スキーマの検証

検証プロセスでは、アップロードした属性(文字列、整数、数値など)に表示名と説明をマッピングできます。これらの設定に基づいてスキーマが作成されます。このスキーマは、このデータソースに今後アップロードされるすべてのデータの検証に使用されます。マッピングプロセスによって元のデータが変更されることはありません。

メモ

検証後にスキーマを更新すると、顧客属性が削除されます。スキーマの更新(属性の削除)を参照してください。

顧客属性ソース新しい顧客属性ソースを作成スキーマを表示 / 編集

スキーマの検証 ページでは、スキーマの各行は、アップロードされた CSV ファイルの列を表しています。

  • データの追加:​新しい属性データをこのデータソースにアップロードできます。

  • スキーマを表示 / 編集:​次の手順で説明するように、表示名を属性データにマッピングします。

  • FTP のセットアップ:FTP を使用してデータをアップロードします

  • ID 検索:.csv から顧客 ID(CID)を入力して、その ID の Experience Cloud 情報を検索します。この機能は、訪問者に対して属性データが表示されない理由をトラブルシューティングするのに役立ちます。

    • ECID(Experience Cloud ID):​最新の Experience Cloud ID サービスを使用している場合に表示されます。MCID サービスを使用していても、ここに ID がリストされない場合、Experience Cloud はその CID のエイリアスを受け取っていません。つまり、その訪問者がログインしていないか、実装がその ID を渡していません。

    • CID(顧客 ID):​この CID と関連付けられている属性。prop または eVar を使用して CID(AVID)をアップロードし、属性は表示されるが AVID は表示されない場合は、訪問者がサイトにログインしていないことを意味します。

    • AVID(Analytics 訪問者 ID): prop または eVar を使用して CID をアップロードする場合に表示されます。これらの ID が Experience Cloud に渡されている場合、入力した CID に関連付けられている訪問者 ID がここに表示されます。

Experience Cloud に顧客属性ソースと FTP アカウントを作成したら、FTP を使用してデータをアップロードすることもできます。属性ソースごとに 1 つの FTP アカウントを作成できます。アップロードしたファイルは、そのアカウントのルートフォルダーに保存されます。データは .csv 形式にする必要があります。2 つ目の .fin ファイルは、アップロードが完了したことを示します。

文字列、整数および数値に適用する名前は、Analytics 指標の作成に使用されます。

  • 属性:​アップロードされた .csv ファイルから読み出された属性データ。

  • タイプ:​データタイプ。次のようなものがあります。

    • 文字列:​一連の文字。

    • 整数: ゼロ、正の自然数および負の自然数。

    • 数値:​小数第 2 位まで取ることができます。

  • 表示名:​属性のわかりやすい名前。例えば、顧客の年齢​を、顧客となった年数​に変更できます。

  • 説明:​属性のわかりやすい説明。

このページ