以前のドキュメント更新 previous-documentation-updates

このページでは、以前おこなわれた Adobe Experience Manager ドキュメントの重要な変更と更新の一覧を示します。最近のドキュメント更新については、こちらを参照してください。

Adobe Experience Manager 6.5 aem-65

日付
トピック
変更点
2019年12月12日(PT)
3D アセットのプレビュー

AEM では、オーサリングプロセスの一環として、3D アセットのアップロード、配信、インタラクティブプレビューをサポートしています。AEM のアセットの詳細ページから、インタラクティブ 3D ビューアーを使用できます。このビューアには、3D アセットをオービット、ズームおよびパンできるインタラクティブなカメラコントロールのコレクションが含まれます。

詳しくは、3D アセットのプレビューを参照してください。

2019年12月12日(PT)
AEM 6.5 サービスパック 3
AEM 6.5 サービスパック 3が入手可能になりました。
2019年12月5日(PT)
コアコンポーネント
多数の修正を含んだコアコンポーネントリリース 2.8.0 が、GitHub で入手できる開発者向け詳細およびプロジェクトのダウンロードと共に、使用可能になりました。
2019年11月20日(PT)
AEM プロジェクトアーキタイプ
AEM プロジェクトアーキタイプは、AEM プロジェクトのフロントエンド開発を容易にする便利で柔軟なツールです。
2019年10月18日(PT)
AEM プロジェクトアーキタイプ
AEM プロジェクトアーキタイプは、独自の AEM プロジェクトの出発点として、Adobe Experience Manager プロジェクトを作成します。
2019年10月18日(PT)
ヘッドレスエクスペリエンス管理
単一ページアプリケーションのサーバーサイドレンダリングに使用される、リモートコンテンツレンダラー機能のドキュメントが作成されました。
2019年10月11日(PT)
Activity Map
Adobe Analytics API 内のセキュリティ変更により、AEM に含まれているバージョンの Activity Map は使用できなくなりました。Adobe Analytics が提供する ActivityMap プラグインの使用が必要になりました。詳細を参照してください。
2019年10月10日(PT)
Cloud Manager

Cloud Manager バージョン 2019.10.0 は、2019年10月10日(PT)にリリースされました。

新機能 のハイライトや、デプロイメント手順と Maven プロジェクトのバージョン処理についてのアップデートに関する 2019.10.0 のリリースノートを参照してください。

2019年10月8日(PT)
AEM Screens

AEM Screens は、AEM 6.4.6 機能パック 6 および AEM 6.5.2 機能パック 2 をリリースしました。

詳しくは、機能パック 201909 のリリースノートを参照してください。

2019年10月1日(PT)
JEE 上の AEM Forms インストール

Oracle 18c データベースドライバーの AEM Forms サポートが追加されました。

Platform マトリックス:https://helpx.adobe.com/content/dam/help/ja/experience-manager/6-5/forms/pdf/prepare-install-single-server.pdf

https://helpx.adobe.com/content/dam/help/ja/experience-manager/6-5/forms/pdf/install-cluster-websphere.pdf

https://helpx.adobe.com/content/dam/help/ja/experience-manager/6-5/forms/pdf/install-single-server-websphere.pdf

2019年10月1日(PT)
AEM Screens プロジェクトのベストプラクティスガイド

この新しいガイドは、意図したとおりにカスタマーエクスペリエンスを想像し、デザインし、デジタルサイネージの実装を導入する包括的なインサイトと実用的なアドバイスを提供します。また、AEM Screens でデジタルサイネージプロジェクトをデプロイする際に従ういくつかのベストプラクティスを使用して、ビジネスにプラスの影響をもたらす方法についても説明します。

詳しくは、AEM Screens プロジェクトのベストプラクティスガイドを参照してください。

2019年9月25日(PT)
コアコンポーネント
埋め込みコンポーネントを導入したコアコンポーネントリリース 2.7.0 が、GitHub で入手できる開発者向け詳細およびプロジェクトのダウンロードと共に、使用可能になりました。
2019年9月25日(PT)
AEM Assets 検索
アセットの検索と検出に関する最新のコンテンツは、使用、構成、トラブルシューティング、制限、およびヒントに関する情報のワンストップショップです。詳しくは、アセットの検索を参照してください。
2019年9月25日(PT)
Scene7:アセット再処理ワークフロー

後で変更した既存の処理プロファイルがあるフォルダー内のアセットを再処理できるようになりました。

詳しくは、フォルダー内のアセットの再処理を参照してください。

2019年9月25日(PT)
Dynamic Media ビューアと Adobe Analytics および Adobe Launch の統合

Adobe Launch 5.13 の Dynamic Media ビューア拡張機能を使用すると、お客様は Dynamic Media、Adobe Analytics および Adobe Launch を統合できます。Dynamic Media ビューアーの特定のイベントとデータを、Adobe Launch 設定で使用します。

詳しくは、Dynamic Media ビューアーと Adobe Analytics および Adobe Launch の統合を参照してください。

2019年9月19日(PT)
AEM 6.5 サービスパック 2
AEM 6.5 サービスパック 2(6.5.2.0)が入手可能になりました。
2019年9月9日(PT)
AEM デスクトップアプリケーション
AEM デスクトップアプリケーション v2.0 は、AEM Assets で作業するクリエイティブ、マーケターおよび事業部門ユーザー向けに公開されています。リリースノートを参照してください。
2019年9月9日(PT)
コアコンポーネント
コアコンポーネントのローカライズ機能と AEM テンプレートとの連携方法については、こちらの例
を参照してください。
2019年9月6日(PT)
コアコンポーネント
エクスペリエンスフラグメントコンポーネントを導入したコアコンポーネントリリース 2.6.0 が、GitHub で入手できる開発者向け詳細およびプロジェクトのダウンロードと共に、使用可能になりました。
2019年8月21日(PT)
AEM 6.5 Screens ユーザーガイド
ネットワークデプロイメントの基本に関する新しいセクションが公開されました。詳しくは、ユーザーガイドを参照してください。
2019年8月20日(PT)
AEM Assets のスマートタグ
有効期限が切れた後の証明書のアップデート方法について説明しています。
2019年8月2日(PT)
新しい PDF ラスタライザーパッケージ
AEM Assets が重い AI/PDF ファイルを処理し、プレビューとサムネイルを生成するのに役立つ、新しいパッケージが利用可能です
2019年7月25日(PT)
異なるライセンスの AEM Assets 機能
AEM 6.5 リリース用にアップデートされた、スタンドアロン DAM ライセンスと AEM MediaLibrary で使用可能な AEM Assets の機能の一覧です。
2019年7月12日(PT)
Dynamic Media Classic でのファイルのアップロード
Dynamic Media Classic のアップロードオプションを設定ダイアログボックスのトピックが書き直され、更新されました。
2019年7月8日(PT)
タッチ対応 UI への移行
タッチ対応 UI への移行に関する情報とリソースの一覧を示すランディングページです。
2019年7月3日(PT)
エクスペリエンスフラグメント
エクスペリエンスフラグメントの Link Rewriter Provider - HTML
2019年7月3日(PT)
AEM 6.5 サービスパック 1
AEM 6.5 サービスパック 1(6.5.1.0)が入手可能になりました。
2019年6月25日(PT)
コアコンポーネント
新しいアコーディオン、ボタン、コンテナ、およびダウンロードコンポーネントを含むコアコンポーネントリリース 2.5.0 が、GitHub で利用可能な開発者の詳細とプロジェクトのダウンロードと共に入手可能になりました。
2019年6月17日(PT)
AEM Assets と Creative Cloud の統合
ベストプラクティスが、ビジネス要件の明確なマッピング、アドビのソリューションオファリングおよび顧客のユースケースで更新されました。視覚に訴えるインフォグラフィックが追加されています。AEM Creative Cloud 統合のベストプラクティスを参照してください。
2019年6月3日(PT)
リッチテキストエディター(RTE)

複合マルチフィールドコンポーネントを作成するサンプルにパッケージを追加しました。

お客様からのフィードバックに基づいて、トラブルシューティング FAQ を作成しました。

2019年5月31日(PT)
AEM と Adobe Commerce の統合
コマース統合フレームワーク
2019年5月24日(PT)
AEM 6.5 のタッチ対応 UI 機能ステータス
AEM 6.5 のタッチ対応 UI 機能ステータスページを公開しました
2019年5月14日(PT)
ビューアリファレンスガイド
ビデオVideo360 ビューアにおけるビデオプレーヤーの修飾子 preload が文書化されました。
2019年5月14日(PT)
Dynamic Media Classic
Adobe Scene7 ユーザーガイドは、Adobe Dynamic Media Classic というブランドになりました。詳しくは、Dynamic Media Classic のドキュメントを参照してください。
2019年5月13日(PT)
IS/IR API
画像カタログ属性リファレンスセクションに新しい BFC(ブラウザフォーマット変換)値を追加しました。
2019年5月8日(PT)
コアコンポーネント
新しいコンテンツフラグメントリストコンポーネントを含んだコアコンポーネントリリース 2.4.0 が、開発者向け詳細およびプロジェクトのダウンロードと共に GitHub で入手できるようなりました。
2019年5月1日(PT)
ビューアリファレンスガイド
360/VR ビデオに関するドキュメントを新しく追加しました。
2019年4月18日(PT)
AEM 6.5 の参考資料

入手可能な参考資料は次のとおりです。

  • Adobe AEM 6.5.0 API
  • Granite UI(タッチ対応 UI)API ドキュメント
  • Coral UI ガイド
  • Widgets API(クラシック UI)ドキュメント
  • UI テストフレームワーク
  • JavaScript API リファレンス
  • 単一ページアプリケーションの JavaScript API リファレンス
2019年4月12日(PT)
AEM 6.5 Screens ユーザーガイド
詳しくは、Windows 10 プレーヤーの実装を参照してください。
2019年4月8日(PT)
AEM Assets
フォルダー共有機能は廃止されました。詳しくは、フォルダー共有のベストプラクティスを参照してください。

以前のコンテンツ legacy-content

2023年5月1日(PT)をもって、レガシーバージョンの AEM ドキュメントは、新規の場所 Adobe Experience Manager、CQ、CRX の以前のバージョンに移行しました。

次のバージョンを移行しました。

  • AEM 6.4
  • AEM 6.3
  • AEM 6.2
  • AEM 6.1
  • AEM 6.0
  • AEM 5.6.1
  • AEM 5.6
  • CQ 5.5
  • CQ 5.4
  • CQ 5.3
  • CRX 2.3
  • CRX 2.2
  • CRX 2.1
  • CRX 2.0
recommendation-more-help
79ddcbae-8d7c-448f-ba97-83d1381a2e12