複数のレポートスイート

複数のレポートスイートのデータを使用して、Analysis Workspace でプロジェクトを作成できるようになりました。レポートスイートがパネルレベルで選択され、同じ Workspace プロジェクト内の各パネルに対して異なるレポートスイートを選択できるようになりました。

この機能は、次のような場合に便利です。

  • 2 つの異なる地域のデータや、2 つの異なるレポートスイート内のデータを比較する。テーブルとビジュアライゼーションを作成し、データを並べて比較できます。

  • 指標とビジュアライゼーションのダッシュボードを作成して、他の組織に報告する。様々なレポートスイートから同じプロジェクト内にデータを取り込めるようになりました。

レポートスイートをすべてのパネルに適用

任意のパネルのヘッダーを右クリックし、「レポートスイートをすべてのパネルに適用」を選択すると、レポートスイートをすべてのパネルに一度に適用できます。

アクティブなパネル

この機能を使用して、「アクティブなパネル」と「非アクティブなパネル」の概念を導入しています。アクティブなパネは、明るい青色の境界線で囲まれていることで認識できます。パネル内をクリックするだけで、そのパネルがアクティブなパネルになります。

重要

アクティブなパネルと同じレポートスイート内の任意のパネルにドラッグ&ドロップできます。同じレポートスイートの非アクティブなパネル内にドラッグすると、パネルがアクティブになります。

タスク アクティブなパネル 非アクティブなパネル
レポートスイートの変更 ×
コンポーネントのドラッグ&ドロップ ○ アクティブなパネルと同じレポートスイートにあるすべてのパネルに対して実行します。
ビジュアライゼーションのドラッグ&ドロップ ○ アクティブなパネルと同じレポートスイートにあるすべてのパネルに対して実行します。

複数のレポートスイートの操作

  1. 2 つ以上のパネルを含む新しいプロジェクトを Workspace で作成します。

  2. コンポーネント(指標、ディメンション、セグメント、日付範囲)をパネルにドラッグ&ドロップします。レポートスイート固有のデータとビジュアライゼーションがパネルに含まれていることを確認します。

    メモ

    プロジェクトに含まれているコンポーネントの一部がレポートスイートに含まれていないプロジェクトをロードする(またはレポートスイートに切り替える)と、バナーが表示される場合があります。欠落しているコンポーネントが表示されます。必要な指標/ディメンションに権限を設定するには、次の手順に従います。

    この非互換性に対応するオプションは 3 つあります。

    • 必要なディメンション/指標の有効化。
    • レポートスイートの変更。
    • 一部のコンポーネントが欠落したままで続行する。これにより、これらのコンポーネントにはデータが生成されず、ビジュアライゼーションが空白になります。
  3. パネルを別のレポートスイートに変更し、新しいレポートスイートに基づいてコンポーネントのラベル(現在アクティブなレポートスイート)と一覧表示されるコンポーネントが更新されていることを確認します。

  4. 非アクティブなパネルをアクティブなパネルに切り替えるには、(shift をドラッグしながら)キーボードショートカットを使用します。

  5. (オプション)他の Analytics コンポーネントビルダーに移動して、これらのビルダーが、以下を示すレポートスイートラベルが表示されることを確認します。

このページ