AEM Communities の概要

最終更新日: 2023-10-20
  • トピック:
  • Communities
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • User

Adobe Experience Manager(AEM)Communities を使用すると、パフォーマンスの向上、サイト管理の向上、貴重なコミュニティメンバーへのサイト訪問者の転換を促すオンプレミスのコミュニティサイトをすばやく作成できます。

Communities の機能

AEM Communitiesを使用すると、サイト訪問者との関係を構築できます。次の機能があります。

  • 通知 ブログ、Q&A、イベントカレンダーを通じて
  • While 洞察を得る フォーラム、コメント、その他のコミュニティコンテンツを通じて、多くの場合、ユーザー生成コンテンツ (UGC) と呼ばれます。
  • 可能です。 モデレート パブリッシュ環境の信頼できるメンバーによって
  • ソーシャルログイン twitterとFacebook
  • インライン翻訳 コミュニティコンテンツの
  • コミュニティグループの作成 公開されたコミュニティサイトから
  • スコア バッジを授与する
  • ファイルの共有,
  • 通知 および アクティビティストリーム,
  • 許可 タグ付け (@mention) ユーザー生成コンテンツに登録された他のメンバーの注意を引くため。

コミュニティの機能は、 AEM Demo Machine GitHub.comで公開されているか、新しい We.Retail 参照実装。

コミュニティサイト

コミュニティサイトは、簡単なウィザードを使用して作成されたAEMサイトで、多くの共通機能があらかじめサイトに組み込まれた Web サイトになります。

The サイト作成ウィザード:

  • 選択したに基づいてサイトの機能を構築します コミュニティサイトテンプレート 例:

  • 設定を使用して次の設定を行います。

    • モデレート
    • ログイン
    • 翻訳
  • 次の基本的な機能を提供します。

    • レスポンシブデザイン:を使用 TwitterBootstrapテーマ

    • ログイン:自己登録 ソーシャルログイン、ユーザープロファイル

      • 通知:メンバーは、自分に関連するイベントと、その場所にユーザー生成コンテンツを表示します。 @mentioned.

      • メッセージ:メンバーはコミュニティサイト内でメッセージを送受信できます。

      • 検索:コミュニティサイト内での検索機能。

      • 言語の切り替え: 多言語サイト.

      • 管理:コミュニティサイト内のユーザーをモデレートおよび管理する権限を持つメンバーのアクセス権。

  • 次の多くのページレベルのオーサリング手順を排除:

    • ブランディング:コミュニティサイトのすべてのページに表示するバナー画像のアップロード(オプション)
    • ナビゲーションメニュー:コミュニティサイトテンプレートに含まれる機能に対してナビゲーションリンクが提供されます。

簡単にコミュニティサイトを簡単に作成するには、 AEM Communitiesの概要.

コミュニティコンテンツの持続性

コミュニティコンテンツのパフォーマンスと同期を向上させるために、AEM Communitiesには、すべてのAEM(オーサーおよびパブリッシュ)インスタンス間で共有される、ユーザー生成コンテンツ (UGC) 用の共通ストアが必要です。

コミュニティコンテンツには、ストレージリソースプロバイダー (SRP) を通じて簡単にアクセスできます。SRP は、基になるトポロジとは別にアクセスするためのレイヤーを提供し、UGC 用の共通ストアをサポートします。

コミュニティコンテンツの永続性と推奨されるデプロイメントについて詳しくは、以下を参照してください。

コミュニティコンソール

オーサー環境では、グローバルナビゲーションコンソールから コミュニティコンソール(次を含む)

  • サイトコンソール

  • モデレート コンソール

    • オーサー環境とパブリッシュ環境に共通の一括モデレート UI です。
    • 新しいフィルター条件。
  • メンバーとグループ 管理コンソール

    • オーサー環境からパブリッシュ側のユーザー(メンバー)を作成および管理できます。
    • メンバーを禁止できます。
    • オーサー環境からパブリッシュ側のユーザーグループ(メンバーグループ)を作成および管理できます。
  • レポート コンソール

    • 割り当て、投稿およびビューに関するレポートを生成できます。

グローバルツールコンソールから、次のコミュニティツールにアクセスできます。

コミュニティサイトテンプレート

コミュニティサイトの作成は、サンプルサイトとは独立したコミュニティサイトをすばやく設定するために、コミュニティサイトテンプレートの選択に基づいておこなわれます。

コミュニティサイトテンプレートは、コミュニティ機能とコミュニティグループテンプレートで構成され、コミュニティサイトの構造を提供します。 ログイン、ユーザープロファイル、メッセージング、サイトメニュー、検索、テーマ設定、ブランディング機能が含まれます。

詳しくは、 サイトテンプレートコンソール.

コミュニティ機能

コミュニティ体験で期待される機能は、よく知られています。 AEM Communitiesでは、これらの機能はコミュニティ機能と呼ばれる構築ブロックとして使用できます。

コミュニティ機能は、通常のAEMページで、コミュニティサイトテンプレートに簡単に組み込むことのできる機能内に組み込まれたコンポーネントを含みます。

詳しくは、 コミュニティ機能コンソール.

コミュニティグループとグループテンプレート

コミュニティグループ機能を使用すると、許可されたユーザーとコミュニティメンバーがオーサー環境とパブリッシュ環境の両方からコミュニティサイト内にサブコミュニティを動的に作成できます。

テンプレートの構造に Groups 関数 [Groups かんすう ].

コミュニティグループを作成するには、コミュニティグループページのデザインを提供するコミュニティグループテンプレートを選択する必要があります。 グループ機能をテンプレート構造に追加すると、1 つのグループテンプレートを指定するか、新しいコミュニティグループの作成時にテンプレートの選択肢を提供するように設定されます。

関連トピック:

コミュニティコンポーネント

The コミュニティコンポーネント コミュニティサイトを構築する際に、AEMサイトにコミュニティ機能を追加する際に使用できます。

The コミュニティコンポーネントガイド は、コンポーネントをインタラクティブに調査するために使用できます。

Engagement Community

エンゲージメントコミュニティとは、顧客のエンゲージメントに焦点を当てたコミュニティサイトで、顧客に対して、情報を提供し、フィードバックを提供し、顧客がコミュニティメンバーとしてやり取りできるようにします。

エンゲージメントコミュニティの機能には次のものが含まれます。

  • ログイン
  • メッセージ
  • フォーラム
  • コメント
  • レビュー
  • 評価
  • 投票
  • ブログ
  • グループ
  • カレンダー
  • 翻訳
  • モデレート
  • 通知
  • スコアとバッジ
  • Analytics レポート

エンゲージメントコミュニティを素早く簡単に作成するには、次を参照してください。 AEM Communitiesの概要.

AEM Demo Machine

The AEM Demo Machine AEMのデモを管理および実行します Sites, Assets, Communities, アプリ および Forms(多くの場合、クイックスタートインスタンスを起動するよりも多くの設定が必要です)。 AEM Demo Machine は、追加の インフラ (MongoDB、Solr、MySQL、FFmpeg、電子メールサーバーなど)。

AEM Demo Machine には、以下が含まれます。

AEM Demo Machine は、Windows、macOS、および Linux®上で CQ 5.5、CQ 5.6.1、AEM 6.0、AEM 6.1、AEM 6.2、AEM 6.3、AEM 6.4 で正常にテストされました。

AEM Demo Machine には、有効なAEMライセンスが必要です。

メモ

を表示します。 ビデオの紹介 をAEM Demo Machine (13:26)に追加します。

AEM Communities Documentation

  • 訪問 コミュニティのデプロイ ここで、推奨されるデプロイメントについて説明します。
  • 訪問 コミュニティサイトの管理 コミュニティサイトの作成、コミュニティグループの追加、コミュニティサイトテンプレートの設定、コミュニティコンテンツのモデレート、メンバーの管理、タグ付け、通知、スコア付け、バッジの設定について学習できます。
  • 訪問 コミュニティの開発 ここでは、ソーシャルコンポーネントフレームワーク (SCF) とコミュニティのコンポーネントおよび機能のカスタマイズについて学習できます。
  • 訪問 コミュニティコンポーネントのオーサリング ここでは、コミュニティコンポーネントを使用して作成および設定する方法について説明します。

このページ