プロファイルの作成

Adobe Campaign では、メッセージのメインターゲットを定義する際に、プロファイルがデフォルトで使用されます。

メモ

プロファイルの作成は、Adobe Campaign Standard API を使用しても可能です。詳しくは、該当するドキュメントを参照してください。

ワークフローを使用したプロファイルのインポート方法をビデオで確認

Campaign でプロファイルを作成または更新するには、次の操作をおこないます。

  • ワークフローを使用してプロファイルのリストをインポートする
  • ランディングページからオンラインでデータを収集する
  • REST API を使用して一括作成する
  • Microsoft Dynamics からプロファイルを同期する
  • 以下に説明するように、グラフィカルインターフェイス画面からデータを入力する

例えば、ユーザーインターフェイスで直接新しいプロファイルを作成するには、次の手順に従います。

  1. Adobe Campaign ホームページで、「顧客プロファイル」カードまたは「プロファイル」タブをクリックして、プロファイルのリストにアクセスします。

  2. Create」をクリックします。

  3. プロファイルデータを入力します。

    • 姓、名、性別、生年月日、写真、優先言語(多言語 E メールの場合)などの連絡先情報を使用すると、配信をパーソナライズしやすくなります。
    • プロファイルの Time zone を設定すると、配信がプロファイルのタイムゾーンに従って送信されます。詳しくは、この節を参照してください。
    • E メールアドレス、携帯電話番号、オプトアウト情報などの Channels カテゴリを使用すると、プロファイルにリーチ可能なチャネルを把握できます。
    • プロファイルでチャネルが購読解除されると、No longer contact カテゴリはただちに更新されます。
    • Address カテゴリには住所の欄があり、このプロファイルにダイレクトメールを送る場合は「Address specified」オプションと合わせて入力する必要があります。「Address specified」オプションを選択しない場合、このプロファイルはすべてのダイレクトメール送付から除外されます。
    • Access authorization​カテゴリは、権限を管理するためのプロファイルの組織単位を示します。 組織関連のフィールドをプロファイルに追加するには、プロファイルの分割の節を参照してください。
    • Traceability」カテゴリは、プロファイルの作成または変更をおこなったユーザーに関する情報により自動的に更新されます。
  4. Create」をクリックして、プロファイルを保存します。

プロファイルがリストに表示されます。

メモ

優先言語フィールドは、多言語メッセージを送信する際に言語を選択するために使用します。多言語メッセージの詳細については、このページを参照してください。

チュートリアルビデオ

このビデオでは、ワークフローでプロファイルをインポートする方法を説明します。

追加のCampaign Standardハウツービデオはこちらからご覧いただけます。

このページ