プロジェクトのキュレーション

キュレーションを使用すると、プロジェクトを共有する前にコンポーネント(ディメンション、指標、フィルター、日付範囲)を制限できます。 受信者がプロジェクトを開くと、キュレーションされたコンポーネントの制限付きセットが表示されます。キュレーションはオプションですが、プロジェクトを共有する前に行うことをお勧めします。

メモ

製品プロファイルは、ユーザーに表示されるコンポーネントを管理する主要メカニズムです。これらは、Adobe Experience CloudAdmin Consoleを通じて管理されます。 キュレーションはセカンダリフィルターです。

プロジェクトキュレーションの適用

  1. 共有プロジェクトデータをキュレート をクリックします。
    プロジェクトで使用されるコンポーネントが自動的に追加されます。
  2. (オプション)他のコンポーネントを追加するには、共有するコンポーネントを左側のレールから「コンポーネントをキュレーション」フィールドにドラッグします。
  3. 完了」をクリックします。

キュレーションは、共有メニューで「キュレーションと共有」をクリックして適用することもできます。このオプションは、プロジェクト内で使用されているコンポーネントに合わせて、プロジェクトを自動的にキュレーションします。上記の手順に従って、追加のコンポーネントを追加できます。

キュレーションされたプロジェクトの表示

キュレーションされたプロジェクトを受信者が開くと、ユーザーには、定義したキュレーション済みのコンポーネントのセットのみが表示されます。

プロジェクトキュレーションの削除

プロジェクトのキュレーションを削除し、左側のレールのコンポーネントの完全なセットを復元するには:

  1. 共有プロジェクトデータをキュレート​をクリックします。
  2. キュレーションを削除」をクリックします。
  3. 完了」をクリックします。

コンポーネントのキュレーションオプション

キュレーションされたプロジェクトでは、受信者に、左側のレールに「すべての​コンポーネントを表示」オプションが表示されます。 「すべてを表示」は、以下に応じて異なるコンポーネントセットを表示します。

  • ユーザーの権限レベル(管理者/非管理者)
  • プロジェクトの役割(所有者/編集者/その他)
  • 適用されるキュレーションのタイプ(プロジェクトレベル)
キュレーションのタイプ 管理者は、 管理者以外のプロジェクト所有者(またはロールの編集)は、 管理者以外の重複ロールは、
データビューから「非表示」になるコンポーネント レポートに使用できるすべてのデータビューコンポーネント(非表示のコンポーネントでは、「すべて表示」をクリックする必要があります) レポートには使用できません レポートには使用できません
データビューに追加または削除されたコンポーネント データビューに追加されたコンポーネントのみ(非表示または非表示になっていない)。 管理者は、データビューで定義されていないフィールドやコンポーネントに関するレポートを作成できません。 データビューに追加されたコンポーネント、またはユーザーが所有または共有したコンポーネントのみ。 非表示のコンポーネントは使用できません(VRSキュレーションなど)。 DVに追加されたコンポーネントのみが非表示にならず、プロジェクトキュレーションに含まれています。
プロジェクト内のキュレーションされたコンポーネント レポートに使用できるすべてのデータビューコンポーネント(非表示のコンポーネントでは、「すべて表示」をクリックする必要があります) 非表示以外のすべてのデータビューコンポーネント(「すべて表示」のクリックが必要) キュレーションされたコンポーネントと、ユーザーが所有または共有しているコンポーネントのみ
非表示のコンポーネントを含むデータビューを使用する、キュレーションされたプロジェクト レポートに使用できるすべてのデータコンポーネント(非表示およびキュレーションされていないコンポーネントでは、「すべて表示」をクリックする必要があります) キュレーションされていないすべてのプロジェクトコンポーネント、非表示でないすべてのデータビューコンポーネント、およびユーザーが所有または共有する任意のコンポーネント キュレーションされたコンポーネントのみ、さらにユーザーが所有または共有するコンポーネント

このページ