Adobe Target の cookie

Adobe Target では、オンラインコンテンツのテスト機能を実現する目的と、より関連性の高いコンテンツを訪問者に対して表示する目的で、Web サイト運用者向けに cookie を使用します。

cookie の期間を除き、必要に応じてこれらの設定を変更できます。 cookie の設定を変更する場合は、アカウント担当者にお問い合わせください。

メモ

Adobe Target ユーザーは、カスタマイズされたサードパーティ cookie を作成することもできます。

設定 情報
cookie 名 mbox です。
cookie ドメイン mbox を扱うドメインの 2 番目および最上位のレベルです。会社のドメインなので、cookie はファーストパーティ cookie になります。例:mycompany.com
サーバードメイン clientcode.tt.omtrdc.netAdobe Target。アカウントのクライアントコードを使用します。
cookie の期間 cookieが訪問者のブラウザーに残る期間は、訪問者が最後にログインしてから2年です。 cookie の期間は変更できません。
メモ

いずれかのドメイン名に国コード(mycompany.co.ukなど)が含まれている場合は、クライアントサービスに問い合わせて、このコードをサポートするようにat.jsを設定してください。

cookieには、訪問者がAdobe Targetキャンペーンを体験する方法を管理する値がいくつか保持されます。

定義
session ID 特定のユーザーセッションの一意の ID。デフォルトでは、セッションは 30 分間無操作状態が続くと有効期限が切れます。sessionId を自分で生成する場合(例えば、サーバーサイド実装の場合)は、以下を確認します。
  • セッション ID には、スペース、疑問符(?)、またはスラッシュ( / )以外の印刷可能な文字列を使用できます。
  • *セッションIDの長さは1~128文字にする必要があります。
  • 特定のセッションでは、その値は複数のリクエスト間で同じにする必要があります
  • 特定の訪問者に対して、どの時点でも並列セッション(個別の sessionIds)を使用しないでください。
エッジクラスター内の特定のノードへのルーティングは、セッション ID を使用して行われます。
  • セッションは、サーバサイドで 30 分間アクティブです。 したがって、tntId/thirdPartyId でおこなわれた最後のリクエストから 30 分以内に、特定の tntId/thirdPartyId に対して異なるセッション ID を使用しないでください。そうしないと、プロファイルに対する変更に一貫性がなく、予測できないことがあります。
  • 同じセッション ID を複数の tntIds/thirdPartyIds と共に使用すると、tntId/thirdPartyIDs で識別されるプロファイルに予期しない変更が加えられる可能性があります。
注意:特定の セッションIDの同時要 求数の制限を参照してください。
pc ID 訪問者のブラウザーの半永久的な ID です。cookie が手動で削除されるまで存続します。
check 訪問者が cookie をサポートするかどうかを判別するために使用される簡単なテスト値。訪問者がページをリクエストするたびに設定されます。
disable 訪問者の読み込み時間が at.js ファイルで設定されているタイムアウトを超えた場合に設定されます。デフォルトでは、このタイムアウトは1時間存続します。

このページ