アプリ内メッセージについて

アプリ内メッセージとは、モバイルアプリケーション内でユーザーがアクティブな場合にメッセージを表示できるメッセージングチャネルです。このメッセージタイプは、ユーザーの電話機の通知センターに配信されるプッシュ通知に適しています。プッシュ通知チャネルについて詳しくは、このを参照してください。

このチャネルを使用するには、モバイルアプリケーションが Adobe Experience Platform SDK と統合されている必要があります。これらのアプリをアプリ内配信のために Adobe Campaign で使用するには、Adobe Experience Platform Launch で有効にする必要があります。

Experience Platform SDK を利用したモバイルアプリケーションでアプリ内メッセージを送信するには、次の前提条件を満たす必要があります。

  1. Adobe Campaign で、In-App チャネルにアクセスできることを確認します。これらのチャネルにアクセスできない場合は、アカウントチームにお問い合わせください。

  2. Experience Cloud SDK アプリケーションを使用して Adobe Campaign Standard のモバイル機能を活用するには、モバイルアプリを Adobe Experience Platform Launch で作成し、Adobe Campaign Standard で設定する必要があります。ステップバイステップガイドについては、このページを参照してください。

  3. 設定が完了すると、アプリ内メッセージを準備できるようになります。詳しくは、このページを参照してください。

  4. その後、アプリ内メッセージを送信するか、ローカル通知メッセージタイプをカスタマイズするかを決定します。

  5. 配信の送信準備が整いました。詳しくは、こちらのページを参照してください。

関連するコンテンツ:

個人データと機密データを含んだモバイルプロファイルフィールドの扱い方

Adobe Campaign では、モバイルデバイスから送信されたモバイルプロファイル属性データは、アプリケーション購読者から収集するデータを定義できる「Subscriptions to an application (appSubscriptionRcp)」リソースに保存されます。

モバイルデバイスから Adobe Campaign に送信するデータを収集するには、このリソースを拡張する必要があります。その詳しい手順については、このページを参照してください。

アプリ内メッセージのパーソナライゼーション機能をより安全に有効にするには、このリソースのモバイルプロファイルフィールドを適宜設定する必要があります。「Subscriptions to an application (appSubscriptionRcp)」では、新しいモバイルプロファイルフィールドを作成する際に「Personal and Sensitive」をオンにして、アプリ内メッセージのパーソナライズ時に使用できないようにします。

メモ

カスタムリソースを拡張した実装がこのテーブルに既に存在する場合は、各フィールドに適切なラベルを付けてから、アプリ内メッセージのパーソナライズに利用することをお勧めします。

Subscriptions to an application」カスタムリソースが設定されて公開されると、「Target users based on their Mobile profile (inApp)」テンプレートを使用してアプリ内配信の準備を開始できます。パーソナライズのために「Subscriptions to an application (appSubscriptionRcp)」リソースで利用できるフィールドは、個人情報も機密性も含まないフィールドに限られます。

個人情報や機密性を含むフィールド​を使用したパーソナライズが必要な場合は、ユーザーの PII データを保護するためのセキュリティメカニズムが強化された「Target users based on their Campaign profile (inAppProfile)」テンプレートの使用をお勧めします。

このページ