Adobe Analytics の概要

最終更新日: 2023-11-02
  • 作成対象:
  • User
    Admin

Adobe Analytics を使用すると、組織はデータを収集し、デジタル顧客インタラクションから実用的なインサイトを取得できます。詳細な分析、汎用性の高いレポート、予測インテリジェンスにより、組織は顧客により優れたエクスペリエンスを作成するために必要なインサイトに満ちた基盤を取得できます。

Adobe Analytics の基本を学ぶ

Adobe Analytics の基本を学ぶには、次のリソースを使用します。

ドキュメントリソース 関数
基本を学ぶ(役割別) 管理者、アナリスト、エンドユーザー、開発者のいずれかに関わらず、認識しておく必要がある主な機能とタスクについて詳しく説明します。
Analytics インターフェイスについて Analytics インターフェイスの主な領域の概要について説明します。
使用例 組織が顧客により優れたサービスを提供するために、Adobe Analytics で重要なインサイトを取得するのに役立つ主な方法の一部について説明します。
使用する Adobe Analytics ツールの検討 各 Adobe Analytics ツールの推奨される使用例を紹介しています。
Analytics 製品の比較と必要システム構成 使用可能な様々な Adobe Analytics 製品を比較します。
必要システム構成 Adobe Analytics の実装と使用に関する前提条件と必要システム構成について説明します。

ビデオの概要

Adobe Analytics の基本については、この Adobe Analytics の概要 - スキルビルダーウェビナー​ビデオをご覧ください。ビデオでは、データの取得方法、Adobe Analytics へのデータの送信方法、Adobe Analytics 内で使用できるビジュアライゼーション機能の基本について説明します。ビデオでは、データの作成、デプロイ、収集、解釈するための基盤を説明し、収集したデータに基づいて実用的なインサイトとレコメンデーションを提供できるようにします。

使用するツールに関する質問については、使用する Adobe Analytics ツールの検討を参照してください。

Customer Journey Analytics でさらに前進

Customer Journey Analytics は、Adobe Experience Platform からのデータと共に Analysis Workspace の機能を使用できるアドビの次世代 Analytics ソリューションです。数年分のデータを分類、フィルタリング、クエリ、視覚化でき、あらゆる種類のデータスキーマやデータの種類を保持できる Platform の機能と組み合わせることができます。

Adobe Analytics と比較した場合の Customer Journey Analytics の利点の一部を以下に示します。

  • 変数とイベントは無制限:eVar、prop、イベントの概念は存在しなくなりました。データは主にディメンションと指標に焦点を当てています。データセットには、無制限の数の一意のディメンションと指標を含めることができます。

  • 無制限の一意の値:Adobe Experience Platform では、一意制限を受けることはありません。

  • 履歴データの変更:Adobe Experience Platform を使用して、データを削除または修正できます。

  • クロスレポートスイートデータ:複数のデータセットからの既存の実装を Platform で組み合わせることができます。

詳しくは、Customer Journey Analytics の概要を参照してください。

このページ