フリーフォームテーブル

Analysis Workspaceでは、フリーフォームテーブルはインタラクティブなデータ分析の基盤となっています。コンポーネントの組み合わせを行と列にドラッグ&ドロップして、分析用のカスタムテーブルを作成できます。各コンポーネントが削除されると、テーブルは直ちに更新されるので、分析や掘り下げを迅速におこなうことができます。

自動化されたテーブル

テーブルを最もすばやく作成するには、空のプロジェクト、パネル、またはフリーフォームテーブルにコンポーネントを直接ドロップします。推奨される形式のフリーフォームテーブルが自動的に作成されます。こちらから、チュートリアルをご覧ください。

フリーフォームテーブルビルダー

最初に複数のコンポーネントをテーブルに追加し、次にデータをレンダリングすると、フリーフォームテーブルビルダーを有効にできます。ビルダーを有効にすれば、多くのディメンション、分類、指標およびセグメントをドラッグ&ドロップして、より複雑な質問に回答するテーブルを作成できます。データはその場では更新されず、「ビルド」をクリックすると更新されます。

テーブルの操作

フリーフォームテーブルは、様々な方法で操作およびカスタマイズできます。

    • プロジェクトの表示密度を調整すると、1 つの画面に表示する行を増やすことができます。
    • 各ディメンション行は、ページネーションの前に最大 400 行を表示できます。「行」の横の数字をクリックすると、ページに行が表示されます。ヘッダーのページ矢印を使用して、別のページに移動します。
    • 行は、追加のコンポーネントで分類できます。複数の行を一度に分類するには、複数の行を選択し、次のコンポーネントを選択した行の上にドラッグします。分類について説明します。
    • 行をフィルタリングして、表示する項目数を減らすここができます。行設定で追加の設定を使用できます。
    • 列内にコンポーネントを積み重ねて、セグメント化された指標やクロスタブ分析などを作成できます。
    • 各列の表示は、列設定で調整できます。
    • 右クリックメニューからは、いくつかの操作を実行できます。テーブルのヘッダー、行または列をクリックしたかどうかに応じて、このメニューに表示されるアクションが変わります。

フリーフォームテーブルデータの書き出し

Analysis Workspace のすべてのデータエクスポートオプションについては、こちらから確認できます。

  • 右クリック >「データソースをクリップボードにコピー」:表示されているテーブルデータを書き出します。テーブルを選択すると、このオプションが「選択範囲をクリップボードにコピー」に変わります。ホットキー Ctrl+C を使用して、選択したデータをコピーすることもできます。
  • 右クリック >「データを CSV 形式でダウンロード」:表示されているテーブルデータが CSV 形式でダウンロードされます。テーブルを選択すると、このオプションが「選択内容を CSV 形式でダウンロード」に変わります。
  • 右クリック >「プロジェクト」>「項目を CSV 形式でダウンロード」:選択したディメンションの最大 50,000 個のディメンション項目がエクスポートされます。

Analysis Workspace のすべてのデータエクスポートオプションついては、こちらから確認できます。

このページ