データブロックの作成

データブロック​は、単一のデータリクエストによって作成されたデータのテーブルです。Report Builder のワークブックには、複数のデータブロックを含めることができます。データブロックを作成する場合は、まずデータブロックを設定し、次にデータブロックを作成します。

データブロックの設定

データブロックの場所、データビューおよび日付範囲の初期データブロックパラメーターを設定します。

  1. データブロックの作成」をクリックします。

  2. データブロックの場所」を設定します。

    「データブロックの場所」オプションは、Report Builder がデータを追加するワークシートの場所を定義します。

    データブロックの場所を指定するには、ワークシート内の 1 つのセルを選択するか、セルのアドレス(a3、\$a3、a\$3、sheet1!a2 など)を入力します。データを取得する際、指定したセルはデータブロックの左上隅になります。

  3. データビュー」を選択します。

    「データビュー」オプションを使用すると、ドロップダウンメニューからデータビューを選択したり、セルの場所からデータビューを参照したりできます。

  4. 日付範囲」を設定します。

    「日付範囲」オプションでは、日付範囲を選択できます。日付範囲は、固定でも相対日付でも設定できます。データ範囲オプションについて詳しくは、 日付範囲の選択を参照してください。

  5. 次へ」をクリックします。

    データブロックを設定した後、ディメンション、指標およびフィルターを選択して、データブロックを作成できます。「ディメンション」、「指標」および「フィルター」タブは、テーブルビルダーペインの上に表示されます。

データブロックの作成

データブロックを作成するには、レポートコンポーネントを選択してから、レイアウトをカスタマイズします。

  1. ディメンション、指標およびフィルターを追加します。

    コンポーネントリストをスクロールするか、検索​フィールドを使用してコンポーネントを配置します。 コンポーネントをテーブルペインにドラッグ&ドロップするか、リスト内のコンポーネント名をダブルクリックして、コンポーネントを自動的にテーブルペインに追加します。

    コンポーネントをダブルクリックして、テーブルのデフォルトセクションに追加します。

    • 既に列にディメンションがある場合、ディメンションコンポーネントは「行」セクションまたは「列」セクションに追加されます。
    • 日付コンポーネントが「列」セクションに追加されます。
    • フィルターコンポーネントが「フィルター」セクションに追加されます。
  2. 「テーブル」ペインの項目を配置して、データブロックのレイアウトをカスタマイズします。

    「テーブル」ペインでコンポーネントをドラッグ&ドロップしてコンポーネントを並べ替えるか、コンポーネント名を右クリックしてオプションメニューから選択します。

    テーブルにコンポーネントを追加すると、データブロックのプレビューがワークシートのデータブロックの場所に表示されます。テーブル内のアイテムを追加、移動、または削除すると、データブロックプレビューのレイアウトが自動的に更新されます。

  3. 終了」をクリックします。

    分析データの取得中は処理メッセージが表示されます。

    Report Builder は、データを取得し、完了したデータブロックをワークシートに表示します。

このページ