監視のガイドライン

システムの監視

ワークフローの監視

配信の監視

Campaign Standardには、システムが正常であることを確認し、ワークフローの設定や配信の送信などで発生する可能性のある問題のトラブルシューティングをおこなうために、インスタンスを監視する方法がいくつか用意されています。

システムの監視

システム通知

Campaign Standardインターフェイスには、システムで何が起きているかを常に知らせるための通知ペインが用意されています。イベントのステータス、システム更新、必要なアクションなど。 詳細情報

テクニカルワークフロー

テクニカルワークフローは、サーバー上で定期的に実行されるようにスケジュールされた処理またはジョブです。インスタンスが正常に機能し、正常に動作していることを確認するには、インスタンスが常に起動および動作していることを確認する必要があります。 詳細情報

コントロールパネル

「 」Campaign コントロールパネルでは、インスタンスの複数の設定を管理できます。URLへのアクセス権限、サーバーのビルドバージョンなどのインスタンスの詳細の確認、アクティブなプロファイルの使用状況の監視などをおこないます。 また、インスタンスに接続されているSFTPサーバーの使用可能な領域を監視することもできます。 詳細情報

メモ

コントロールパネルは、すべての管理者ユーザーがアクセスできます。 ユーザーに管理者アクセス権を付与する手順については、このページで詳しく説明しています。

技術的なオブジェクト

Diagnosis​メニューは、アプリケーションによって生成される様々な技術オブジェクトを監視および分析するための重要なツールです。データスキーマ、webページ、バッチジョブなど。 詳細情報

監査の書き出し

エクスポートの監査を使用すると、インスタンスで実行されたエクスポートを監視できます。ワークフローからアップロードされたファイル、リストエクスポート、ダイレクトメールメッセージからダウンロードしたファイル。
詳細情報

ライセンス

Licenses​メニューで、インスタンスに関する情報を監視します。インストール済みのライセンス、ビルドバージョン、および利用規約同意書。
詳細情報

ワークフローの監視

ベストプラクティスとトラブルシューティング

ワークフローを使用する際のベストプラクティスとトラブルシューティングのガイドラインに従うと、パフォーマンスを向上できます。
詳細情報

ログとタスク

ワークフローログの監視は、ワークフローを分析し、正しく実行されていることを確認するための重要な手順です。
詳細情報

通知

Campaign Standardを使用すると、スーパーバイザーに通知を送信して、ワークフローの実行を監視し、注意が必要なエラーがあるかどうかを確認できます。
詳細情報

配信の監視

配信品質

Campaign Standardには、正常に配信されたメッセージ数の改善に役立つ、配信品質のツールがいくつか用意されています。配信スループットレポート、送信時間の最適化、メッセージのプレビュー、Eメールのレンダリング、強制隔離の管理など
詳細情報

配信

メッセージが送信されると、詳細ログを使用して、配信を監視し、キャンペーンの成功を測定したり、メッセージ受信者の行動をトラッキングしたりできます。
詳細情報

配信アラート

配信アラート機能を使用すると、配信の実行に関してユーザーのグループに自動的に送信されるアラートを設定できます。送信または準備に失敗した、バウンス率が正しくない、スループットが低いなど。
詳細情報

動的レポート

動的レポートには、配信のパフォーマンスを常に把握できるように、様々なレポートが用意されています。バウンス数、受信者別に最も多く閲覧された配信数、配信のスループットなど
詳細情報

このページ