Brand Portal で Experience Manager Assets を設定

Adobe Experience Manager Assets Brand Portal を設定すると、承認済みのブランドアセットを Adobe Experience Manager Assets as a Cloud Service インスタンスから Brand Portal に公開し、Brand Portal ユーザーに配信できます。

Cloud Manager を使用して Brand Portal をライセンス認証する

Cloud Manager ユーザーは、Experience Manager Assets の Brand Portal を Cloud Service インスタンスとしてアクティブ化します。アクティブ化のワークフローを行うと、バックエンドで必要な設定(認証トークン、IMS 設定および Brand Portal クラウドサービス)が作成され、Cloud Manager の Brand Portal テナントのステータスが反映されます。Brand Portal をアクティブ化すると、Experience Manager Assets のユーザーが Brand Portal にアセットを公開して、Brand Portal ユーザーに配信できるようになります。

前提条件

AEM Assets as a Cloud Service インスタンスで Brand Portal をアクティブ化するには、次のものが必要です。

  • 稼働中の Experience Manager Assets as a Cloud Service インスタンス。
  • Cloud Manager 製品のプロファイルに割り当てられている、Cloud Manager にアクセスできるユーザー。詳しくは、Cloud Manager へのアクセスを参照してください。
メモ

Experience Manager Assets as a Cloud Service インスタンスが接続できる Brand Portal テナントは 1 つだけです。Experience Manager Assets as Cloud Service インスタンスには複数の環境(開発、実稼働、ステージ)を設定できますが、その中で Brand Portal をアクティブ化できるのは 1 つの環境です。

Brand Portal をアクティブ化する手順

Brand Portal は、Experience Manager Assets as a Cloud Service インスタンスの環境を作成している間でも、個別でもアクティブ化できます。環境が既に作成され、Brand Portal をライセンス認証する必要があるとします。

  1. Adobe Cloud Manager にログインし、「環境」に移動します。

    環境​ページには、既存の環境のリストが表示されます。

  2. 環境の詳細を表示するリストから環境を(1 つずつ)選択します。

    Brand Portal には利用可能な環境のうちいずれかの権利が付与され、環境情報​に反映されます。

    Brand Portal に関連付けられている環境を見つけたら、「Brand Portal のライセンス認証」ボタンをクリックして、アクティベーションワークフローを開始します。

    Brand Portal のライセンス認証

  3. アクティベーションワークフローがバックエンドで必要な設定を作成するので、Brand Portal テナントのライセンス認証に数分かかります。Brand Portal テナントがライセンス認証されると、ステータスが「アクティベート済み」に変わります。

    表示ステータス

メモ

Brand Portal は、Experience Manager Assets as Cloud Service インスタンスと同じ IMS 組織でアクティブ化する必要があります。

Brand Portal のクラウド設定(Adobe Developer Console を使用して手動で設定)がすでに IMS 組織(org1-existing)にあり、Experience Manager Assets as a Cloud Service インスタンスが別の IMS 組織(org2-new)に設定されている場合、Cloud Manager から Brand Portal をアクティブ化すると Brand Portal の IMS 組織は org2-new に再設定されます。org1-existing で手動で設定したクラウド設定は、Experience Manager Assets のオーサーインスタンスに表示されますが、Cloud Manager で Brand Portal をアクティブ化すると使用されなくなります。

既存の Brand Portal クラウド設定と Experience Manager Assets as a Cloud Service インスタンスが同じ IMS 組織(org1)を使用している場合は、Cloud Manager から Brand Portal をアクティブ化するだけで済みます。

自動生成された設定は変更しないでください。

関連トピック

Brand Portal テナントへのログイン

Cloud Manager で Brand Portal テナントをライセンス認証した後、Admin Console から、またはテナント URL を使用して直接 Brand Portal にログインできます。

Brand Portal テナントのデフォルト URL は https://<tenant-id>.brand-portal.adobe.com/ です。

ここで、テナント ID は IMS 組織です。

ブランドポータルの URL が不明な場合は、次の手順を実行します。

  1. Admin Consoleにログインし、「製品」に移動します。

  2. 左パネルの「Adobe Experience Manager Brand Portal - Brand Portal」を選択します。

  3. Brand Portal に移動」をクリックして、ブラウザーで直接 Brand Portal を開きます。

    または、Brand Portal へ移動​リンクから Brand Portal テナント URL をコピーし、ブラウザーに貼り付けて Brand Portal インターフェイスを開きます。

    Brand Portal にアクセス

接続をテストします。

次の手順を実行して、Experience Manager Assets as a Cloud Service インスタンスと Brand Portal テナントの接続を検証します。

  1. Experience Manager Assets にログインします。

  2. ツール​パネルで、導入配布版​に移動します。

    Brand Portal 配布エージェント(bpdistributionagent0)は、「Brand Portal に公開」の下に作成されます。

  3. Brand Portal に公開」をクリックして、配布エージェントを開きます。

    ステータス」タブに配布キューが表示されます。

    配布エージェントには、次の 2 つのキューが含まれます。

    • processing-queue:Brand Portal へのアセット配布用。

    • error-queue:配布が失敗したアセット用。

    メモ

    エラーを確認し、error-queue を定期的に消去することをお勧めします。

  4. Experience Manager Assets as a Cloud Service と Brand Portal の間の接続を確認するには、「接続をテスト」アイコンをクリックします。

    テストパッケージが正常に配信された​ことを示すメッセージが表示されます。

    メモ

    配布エージェントを無効にしないでください。無効にすると、(実行中のキュー内の)アセットの配布が失敗する可能性があります。

Experience Manager Assets as a Cloud Service インスタンスと Brand Portal テナントの間の接続を検証するには、Experience Manager Assets から Brand Portal にアセットを公開します。接続に成功すると、公開されたアセットが Brand Portal インターフェイスに表示されます。

次の操作が可能になっています。

詳しくは、 Brand Portal ドキュメント を参照してください。

配布ログ

配布エージェントのログで、アセット発行ワークフローを監視できます。

Experience Manager Assets から Brand Portal にアセットを公開し、ログを確認します。

  1. 設定のテスト」節で示した手順(1 ~ 4)に従い、配布エージェントページに移動します。

  2. ログ 」をクリックして、処理ログとエラーログを表示します。

配布エージェントは次のログを生成します。

  • 情報:これは、配布エージェントの構成が正常に完了したときにトリガーされるシステムが生成するログです。
  • DSTRQ1(リクエスト 1):テスト接続時にトリガーされます。

アセットの公開時に、次の要求および応答ログが生成されます。

配布エージェントの要求

  • DSTRQ2(リクエスト 2):アセットの公開リクエストがトリガーされます。
  • DSTRQ3(リクエスト 3):システムは、アセットが存在する Experience Manager Assets フォルダーを公開する別の要求をトリガーし、そのフォルダーを Brand Portal に複製します。

配布エージェントの応答

  • queue-bpdistributionagent0(DSTRQ2):アセットが Brand Portal に公開されます。
  • queue-bpdistributionagent0(DSTRQ3):システムは、アセットが存在する Experience Manager Assets フォルダーを Brand Portal に複製します。

上記の例では、追加の要求と応答がトリガーされます。アセットが初めて公開されたため、システムは Brand Portal で親フォルダー(パスの追加)を見つけることができず、アセットが公開されている Brand Portal で同じ名前の親フォルダーを作成する追加リクエストをトリガーしました。

メモ

親フォルダーが Brand Portal に存在しない場合や Experience Manager Assets で変更された場合には、追加のリクエストが生成されます。

Experience Manager Assets as a Cloud Service で Brand Portal をアクティブ化する自動処理ワークフロー以外に、Adobe Developer Console を使用して Brand Portal で Experience Manager Assets as a Cloud Service を手動で設定する方法もありますが、こちらの方法はお勧めしません。

メモ

Brand Portal テナントのライセンス認証中に問題が発生した場合は、カスタマーサポートにお問い合わせください。

Adobe Developer Console を使用した手動設定

次の節では、Adobe Developer Console を使用して、Brand Portal で Experience Manager Assets as a Cloud Service を手動で設定する方法について説明します。

以前は、Experience Manager Assets as a Cloud Service は、Brand Portal で Adobe Developer Console を介して手動で設定されており、Brand Portal テナントの認証のために Adobe Identity Management Services(IMS)アカウントトークンを入手していました。それには、Experience Manager Assets と Adobe Developer Console の両方で設定を行う必要があります。

  1. Experience Manager Assets で、IMS アカウントを作成して公開鍵(証明書)を生成します。
  2. Adobe 開発者コンソールで、Brand Portal テナント(組織)用のプロジェクトを作成します。
  3. そのプロジェクトで、公開鍵で API を設定して、サービスアカウント接続を作成します。
  4. サービスアカウント資格情報と JSON Web トーケン(JWT)ペイロード情報を取得します。
  5. Experience Manager Assets で、サービスアカウント資格情報と JWT ペイロードを使用して IMS アカウントを設定します。
  6. Experience Manager Assets で、IMS アカウントと Brand Portal エンドポイント(組織 URL)を使用して Brand Portal クラウドサービスを設定します。
  7. Experience Manager Assets から Brand Portal にアセットを公開して、設定をテストします。
メモ

Experience Manager Assets as a Cloud Service インスタンスは、1 つの Brand Portal テナントでのみ設定される必要があります。

前提条件

Brand Portal で Experience Manager Assets を設定するには、以下が必要です。

  • 稼働中の Experience Manager Assets as a Cloud Service インスタンス
  • Brand Portal テナント URL
  • Brand Portal テナントの IMS 組織に対するシステム管理者権限を持つユーザー

設定の作成

指定した順序で次の手順を実行して、Brand Portal で Experience Manager Assets を設定します。

  1. 公開証明書の取得
  2. サービスアカウント(JWT)接続の作成
  3. IMS アカウントの設定
  4. Cloud Service の設定

IMS 設定の作成

IMS 設定では、Brand Portal テナントで Experience Manager as a Cloud Service インスタンスを認証します。

IMS 設定には、次の 2 つの手順が含まれます。

公開証明書の取得

公開鍵(証明書)は、Adobe 開発者コンソールでプロファイルを認証します。

  1. Experience Manager Assets にログインします。

  2. ツール​パネルで、セキュリティAdobe IMS 設定​に移動します。

  3. Adobe IMS 設定ページで、「作成」をクリックします。Adobe IMS 技術アカウント設定​ページにリダイレクトされます。デフォルトでは、「証明書」タブが開きます。

  4. クラウドソリューション」ドロップダウンリストで「Adobe Brand Portal」を選択します。

  5. 新しい証明書を作成」チェックボックスをオンにして、公開鍵の エイリアス を指定します。ここで入力したエイリアスが、公開鍵になります。

  6. 証明書を作成」をクリックします。「OK」をクリックして公開証明書を生成します。

    証明書を作成

  7. 公開鍵をダウンロード アイコンをクリックして、公開鍵(CRT)ファイルをローカルマシンに保存します。

    この公開鍵は、Brand Portal テナントの API を設定し、Adobe 開発者コンソールでサービスアカウント資格情報を生成するために後で使用します。

    証明書をダウンロード

  8. 次へ」をクリックします。

    アカウント」タブで、Adobe IMS アカウントが作成されます。このアカウントには、Adobe 開発者コンソールで生成されるサービスアカウント資格情報が必要です。このページは開いたままにしておきます。

    新しいタブを開き、 Adobe 開発者コンソールでサービスアカウント(JWT)接続を作成 して、IMS アカウントを設定するための資格情報と JWT ペイロードを取得します。

サービスアカウント(JWT)接続の作成

Adobe 開発者コンソールで、プロジェクトと API を Brand Portal テナント(組織)レベルで設定します。API を設定すると、サービスアカウント(JWT)接続が作成されます。API を設定するには、キーペア(秘密鍵と公開鍵)を生成する方法と、公開鍵をアップロードする方法の 2 とおりがあります。Brand Portal で Experience Manager Assets を設定するには、Experience Manager Assets で公開鍵(証明書)を生成し、その公開鍵をアップロードして Adobe 開発者コンソールで資格情報を作成する必要があります。これらの資格情報は、Experience Manager Assets で IMS アカウントを設定するために必要です。IMS アカウントを設定したら、Experience Manager Assets に Brand Portal クラウドサービスを設定できます。

サービスアカウント資格情報と JWT ペイロードを生成するには、次の手順を実行します。

  1. IMS 組織(Brand Portal テナント)のシステム管理者権限で Adobe 開発者コンソールにログインします。デフォルトの URL は https://www.adobe.com/go/devs_console_ui です。

    メモ

    右上隅にあるドロップダウン(組織)リストから正しい IMS 組織(Brand Portal テナント)が選択されていることを確認します。

  2. 新規プロジェクトを作成」をクリックします。システムで生成された名前を持つ空のプロジェクトが組織に対して作成されます。

    プロジェクトを編集」をクリックして、「プロジェクトタイトル」と「説明」をアップデートし、「保存」をクリックします。

  3. プロジェクトの概要」タブで、「API を追加」をクリックします。

  4. API を追加​ウィンドウで、「AEM Brand Portal」を選択し、「次へ」をクリックします。

    Experience Manager Brand Portal サービスにアクセスできることを確認します。

  5. API を設定​ウィンドウで、「公開鍵をアップロード」をクリックします。次に、「ファイルを選択」をクリックし、公開証明書の取得のセクションでダウンロードした公開鍵(.crt ファイル)をアップロードします。

    次へ」をクリックします。

    「公開鍵をアップロード」

  6. 公開鍵を確認し、「次へ」をクリックします。

  7. デフォルトの製品プロファイルとして「Assets Brand Portal」を選択し、「設定済み API を保存」をクリックします。

    製品プロファイルを選択

  8. API が設定されると、API の概要ページにリダイレクトされます。左側のナビゲーションツリーで「資格情報」の下の「サービスアカウント(JWT)」オプションをクリックします。

    メモ

    資格情報を確認し、必要に応じて、JWT トークンの生成、資格情報の詳細のコピー、クライアントの秘密鍵の取得などのアクションを実行できます。

  9. クライアント資格情報」タブから、クライアント ID をコピーします。

    クライアント秘密鍵を取得」をクリックし、クライアントの秘密鍵​をコピーします。

    サービスアカウント資格情報

  10. JWT を生成」タブに移動し、JWT ペイロード​情報をコピーします。

これで、クライアント ID(API キー)、クライアントの秘密鍵、JWT ペイロードを使用して、Experience Manager Assets に IMS アカウントを設定 できるようになりました。

IMS アカウントの設定

次の手順を実行したことを確認します。

IMS アカウントを設定するには、次の手順を実行します。

  1. IMS 設定を開き、「アカウント」タブに移動します。公開証明書の取得中も、ページは開いたままになっています。

  2. IMS アカウントの​タイトル​を指定します。

    認証サーバー」フィールドで、URL「 https://ims-na1.adobelogin.com/」を指定します。

    API キー​にクライアント ID を指定し、サービスアカウント(JWT)接続の作成時にコピーした​クライアントの秘密鍵​と​ペイロード(JWT ペイロード)を貼り付けます。

    作成」をクリックします。

    IMS アカウントが設定されます。

    IMS アカウントの設定

  3. その IMS アカウント設定を選択し、「正常性をチェック」をクリックします。

    ダイアログボックスの「チェック」をクリックします。正常に設定されると、トークンが正常に取得されました​というメッセージが表示されます。

注意

IMS 設定は 1 つだけにする必要があります。

IMS 設定がヘルスチェックに合格していることを確認します。設定がヘルスチェックに合格しない場合は無効です。削除して、新しい有効な設定を作成する必要があります。

Cloud Service の設定

Brand Portal Cloud Service を設定するには、次の手順を実行します。

  1. Experience Manager Assets にログインします。

  2. ツール​パネルで、クラウドサービスAEM Brand Portal に移動します。

  3. Brand Portal の設定ページで、「作成」をクリックします。

  4. 設定の​タイトル​を入力します。

    IMS アカウントの設定 時に作成した IMS 設定を選択します。

    サービス URL」に、Brand Portal テナント(組織)URL を入力します。

  5. 保存して閉じる」をクリックします。クラウド設定が作成されます。

    これで、Experience Manager Assets as Cloud Service インスタンスが Brand Portal で設定されました。

これで、配信エージェントを確認し、Brand Portal にアセットを公開することで、設定をテストできます。

このページ