オフラインチャネルのベストプラクティス best-practices-for-offline-channels

概要 overview

正確にするには Marketo Measure レポートを使用する場合は、マーケティングチャネルが正しく設定されている必要があります。 'マーケティングチャネル「 」フィールドには、タッチポイントが属することのできる最上位レベルのマーケティング戦術のグループが表示されます(イベント、ウェビナー、コンテンツ同時配信など)。

マーケティングチャネルの設定には、オンラインとオフラインの 2 つの側面があります。このドキュメントでは、 Marketo Measure オフラインチャネルの設定と管理、およびオフラインチャネルとの同期方法に関するベストプラクティスの推奨事項 Marketo Measure CRM キャンペーンを使用。

オフラインチャネルには、次の 2 つの主要な側面があります。

  1. に伝えるフレームワークであるオフラインチャネルマッピング Marketo Measure オフラインタッチポイントが属するチャネルとサブチャネル
  2. オフラインタッチポイントの作成であるオフラインキャンペーン同期

オフラインタッチポイントは、CRM キャンペーンから作成され、 Marketo Measure Web サイトのページに実装される JavaScript。 CRM キャンペーンがと同期されたとき Marketo Measure」と入力すると、Campaign 内で定義されたキャンペーンメンバーのタッチポイントが作成されます。

これらのタッチポイントの「マーケティングチャネル」値は、キャンペーンの「タイプ」フィールドに基づきます。 「CRM キャンペーンタイプ」から「マーケティングチャネル」および「サブチャネル」へのマッピングは、 Marketo Measure アカウント設定。 オフラインチャネルのマッピングが正確で最新であることを確認すると、オフラインタッチポイントデータが Marketo Measure レポート。

ベストプラクティス | オフラインチャネルマッピング best-practice-offline-channel-mapping

初めてオフラインチャネルをマッピングする場合でも、正確性を確認するためにオフラインチャネルをレビューする場合でも、次のベストプラクティスに留意してください。

  • オフラインチャネル用の計画的なフレームワークの作成

    • マーケティングキャンペーンの組織と、それが Marketo Measure フレームワークにどのように適合するかを、じっくり考えてみてください。オフラインチャネルに表現するチャネルとサブチャネル、およびこれらのチャネルを互いに区別する CRM キャンペーンタイプを決定します
  • 最初に、現在の CRM キャンペーンの「タイプ」値を利用するように作業します

    • オフラインチャネルは CRM キャンペーン「タイプ」で定義されますが、理想的なオフラインチャネルおよびサブチャネルの値に対応するために、カスタム CRM キャンペーン「タイプ」の値を作成する必要がある場合があります。 理想的なカスタム CRM キャンペーンの「タイプ」の値には、次の命名規則が含まれている必要があります。

      • CHANNEL - SUBCHANNEL
      • 例:イベント — 展示会
      • これにより、サブチャネルレベルへのマッピングができるだけ簡単でクリーンになります
  • 1 つのサブチャネルは、1 つの CRM キャンペーン「タイプ」にのみマッピングできます

    • 複数の CRM キャンペーン「タイプ」は 1 つのチャネルにマッピングできますが、各チャネル内の各サブチャネルにマッピングできる CRM キャンペーン「タイプ」は 1 つだけです
  • オフラインキャンペーンのみがと同期されるので、オフライン CRM キャンペーン「タイプ」のみがオフラインチャネルにマッピングされる必要があります Marketo Measure タッチポイントを作成するには:

    • ONLINE CRM キャンペーン「タイプ」は、 マーケティングチャネル = "NULL" この値は、オフラインチャネルがレビューされ、「NULL」にマッピングされる CRM キャンペーン「タイプ」がオンライン「タイプ」で、と同期しないことを示す「赤いフラグ」として機能するので、お勧めします。 Marketo Measure. オンライン CRM キャンペーン「タイプ」に関連するタッチポイントは、既にを介して追跡されています。 Marketo Measure オンライン機能とチャネル。 これらのキャンペーンを同期すると、「重複」タッチポイント/二重カウントのリスクが発生します

ベストプラクティス | オフラインキャンペーン同期 best-practice-offline-campaign-sync

  • 各 CRM キャンペーンで「タイプ」フィールドが正確であることを確認します。

    • 「タイプ」は、同期後に Campaign から提供されるタッチポイントのマーケティングチャネルとサブチャネルを決定します
  • CRM ベースのキャンペーン同期方法(購入者タッチポイントを有効にする)を使用するか、 Marketo Measure アプリベースの同期方法 (「 」内でのカスタムキャンペーンの同期キャンペーン「 」タブから Marketo Measure アカウント設定 )、オフラインタッチポイントは、キャンペーンメンバーがキャンペーンおよびブランドと実際にオフラインエンゲージメントをおこなった場合にのみ作成する必要があります。

    • イベントやウェビナーなどのオフラインチャネルの場合:「登録」は、通常、Web サイト上のフォーム送信を通じて、および Marketo Measure オンライン機能。 したがって、ステータスが「登録済み」のキャンペーンメンバーは、二重カウントを避けるために、キャンペーンからオフラインタッチポイントを受け取らないでください。 オフラインタッチポイントは、イベントまたはウェビナーへの「出席」のみを表す必要があります。
    • コンテンツシンジケーションなどのオフラインチャネルの中には、キャンペーンメンバーが実際にキャンペーンに応答したことを表す「応答」ステータスを持つものがあるので、より簡単になるものがあります
  • カスタムキャンペーン同期メソッドを Marketo Measure アプリです。「タッチポイントの日付」フィールドが、タッチポイントインタラクションが実際に発生した日時を示す最も近い、キャンペーンまたはキャンペーンメンバーの日付フィールドに基づいていることを確認してください

  • CRM キャンペーンをソースとするオフラインタッチポイントの「タッチポイントの日付」を上書きする必要がある場合は、「タッチポイントの日付を一括更新」ボタンを使用します。 「タッチポイント日」は、可能な限り正確な「タッチポイント位置」と、その結果、適切な量のアトリビューションクレジットがタッチポイントに保持されるように、できる限り正確になる必要があります

メンテナンスのベストプラクティス best-practice-for-maintenance

初めて設定すると、それに応じてオフラインチャネルの設定で、引き続きオフラインタッチポイントが作成されます。 ベストプラクティスとして、オフラインの設定は、少なくとも年に 2 回確認することをお勧めします。 これにより、明確で正確な購入者のタッチポイントデータが保証されます。

また、キャンペーンの管理やプロセスに変更を加える場合は、 Marketo Measure オフラインチャネルのマッピングや同期プロセス。

のオフラインチャネル設定を更新する際に、チームにトリガーを与える可能性のある変更。 Marketo Measure 次が含まれます。

  • CRM キャンペーン「タイプ」が作成または編集されました
  • キャンペーンメンバー「ステータス」が作成または編集されました
  • 「Enable Buyer Touchpoints」フィールドで CRM キャンペーンの同期方法を使用する場合は、作成されるすべての CRM キャンペーンで、このフィールドが確認され、更新されていることを確認します。 このフィールドが無視された場合、関連するオフラインタッチポイントデータは存在しません
  • オンラインタッチポイント(マーケティングチャネル= NULL)と見なされる CRM キャンペーンからオフラインタッチポイントに遭遇した場合は、関連する CRM キャンペーンが確認され、同期が無効になっていることを確認します

あなたのチームが最近、上記のいずれかを経験した場合、 Marketo Measure では、オフラインチャネルマッピングとオフラインキャンペーンを確認して、適切な変更をおこない、正しく同期されていることを確認することをお勧めします。

recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20