カスタム収益額の利用のベストプラクティス best-practices-for-utilizing-a-custom-revenue-amount

概要 overview

の主な機能 Marketo Measure は、購入者のジャーニーを通じてマーケティングタッチポイントに売上高クレジットを割り当てる機能です。 正確な売上高アトリビューションのキーは、 Marketo Measure を使用すると、オポチュニティに関する正しい売上高を参照できます。これらの売上高は、様々なアトリビューションモデルを介してマーケティングタッチポイント全体に分散されます。

実装時に別途指定されない限り、 Marketo Measure インスタンスは、収益属性の標準商談額(SFDC デフォルト)を参照するように設定されます。 しかし、多くの人にとっては Marketo Measure アカウントの場合、このフィールドには商談の正確な売上高は反映されません。 この場合、 Marketo Measure は、次の項目に対してカスタムの売上高を設定する機能を提供します。 Marketo Measure を使用して、Attribution タッチポイント (BAT) 全体で参照および配布します。

ベストプラクティス best-practice

カスタムの売上高を設定する場合は、次のベストプラクティスに従って、 Marketo Measure アトリビューションデータは正確で一貫性があります。

留意点:

  • すべての商談に対して正確で使用されている収益フィールドを選択します
    • ARR または合計契約額お勧め
  • 数式フィールドを使用しない
  • 通貨換算にカスタム収益金額を使用する場合、 Marketo Measure Multiple Currencies の代わりに、の機能を使用することをお勧めします。
    • The Marketo Measure 「複数通貨」機能は、 Salesforce 通貨換算間の調整を最も確実におこなうため。 これにより、標準の「金額」(SFDC デフォルト)や、 Salesforce コンバージョン率。
  • Amount フィールドを更新する場合 Marketo Measure を参照するには、データローダーを使用して過去の商談を更新し、売上高データの一貫性を確保し、適切なフィールドがワークフロー経由で設定されるようにします。

メンテナンスのベストプラクティス best-practice-for-maintenance

年別の売上高額の設定を調べて、アトリビューションデータが正確で、組織の他の売上高レポートと一致していることを確認します。

カスタム売上高を利用する場合は、次のように収益設定を確認してください。

  • を Marketo Measure アカウントで、「商談「 」セクション(CRM の下)
  • 次を識別: カスタム商談額 フィールド、ここで カスタム売上高 API フィールドをリストする必要があります
  • これがまだ正しいフィールドであることを確認します。
  • また、 Salesforce 管理者が、 Salesforce はまだ実行中です

年次レビューの他に、組織の特定の変更が売上高の設定を確認する必要性を示す場合があります。

  • マーケティングチームの入れ替わり
  • 「カスタム売上高」フィールドの変更点
  • 収益のレポート方法に関する組織の変更
recommendation-more-help
9deee213-85c8-4c42-8ba8-089345b91d20