、進行中のアップロードが表示されます。

  • 合計転送サイズおよび最終的な転送速度とともに、完了したアップロードが表示されます。

  • エラーメッセージおよび転送情報(利用可能な場合)とともに、失敗したアップロードが表示されます。

  • 3 回アップロードに失敗すると、エラーメッセージが表示されます。

  • 競合するファイルにはユーザーがクリックできるアイコンが表示されます。アイコンをクリックすると、説明と 2 つのオプションが示されたダイアログが表示されます。

    • Keep Mine:すぐにファイルをサーバーにアップロードします。

    • Overwrite Mine:すぐにローカルファイルを削除し、新しいコピーをサーバーからダウンロードします。

Downloads

  • 転送速度、現在までに転送されたサイズを含む、進行中のダウンロードが表示されます。

  • 合計転送サイズおよび最終的な転送速度とともに、完了したダウンロードが表示されます。また、アイコンが表示され、これをクリックするとファイルが開きます(単一ファイルの場合のみ利用可能)。

  • エラーメッセージおよび転送情報(利用可能な場合)とともに、失敗したダウンロードが表示されます。

  • フッターには、ダウンロードされた合計ファイル数と平均転送速度が表示されます。

  • Experience Manager Assets Web インターフェイスから複数のファイルを開くまたは編集する場合、ファイルはグループ化されます。例:myasset.jpeg とその他 4 ファイル。

  • AEM Assets に保存されているリンクされたアセットを含む InDesign ドキュメントをダウンロードする場合、デスクトップアプリケーションは Adobe InDesign ドキュメントを開く前にリンクされているすべてのアセットをダウンロードし、リンクされたアセットのダウンロード状況を表示します(例:5/24)。

Bulk Uploads

AEM Web UI で Create/Upload Folder から大規模なフォルダー階層をアップロードしたり、アセットをコピーして Finder やエクスプローラーのデスクトップアプリケーションのコンテキストメニューで「Paste Assets」を選択した場合は、このダイアログが使用されます。

  • 進行状況バーおよび現在転送中のファイルの名前を含む、進行中のアップロードが表示されます。

  • 進行中のアップロードではアイコンが表示され、このアイコンをクリックするとアップロードがキャンセルされます。転送は、現在転送中のファイルが完了した後に停止します。

  • 失敗した転送プロセスは、エラーメッセージとともに表示されます(転送全体が失敗したときのみ)。

  • 個別のファイルの転送が失敗した場合は、そのファイルがエラーとしてタブに表示されます。全体が失敗した場合、タブには個別のファイルは表示されず、アップロード全体のエントリが 1 つだけ表示されます。

バックグラウンド操作の状態を示すアイコン

バックグラウンド操作の状態を示すアプリケーションアイコンにより、ユーザーは視覚的に処理状況を把握することができます。例えば、アプリケーションが AEM に接続されていない場合、アイコンはグレーアウトされ、アクティブなアップロードがある場合、「同期」を示すオーバーレイが表示されます。

リンクされたアセットのプリフェッチ

AEM に保存されているリンクされたアセットを含む InDesign ドキュメントをスムーズに利用できるようにするために、デスクトップアプリケーションは、InDesign ドキュメントをダウンロードして開く前に、ドキュメント内のリンクされたファイルをあらかじめローカルキャッシュに取得しようと試みます。これにより、ユーザーはリンクされているファイルをローカルで利用できるようになり、InDesign の「リンク」パネルでこれらのファイルにアクセスするときに長い時間待つ必要がなくなります。
このプリフェッチ機能は、AEM がリンクをサーバー側で認識した場合にのみ動作します。認識されたリンクを含むアセットでは、InDesign アセットのプロパティビューに「参照」のリストが表示されます。

AEM デスクトップアプリケーション 1.8.x 以降で使用可能な機能強化

AEM デスクトップアプリケーション 1.8.1 ファストフォローリリースでは、1.8 リリースに対して、AEM UI から複数のファイルを同時に開くときの機能向上が追加されました(CQ-4237747、CQ-4238780)。AEM デスクトップアプリケーション 1.8 の機能強化:

  • キャッシング:以下を含む、AEM デスクトップアプリケーションのキャッシュを管理するための新しい UI(CQ-4208690)

    • 現在のキャッシュサイズの表示

    • 通知が送信される基準となる最大キャッシュサイズの定義

    • キャッシュサイズはデスクトップアプリケーションの起動時にのみチェックされ、設定された制限に近づいていると通知が表示されます。

    • 新しい UI にはキャッシュをクリアするボタンが用意されています。

  • ログイン:(Windows)SAML および SSL を使用するように設定されている AEM インスタンスへのログインが修正されました(CQ-4216353)。

  • ネットワーク:

    • AEM セッションの有効期限が切れた場合にユーザーに通知が表示され、通知をクリックすると再度ログインできるようになりました(CQ-4202028)。

    • (Mac).pac プロキシ設定を使用した AEM への接続のサポートが追加されました(CQ-4233430)。

    • (Windows)Advanced/Login URL ダイアログの問題を修正しました(CQ-4236061)。

  • バグの修正:

    • More Asset Info ダイアログでアクションバーが表示されないことがありました(CQ-4208540)。

    • (Windows)AEM Assets UI から以前のバージョンに戻した後ファイルを同期できるようになりました(CQ-4216411)。

AEM デスクトップアプリケーション 1.7 以降で使用可能な機能強化

  • 安定性:

    • オーバーロードされた AEM サーバーに AEM デスクトップアプリケーションが接続されたときの安定性が向上しました(CQ-4224803)。

    • 多数のファイルが要求されたときの安定性が向上しました(CQ-4224212)。

    • 追加のチェックにより、アセットの更新機能が向上しました(CQ-4228291)。

  • キャッシュ:

    • Photoshop、InDesign、Finder でファイルを開くときのディスクエラーおよびオープンの問題が修正されました(CQ-4223993、CQ-4217603、CQ-4223717)。

    • サイズが 0 のバイナリが発生しないように、キャッシングを向上しました(CQ-4216599)。

  • ログイン:(ローカル発行の証明書など)特別な設定について、strictSSL との接続を無効にできるようになりました(CQ-4223949)。

  • ネットワーク:ネットワークプロキシ経由での接続に対するサポートが向上しました(CQ-4223477、CQ-4221280、CQ-4206854)。

  • インストールとアンインストール:

    • (Windows)よりクリーンにアンインストールできるようになりました(CQ-4220906)。

    • [Windows 32 ビット版] Microsoft .NET Framework v. 4.5 をインストールしようとしてインストーラが失敗します(CQ-4218084)。

    • (Mac)デスクトップアプリケーションファイルを手動で完全に削除するためのスクリプトが追加されました(CQ-4216489)。

メモ

AEM デスクトップアプリケーション 1.7 ベータ版のロードで検出された問題です(1.6 リリースに存在しなかった問題は、このリリースノートでは記載されていません)。

AEM デスクトップアプリケーション 1.6 以降で使用可能な機能強化

  • ドキュメント:新しいドキュメントデスクトップアプリケーション v1.x のベストプラクティスが用意されました。

  • AEM へのログインプロセスの改善:

    • SAML 処理が改善されました - ルールの緩和(CQ-4202781)。

    • 別のログイン URL を設定する機能が環境設定に追加されました(CQ-4214052、CQ-4214051)。

  • 使いやすさ:サイズの大きなアセットのダウンロードが実行されているときにユーザーに通知されます(CQ-4216284)。

  • ネットワーク:

    • DNS キャッシング(CQ-4210176)。

    • Windows でプロキシを介した接続がサポートされます(CQ-4206854)。

  • Finder やエクスプローラーでのキャッシングとネットワーク共有へのアクセス:

    • Windows 10 でチェックアウトされたアセットに対してロックアイコンが表示されるようになりました(CQ-90957)。

    • ネットワーク共有でフォルダーの内容が非表示になったり再表示されたりすることがあります(CQ-4209160、CQ-4210180)。

    • アップロードキューステータスで報告された競合が原因でファイルのアップロード時にエラーが発生します(CQ-4215727)。

    • PS のデスクトップアプリフォルダーから複数のファイルを開いたときに、切り捨てられたファイルまたは不完全なファイルに関するメッセージが表示されることがあります(CQ-4216276)。

  • 安定性とパフォーマンスに関する修正:

    • 多数のアセットを含むフォルダーを参照するときのパフォーマンスが向上しました(CQ-4214933)。

    • デスクトップアプリケーション 1.5 が原因で、時間の経過と共にデスクトップマシンの速度が低下することがあります(CQ-4209159)。

    • キューステータスの表示機能は、アプリをインストールしたユーザーのみ使用できます(CQ-4212199)。

    • (Windows)32 ビットインストーラーに 64 ビットコードが含まれていないことを確認しました(CQ-4217406)。

  • 1.6 ベータ版で見つかり、修正された問題の選択:

    • CPU 使用率が高くなります(CQ-4218070)。

    • AEM にアップロードするときにファイルをドラッグ&ドロップするとエラーが発生します(CQ-4217006)。

AEM デスクトップアプリケーション 1.5 以降で使用可能な機能強化

Mac OS X 版のバージョン 1.5.1.5: 1.5.1.5 リリースには次の利点があります。

  • 新機能および機能強化:Finder 統合にコピー/貼り付け機能を追加し、デスクトップから AEM への直接転送を実現しました(CQ-4208158)。

  • バグの修正:

    • アセットの名前変更時に発生することがあったエラー 43 の問題を修正しました(CQ-4207900)。

    • AEM のタイムラインから古いバージョンに戻しても、Finder でアセットが更新されません(CQ-4205194)。

    • ネストされた大きなディレクトリを参照するとデスクトップアプリケーションがクラッシュします(CQ-4208539)。

    • デスクトップアプリケーションのマウントポイントが、すべてのユーザーで一貫して /Volumes/DAM になりました(CQ-4208159)。

    • ファイルを InDesign に初めて配置したときに更新の警告が出力されます(CQ-4207454)。

リンク警告に関する注意:Creative Cloud アプリケーション(InDesign など)では、アイテムが配置されたときにアイテムの最終更新日時の「スナップショット」が作成されます。その日付が後で変更された場合、Adobe Creative Cloud アプリはリンクが期限切れであることを報告します。これはいくつかの方法で報告されます。

  • Adobe Creative Cloud アプリを起動すると、リンクされたアセットが期限切れであることをユーザーに通知するダイアログが表示され、ユーザーに操作を促すメッセージが表示されます。

  • Adobe Creative Cloud アプリが既に実行されている場合は、リンクされたアセットに黄色い三角形の警告アイコンが表示されます。

この動作は、ローカルディスク上のアセットと AEM Desktop のマウントされたディレクトリ内のアセットで同じですが、次の例外があります。

  • 配置されたアセットが別のユーザーによって変更された場合、そのアセットを含むドキュメントを他のユーザーが最初に開いたときに警告アイコンが表示されます。これは、配置されたアセットが既にローカルにキャッシュされている場合にのみ発生します。

  • ユーザーが AEM Desktop のマウントされたディレクトリを介して配置されたアセットを変更し、ローカルキャッシュをクリアした場合は、配置されたアセットが期限切れとして報告されます。

このどちらのケースも予想される動作であり、AEM Desktop の「遅延同期」アーキテクチャの副作用です。

Mac OS X および Windows 版のバージョン 1.5.0.x:​このリリースの AEM デスクトップアプリケーションには、次のような利点があります。

  • ネットワークの問題に対する安定性と回復力の向上。

    • AEM Assets フォルダーのマッピングの安定性の向上(CQ-103276、CQ-4204669、CQ-4203957)。

    • キャッシュされたファイルの処理の改善(CQ-4204336、CQ-4206263)。

    • サイズが 2 GB を超える大きなファイルのダウンロード/アップロード処理の改善(CQ-4206438)。

    • Finder で多数のファイルの移動または名前の変更をおこなうときに発生する「エラー 36」を修正(CQ-4204640)。

  • AEM サーバーとのネットワーク通信の最適化(CQ-4204974、CQ-100903)。

  • Creative Cloud アプリで AEM アセットを開く、配置または保存するときの信頼性の向上(CQ-4203968、CQ-4205511、CQ-103543、CQ-4207141、CQ-90980)。

  • サポート性の向上:キャッシュをクリアするオプション(CQ-4202541)、ログへの簡単なアクセス(CQ-4202340、CQ-4204673)。

  • その他の修正:

    • 名前に日本語の文字を含むアセットやフォルダー/英語以外の言語設定のサポートの改善(CQ-4195433、CQ-4205793、CQ-4199446)。

    • SSL によるログイン処理の改善(CQ-4200217)。

    • 共有のマウントの信頼性の向上(CQ-4200793)。

    • 安定性に関する各種の改善(CQ-4207539、CQ-4200378)。

    • 環境設定での AEM Assets URL の処理の改善(CQ-97388)。

AEM デスクトップアプリケーション 1.4 以降で使用可能な機能強化

  • タッチ操作対応 UI の新しい作成/アップロードフォルダー操作による階層フォルダーのアップロードを簡略化しました。
    • この操作により、デスクトップアプリケーションによって実行されるフォルダーのアップロード操作が開始されます。
    • デスクトップアプリは、デスクトップ上の特定のフォルダー階層をバックグラウンドで走査し、ファイルを AEM Assets にアップロードします。
    • ユーザーは、進行中の操作の進捗状況バーを備えた新しいアップロードキューステータスウィンドウで進捗状況を監視できます。
    • アップロードキューステータスで提供されるトラブルシューティング情報も改善されました(サーバーへの接続がない、など)。
  • チェックアウトと開く操作を 1 つにまとめたタッチ操作対応 UI の新しい編集操作
  • タッチ操作対応 UI(AEM 6.3)でのデスクトップ関連の操作のグループ化を最適化しました。
  • 最新の OS リリースとの互換性が向上しました。
  • お客様から報告された問題を修正しました。

AEM デスクトップアプリケーション 1.3 以降で使用可能な機能強化

  • 効率性が向上しました。ネットワーク処理が完了するまでの待ち時間が短縮されました。
  • Finder 統合が改善されました。安定性が向上し、機能(サムネイルなど)へのアクセスが簡単になりました。
  • キャッシングとパフォーマンスが改善されました。
  • デスクトップアプリ(PS、ID、AI など)からの直接保存のサポートが改善されました。
  • Mac OS との統合が改善されました(ローカルネットワークドライブプロトコルが WebDAV からより安定性の高い SMB1 に変更されました)。
  • デスクトップアプリケーションは AEM のネイティブ HTTP RESTful プロトコルを使用して AEM サーバーに接続します。
  • ファイルはまずローカルに保存され、事前定義された時間(30 秒)の経過後にバックグラウンドで AEM にアップロードされます。これにより、ファイルの保存にかかる時間が短縮されます。
  • ファイルの保存に中間ファイル操作(部分保存や一時ファイル)を使用するデスクトップアプリケーションの処理が改善されました。これにより、AEM Assets のタイムラインに正しいバージョンとアセットのアップロード情報が表示されます。
  • バックグラウンドのアップロードタスクのステータスを追跡するダイアログが提供されました。

変更について

Mac 上のマウントポイント

MacOS 10.12(Sierra)以降、Apple は、ネットワークドライブおよびデバイスのマウントに使用される /Volumes フォルダーの権限に対する制限をより厳しくしました。ここに新しいマウントポイントを作成するには管理者権限が必要でした。この問題は MacOS 10.12.5 で修正されました。

AEM デスクトップアプリケーションは、ローカルマシン上で管理者権限を持たないユーザーに対しても動作する必要があります。そこで、1.4 および 1.5 において、AEM Assets リポジトリーのマウントポイントが MacOS のユーザーのローカルフォルダーの DAM サブフォルダーに変更されました(CQ-104183)。

/Volumes フォルダーに管理者権限が必要なくなったので、この変更は 1.5.1 で元に戻されました。これにより、AEM アセットが配置された InDesign ドキュメントを MacOS ユーザー間で共有することが可能になります。

プロトコルの変更(v1.3 以降)

  • Mac OS X:
    • OS X デスクトップ統合用ローカルネットワークドライブプロトコルが WebDAV から SMB1 に変更されました。
    • デスクトップアプリケーションでマウントされている AEM リポジトリーは、Finder で WebDAV ドライブではなく「smb」ネットワークドライブとして表示されます。
  • Windows:
    • Windows デスクトップ統合用のローカルネットワークドライブプロトコルはそのまま保持されます。AEM は、WebDAV 共有としてマウントされます.
  • 両方のプラットフォーム(Windows および Mac):
    • アセットへのアクセス、アセットのダウンロードおよび AEM への変更のアップロードをおこなうプロトコルがネイティブの AEM プロトコル(HTTP ベースの RESTful プロトコル)に変更されました。これにより、ネットワーク処理をより詳細に制御し、ネットワークインフラストラクチャとのより高い互換性を実現します。
メモ

Mac OS X では、ローカルネットワークドライブプロトコルが WebDAV から SMB1 に変更になったことで、リポジトリー内の同じアセットへのローカルパスが変わります。これは、「Place」コマンドで Adobe Creative Cloud アプリケーションに配置されたファイルへのリンクに影響することがあります。詳しくは、AEM デスクトップアプリケーションの使用を参照してください。

ファイル処理(v1.3 以降)

  • フォルダーは事前定義された時間(現在は 30 秒)が経過した後に自動的に更新されます。
  • 他のユーザーがチェックアウトしたユーザーは読み取り専用とマークされます。
  • ファイルは 2 つの段階を経てデスクトップアプリケーションを使用してマウントされたネットワークドライブの場所に保存されます。
  • 第 1 段階では、ファイルがローカルに保存されます。これにより、ファイルを保存しているユーザーはファイルが AEM に完全に転送されるのを待つ必要がなくなり、ファイルを保存してすぐに作業を再開できます。
  • 第 2 段階では、事前定義された時間(例:30 秒)の経過後に、更新されたファイルが AEM サーバーにアップロードされます。この処理はバックグラウンドで実行されます。アップロード処理のステータスを表示するには、「バックグラウンドのファイル同期ステータスを表示」オプションを使用します。

重要な注意点

フォルダーのアップロード:​より大きな階層フォルダーを AEM にアップロードする場合は、Finder またはエクスプローラーレベルからマウントされた AEM リポジトリーにコピー/ドラッグ&ドロップするのではなく、新しいフォルダーのアップロード機能を使用することをお勧めします。フォルダーのアップロード機能を使用する場合、デスクトップアプリケーションが AEM と直接通信するので、プロセス全体をより細かく制御できます。

AEM セッションを使用可能に保つ: AEM デスクトップアプリケーションでは、適切な操作を保証するために、AEM Assets サーバーに対して開いているセッションを利用します。ユーザーがデスクトップアプリケーションを毎日使用する場合は、1 日の終わりに AEM Assets をマウント解除してログアウトを強制し、朝になったら AEM Assets をマウントして、ユーザーがログインしていてネットワーク共有が稼働中であるようにすることをお勧めします。

Finder で「アイコンプレビュー」をオフにする:​特に低速なネットワーク接続で Finder を使用してサイズの大きなフォルダーを効率的に参照するには、「アイコン」と「アイコンプレビュー」の両方がオフになっていることを確認します。そうしないと、小さいプレビューを生成するために Finder がフォルダー内の各アセットのダウンロードを開始するので、パフォーマンスが低下し、帯域幅の使用量が大きくなる可能性があります(CQ-4219779)。

  • Finder で、AEM Assets 共有ネットワークフォルダーに移動します。
  • DAM マウントポイントを右クリックします。
  • 「表示オプションを表示」を選択します。
  • 「アイコンのプレビューを表示」を選択解除します。
  • 「デフォルトとして使用」をクリックします。

新しい AEM サーバーに接続するときにキャッシュをクリーンアップする:​デスクトップアプリケーションが、同じ URL を持つ別の AEM サーバーに接続するとき、キャッシュは自動的に消去されません。キャッシュを手動で消去して、適切な処理が実行されるようにします。これは通常、同じ URL で実行中に AEM インストール環境を置き換えることができるテストで発生します(CQ-4216982)。

CA によって署名された SSL 証明書を使用する: AEM デスクトップアプリケーションでは、セキュリティで保護された HTTPS 接続を介して AEM に接続する場合、自己署名 SSL 証明書をサポートしません。このような接続では、サーバーに CA 署名証明書が必要です(CQ-87941)。

既知の問題

  • 一般:
    • パスのないサーバーを指定するには、サーバー URL(例:http://serverhttps://serverhttp://server:porthttps://server:port)が必要です。/content/dam 以外のコンテキストパスやサブフォルダーはサポートされていません(CQ-89343、CQ-87272)。
  • ファイル名/ローカリゼーション:
    • 予約文字が含まれるファイル名やフォルダー名が正しく処理されません。AEM の要件を満たすファイル名およびフォルダー名を使用してください(CQ-93361、CQ-93308、CQ-89276、CQ-4217183)。
    • Adobe Illustrator などの一部のアプリケーションでは、AEM でサポートされていない名前のファイルが作成される場合があります。例えば、ファイルの変換後に Converted を付加すると、アップロードされなくなります(CQ-4216985)。
    • 各国語の名前を持つアセットでは、表示と非表示が数秒ごとに切り替わる場合があります
  • チェックインおよびチェックアウト:
    • あるユーザーによってチェックアウトされたアセットを別のユーザーがタッチ操作対応 UI の開く操作で開くことや、デスクトップで直接開くことはできません。アプリケーションによっては、このアセットを開こうとしたときに、アセットがロックされている、または破損していると報告される場合や、ハングすることもあります(CQ-4199234)。
    • 複数のユーザーがファイルを同時に変更すると、一部の変更内容が失われることがあります。この問題を回避するには、チェックイン/チェックアウト機能を使用して、複数のユーザーが同じファイルを変更できないようにします(CQ-97035)。
    • 一部のアプリケーションで読み取り専用フラグが正しくサポートされず、あるユーザーがチェックアウトしたファイルを別のユーザーが保存できてしまいます。変更されたファイルは別のユーザーがチェックインするまで転送されません。AEM では、両方の変更がアセットの別のバージョンとして有効になります(CQ-89551、CQ-87572、CQ-89615)。
    • チェックアウトと読み取り専用ステータスは Finder に別個に報告されます。これにより、ユーザーがアセットをチェックアウトすると 2 つの鍵アイコンが表示されます(CQ-89507)。
  • Finder の統合:
    • サイズの大きなファイルをドラッグ&ドロップすると、ファイルがバックグラウンドで転送されている間に Finder がタイムアウトすることがあります。その結果、「Error - 36」が発生します。回避策は、もう一度アセットをドラッグ&ドロップするか、開くことです(CQ-4219628)。
    • フォルダーの手動での再読み込みが機能しないことがあります。回避策:フォルダーが自動的に更新されるまで 30 秒待ちます(CQ-97389)。
    • 「アセットの詳細…」の使用は 1 つのファイルを選択しているときに限られます(CQ-89542、CQ-87656)。
    • 「AEM Assets の使用…」の使用は 1 つのファイルおよびフォルダーを選択しているときに限られます(CQ-83382)。
    • 拡張子のないアセットの名前を変更すると、エラーが発生します(CQ-4218971)。
  • コピー/ペースト機能:アセットがクリップボードにコピーされていないのに、ペーストを使用できてしまいます
  • Windows:
    • 代替データストリーム(ADS)を含むファイルは、NTFS でのみ完全にサポートされます。デスクトップアプリケーションによって提供される WebDAV 共有にこれらのファイルをコピーすると、新しい場所にコピーできないプロパティがファイルにあることをユーザーに警告するダイアログが表示されます。通常、この警告は問題ありません。なぜなら、プロパティはユーザーのデスクトップ上の特定のアプリケーションにのみ関連し、実際のファイルの内容とは関係がないからです(CQ-103770)。(Windows)
    • Windows 版のデスクトップアプリケーションは、使用するユーザーがインストールする必要があります(CQ-4216389)。(Windows)
    • 特定の条件下(接続切断時のバルクアップロード再開後)でアップロードが失敗したときに Retry オプションを選択すると、デスクトップアプリケーションがクラッシュすることがあります(CQ-4251884)。(Windows)

参考リソース

互換表と前提条件

AEM デスクトップアプリケーションは、様々なバージョンの AEM で動作します。サポートされているバージョンについては、互換表を参照してください。

バージョン リビジョン リリース日 互換性
1.10 1.10.0.3(Mac および Windows) 2018 年 9 月 1 日 AEM 6.5、AEM 6.4 SP1、AEM 6.3 SP2、AEM 6.2 SP1 CFP2+、AEM 6.1 SP2 CFP7+
1.9 1.9.1.1(Mac および Windows) 2018 年 6 月 22 日 AEM 6.4、AEM 6.3 SP1、AEM 6.2 SP1 CFP2+、AEM 6.1 SP2 CFP7+
1.8 1.8.1.0(Mac および Windows) 2018 年 3 月 29 日 AEM 6.4、AEM 6.3 SP1、AEM 6.2 SP1 CFP2+、AEM 6.1 SP2 CFP7+
1.7 1.7.0.3(Mac および Windows) 2018 年 1 月 11 日 AEM 6.3 SP1、AEM 6.2 SP1 CFP2+、AEM 6.1 SP2 CFP7+

このページ