プロジェクトのキュレーション

最終更新日: 2024-01-03
  • 作成対象:
  • User

キュレーションを使用すると、プロジェクトを共有する前にコンポーネント(ディメンション、指標、フィルター、日付範囲)を制限できます。受信者がプロジェクトを開くと、キュレーションされたコンポーネントの制限付きセットが表示されます。キュレーションはオプションですが、プロジェクトを共有する前に行うことをお勧めします。

メモ

製品プロファイルは、ユーザーに表示されるコンポーネントを管理する主要メカニズムです。Adobe Experience Cloud Admin Console で管理されます。キュレーションはセカンダリフィルターです。

プロジェクトキュレーションの適用

  1. 共有プロジェクトデータをキュレート をクリックします。
    プロジェクトで使用されるコンポーネントが自動的に追加されます。
  2. (任意)他のコンポーネントを追加するには、共有するコンポーネントを左側のレールから「コンポーネントをキュレーション ​」フィールドにドラッグします。
  3. 完了」をクリックします。

キュレーションは、共有メニューで「キュレーションと共有」をクリックして適用することもできます。このオプションは、プロジェクト内で使用されているコンポーネントに合わせて、プロジェクトを自動的にキュレーションします。上記の手順に従って、追加のコンポーネントを追加できます。

プロジェクトで使用中のコンポーネントが表示される「コンポーネントをキュレーション」ウィンドウ。

キュレーションされたプロジェクトの表示

キュレーションされたプロジェクトを受信者が開くと、ユーザーには、定義したキュレーション済みのコンポーネントのセットのみが表示されます。

定義したコンポーネントを示す共有のキュレーションされたプロジェクト。

プロジェクトキュレーションの削除

プロジェクトのキュレーションを削除し、左側のレールのコンポーネントの完全なセットを復元するには:

  1. 共有プロジェクトデータをキュレート​をクリックします。
  2. キュレーションを削除」をクリックします。
  3. 完了」をクリックします。

コンポーネントキュレーションオプション

キュレートされたプロジェクトでは、受信者に、左側のパネルに​すべてのコンポーネントを表示​するオプションが表示されます。「すべてを表示」は、以下に応じて異なるコンポーネントセットを表示します。

  • ユーザーの権限レベル(管理者または非管理者)
  • プロジェクトの役割(所有者/編集者/その他)
  • 適用されるキュレーションのタイプ(プロジェクトレベル)
キュレーションのタイプ 管理者への表示範囲 管理者以外のプロジェクト所有者(または編集の役割)への表示範囲 管理者以外の重複の役割への表示範囲
データビューから「非表示」になるコンポーネント レポートに使用できるすべてのデータビューコンポーネント(非表示のコンポーネントでは「すべて表示」をクリックする必要があります) レポートに使用できません レポートに使用できません
データビューに追加またはデータビューから削除されたコンポーネント データビューに追加されたコンポーネントのみ(非表示か非表示でないかを問わず)。 管理者は、データビューで定義されていないフィールドやコンポーネントについてレポートすることはできません。 データビューに追加されたコンポーネント、またはユーザーが所有または共有するコンポーネントのみ。 非表示のコンポーネント(仮想レポートスイートのキュレーションなど)は使用できません。 DV に追加されたコンポーネントのみが非表示にならず、プロジェクトキュレーションに含まれる。
プロジェクト内のキュレートされたコンポーネント レポートに使用できるすべてのデータビューコンポーネント(非表示のコンポーネントでは「すべて表示」をクリックする必要があります) 非表示以外のすべてのデータビューコンポーネント(「すべて表示」をクリックする必要があります) キュレートされたコンポーネントと、ユーザーが所有または共有するコンポーネントのみ
非表示のコンポーネントを含むデータビューを使用してキュレートされたプロジェクト レポートに使用できるすべてのデータコンポーネント(非表示およびキュレートされていないコンポーネントでは、「すべて表示」をクリックする必要があります) キュレートされていないすべてのプロジェクトコンポーネント、非表示でないすべてのデータビューコンポーネントおよびユーザーが所有または共有するすべてのコンポーネント キュレートされたコンポーネントと、ユーザーが所有または共有するコンポーネントのみ

このページ