We.Retail のコアコンポーネントの使用

最終更新日: 2023-05-04
  • トピック:
  • Developing
    このトピックの詳細を表示
  • 作成対象:
  • Developer
注意

AEM 6.4 の拡張サポートは終了し、このドキュメントは更新されなくなりました。 詳細は、 技術サポート期間. サポートされているバージョンを見つける ここ.

コアコンポーネントは、拡張が容易な最新の柔軟なコンポーネントで、プロジェクトに簡単に統合できます。 コアコンポーネントは、HTL、すぐに使用できる操作性、設定性、バージョン管理、拡張機能など、いくつかの主要なデザイン原則に基づいて構築されています。 We.Retail は、コアコンポーネントを基に構築されています。

試す

  1. We.Retail サンプルコンテンツでAEMを起動し、 コンポーネントコンソール.

    グローバルナビゲーション/ツール/コンポーネント

  2. コンポーネントコンソールでパネルを開くと、特定のコンポーネントグループに対してフィルタリングできます。 コアコンポーネントは、

    • .core-wcm:標準コアコンポーネント
    • .core-wcm-form:フォーム送信コアコンポーネント

    .core-wcm を選択します。

    chlimage_1-162

  3. すべてのコアコンポーネントの名前は v1(このコアコンポーネントの最初のバージョンであることを反映) 今後、通常のバージョンがリリースされる予定です。これは、AEMとのバージョン互換性があり、アップグレードが容易なので、最新の機能を活用できます。

  4. クリック テキスト (v1).

    コンポーネントの​リソースタイプ​が /apps/core/wcm/components/text/v1/text であることを確認します。コアコンポーネントは /apps/core/wcm/components の下にあり、コンポーネントごとにバージョン管理されます。

    chlimage_1-163

  5. ドキュメント」タブをクリックして、コンポーネントの開発者用ドキュメントを表示します。

    chlimage_1-164

  6. コンポーネントコンソールに戻ります。 グループのフィルター We.Retail をクリックし、 テキスト コンポーネント。

  7. リソースタイプ​が /apps/weretail 下の想定したコンポーネントを指していることを確認します。ただし、リソースのスーパータイプ​は元のコアコンポーネント /apps/core/wcm/components/text/v1/text を指しています。

    chlimage_1-165

  8. ライブ使用状況」タブをクリックして、このコンポーネントが現在使用されているページを表示します。最初の​ありがとう​ページをクリックしてページを編集します。

    chlimage_1-166

  9. ありがとうページで、テキストコンポーネントを選択し、コンポーネントの編集メニューで継承をキャンセルアイコンをクリックします。

    We.Retail はグローバル化されたサイト構造を持っています コンテンツが言語マスターからにプッシュされる場所 継承という仕組みを通じたライブコピー. このため、ユーザーが手動でテキストを編集できるように、継承をキャンセルする必要があります。

    chlimage_1-167

  10. はい」をクリックしてキャンセルを確定します。

    chlimage_1-168

  11. 継承をキャンセルしてテキストコンポーネントを選択すると、さらに多くのオプションを使用できるようになります。「編集」をクリックします。

    chlimage_1-169

  12. テキストコンポーネントに使用できる編集オプションが表示されます。

    chlimage_1-170

  13. 次の ページ情報 メニュー選択 テンプレートを編集.

  14. ページのテンプレートエディターで、 ポリシー アイコン レイアウトコンテナ 」と入力します。

    chlimage_1-171

  15. コアコンポーネントを使用すれば、テンプレート作成者は、ページ作成者が使用できるプロパティを設定できます。 これには、許可された貼り付けソース、書式設定オプション、使用可能な段落スタイルなどの機能が含まれます。

    このようなデザインダイアログは、多くのコアコンポーネントで使用でき、テンプレートエディターと連携して作業できます。 有効にすると、コンポーネントエディターで作成者が使用できるようになります。

    chlimage_1-172

その他の情報

コアコンポーネントについて詳しくは、オーサリングドキュメントのコアコンポーネントでコアコンポーネント機能の概要を参照し、開発者用ドキュメントのコアコンポーネントの開発で技術的な概要を参照してください。

また、編集可能テンプレートも詳しく調査することをお勧めします。編集可能テンプレートについて詳しくは、オーサリングドキュメントのページテンプレートの作成または開発者用ドキュメントのページテンプレート - 編集可能を参照してください。

このページ