AEM-CIF コアコンポーネントと Adobe Experience Platform の統合 aem-cif-aep-integration

コマース統合フレームワーク(CIF)コアコンポーネントは、Adobe Experience Platform とのシームレスな統合を実現して、買い物かごに追加 ​などのクライアントサイドのインタラクションで発生するストアフロントイベントとそのデータを転送します。

AEM CIF コアコンポーネントプロジェクトには、コマースストアフロントからイベントデータを収集するための、Adobe Commerce 用 Adobe Experience Platform コネクタと呼ばれる JavaScript ライブラリが用意されています。そのイベント データは Experience Platform に送信され、そこで Adobe Analytics や Adobe Target などの他の Adobe Experience Cloud 製品で使用されて、カスタマージャーニーをカバーする 360 度のプロファイルが構築されます。コマースデータを Adobe Experience Cloud 内の他の製品に接続することにより、サイトでのユーザーの行動の分析、AB テストの実行、パーソナライズされたキャンペーンの作成などのタスクを実行することができます。

クライアントサイドのソースからカスタマーエクスペリエンス データを収集できる Experience Platform データ収集テクノロジースイートについて詳しくは、こちらを参照してください。

Experience Platform への addToCart イベントデータの送信 send-addtocart-to-aep

次の手順は、CIF - Experience Platform コネクタを使用して、AEM でレンダリングされた製品ページから Experience Platform に addToCart イベントデータを送信する方法を示しています。Adobe Experience Platform デバッガーブラウザー拡張機能を使用すると、送信されたデータをテストおよびレビューすることができます。

Adobe Experience Platform デバッガーでの addToCart イベントデータのレビュー

前提条件 prerequisites

このデモを完了するには、ローカル開発環境を使用します。 これには、Adobe Commerce に設定および接続された AEM の実行インスタンスが含まれます。AEM as Cloud Service SDK を使用してローカル開発をセットアップするための要件と手順を確認します。

Adobe Experience Platform へのアクセスと、データ収集用のスキーマ、データセットおよびデータストリームを作成するための権限も必要です。詳しくは、権限の管理を参照してください。

AEM Commerce as a Cloud Service の設定 aem-setup

必要なコードと設定を備えた AEM Commerce as a Cloud Service ローカル環境を稼働させるには、次の手順を実行します。

ローカル設定

フォロー: ローカル設定 AEM Commerce as a Cloud Service 環境を動作させる手順です。

プロジェクトセットアップ

フォロー: AEM プロジェクトアーキタイプ 新しいAEM Commerce(CIF) プロジェクトを作成するための手順です。

TIP
次の例では、AEM Commerce プロジェクトの名前は My Demo Storefront ですが、独自のプロジェクト名を選択することができます。

AEM Commerce プロジェクト

プロジェクトのルートディレクトリから次のコマンドを実行して、作成した AEM Commerce プロジェクトをビルドし、ローカルの AEM SDK にデプロイします。

$ mvn clean install -PautoInstallSinglePackage

デフォルトのコードとコンテンツを含んだ、ローカルにデプロイされた My Demo StoreFront コマース サイトは次のようになります。

デフォルト AEM Commerce サイト

Peregrine および CIF-AEP コネクタ依存関係のインストール

このAEM Commerce サイトのカテゴリページと製品ページからイベントデータを収集して送信するには、キーをインストールします。 npm パッケージを ui.frontend AEM Commerce プロジェクトのモジュール。

ui.frontend モジュールに移動し、コマンドラインから次のコマンドを実行して、必要なパッケージをインストールします。

npm i --save lodash.get@^4.4.2 lodash.set@^4.3.2
npm i --save apollo-cache-persist@^0.1.1
npm i --save redux-thunk@~2.3.0
npm i --save @adobe/apollo-link-mutation-queue@~1.1.0
npm i --save @magento/peregrine@~12.5.0
npm i --save @adobe/aem-core-cif-react-components --force
npm i --save-dev @magento/babel-preset-peregrine@~1.2.1
npm i --save @adobe/aem-core-cif-experience-platform-connector --force
IMPORTANT
PWA Studio は、サポートされているピア依存関係による制限があるので、--force 引数が必要になる場合があります。通常は、これによって問題が発生することはありません。

--force 引数を使用するための Maven の設定

Maven ビルドプロセスの一環として、npm クリーンインストール(npm ci を使用)がトリガーされます。これには、--force 引数も必要です。

プロジェクトのルート POM ファイル pom.xml に移動し、<id>npm ci</id> 実行ブロックを見つけます。次のようにブロックを更新します。

<execution>
    <id>npm ci</id>
    <goals>
    <goal>npm</goal>
    </goals>
    <configuration>
    <arguments>ci --force</arguments>
    </configuration>
</execution>

Babel の設定形式の変更

.babelrc ファイルのデフォルトの相対設定ファイル形式から babel.config.js 形式に切り替えます。これはプロジェクト全体の設定形式であり、プラグインとプリセットを node_module に適用して制御を強化できます。

  1. ui.frontend モジュールに移動し、既存の .babelrc ファイルを削除します。

  2. peregrine プリセットを使用する babel.config.js ファイルを作成します。

    code language-javascript
    const peregrine = require('@magento/babel-preset-peregrine');
    
    module.exports = (api, opts = {}) => {
        const config = {
            ...peregrine(api, opts),
            sourceType: 'unambiguous'
        }
    
        config.plugins = config.plugins.filter(plugin => plugin !== 'react-refresh/babel');
    
        return config;
    }
    

Babel を使用するための webpack の設定

Babel ローダ (babel-loader) と webpack を編集し、 webpack.common.js ファイル。

次に移動: ui.frontend モジュールと更新 webpack.common.js ファイルを作成して、次のルールを module プロパティの値:

{
    test: /\.jsx?$/,
    exclude: /node_modules\/(?!@magento\/)/,
    loader: 'babel-loader'
}

Apollo クライアントの設定

Apollo クライアントは、GraphQL でローカルデータとリモートデータの両方を管理するために使用します。また、GraphQL クエリの結果を、正規化されたローカルのメモリ内キャッシュに格納します。

InMemoryCache が効果的に機能するには、possibleTypes.js ファイルが必要です。このファイルを生成するには、possibleTypes の自動生成を参照してください。また、PWA Studio 参照の実装possibleTypes.js ファイルの例も参照してください。

  1. ui.frontend モジュールに移動し、ファイルを ./src/main/possibleTypes.js として保存します。

  2. を更新します。 webpack.common.js ファイルの DefinePlugin セクションを使用して、ビルド時に必要な静的変数を置き換えることができます。

    code language-javascript
    const { DefinePlugin } = require('webpack');
    const { POSSIBLE_TYPES } = require('./src/main/possibleTypes');
    
    ...
    
    plugins: [
        ...
        new DefinePlugin({
            'process.env.USE_STORE_CODE_IN_URL': false,
            POSSIBLE_TYPES
        })
    ]
    

Peregrine および CIF コアコンポーネントの初期化

React ベースの Peregrine と CIF のコアコンポーネントを初期化するには、必要な設定ファイルと JavaScript ファイルを作成します。

  1. ui.frontend モジュールに移動し、フォルダー src/main/webpack/components/commerce/App を作成します。

  2. 次の内容の config.js ファイルを作成します。

    code language-javascript
    // get and parse the CIF store configuration from the <head>
    const storeConfigEl = document.querySelector('meta[name="store-config"]');
    const storeConfig = storeConfigEl ? JSON.parse(storeConfigEl.content) : {};
    
    // the following global variables are needed for some of the peregrine features
    window.STORE_VIEW_CODE = storeConfig.storeView || 'default';
    window.AVAILABLE_STORE_VIEWS = [
        {
            code: window.STORE_VIEW_CODE,
            base_currency_code: 'USD',
            default_display_currency_code: 'USD',
            id: 1,
            locale: 'en',
            secure_base_media_url: '',
            store_name: 'My Demo StoreFront'
        }
    ];
    window.STORE_NAME = window.STORE_VIEW_CODE;
    window.DEFAULT_COUNTRY_CODE = 'en';
    
    export default {
        storeView: window.STORE_VIEW_CODE,
        graphqlEndpoint: storeConfig.graphqlEndpoint,
        // Can be GET or POST. When selecting GET, this applies to cache-able GraphQL query requests only.
        // Mutations will always be executed as POST requests.
        graphqlMethod: storeConfig.graphqlMethod,
        headers: storeConfig.headers,
    
        mountingPoints: {
            // TODO: define the application specific mount points as they may be used by <Portal> and <PortalPlacer>
        },
        pagePaths: {
            // TODO: define the application specific paths/urls as they may be used by the components
            baseUrl: storeConfig.storeRootUrl
        },
        eventsCollector: {
            eventForwarding: {
                acds: true,
                aep: false,
            }
        }
    };
    
    note important
    IMPORTANT
    既に config.js ファイルから AEMガイド — CIF Venia Project、このファイルに対していくつかの変更を加える必要があります。 まず、TODO コメントを確認します。次に、eventsCollector プロパティ内で eventsCollector > aep オブジェクトを見つけ、orgId および datastreamId プロパティを正しい値に更新します。詳細情報
  3. 次の内容の App.js ファイルを作成します。このファイルは、一般的な React アプリケーションの開始点ファイルに似ており、React およびカスタムフックと、React コンテキストを使用して Experience Platform の統合を簡単にする方法が含まれています。

    code language-javascript
    import config from './config';
    
    import React, { useEffect } from 'react';
    import ReactDOM from 'react-dom';
    import { IntlProvider } from 'react-intl';
    import { BrowserRouter as Router } from 'react-router-dom';
    import { combineReducers, createStore } from 'redux';
    import { Provider as ReduxProvider } from 'react-redux';
    import { createHttpLink, ApolloProvider } from '@apollo/client';
    import { ConfigContextProvider, useCustomUrlEvent, useReferrerEvent, usePageEvent, useDataLayerEvents, useAddToCartEvent } from '@adobe/aem-core-cif-react-components';
    import { EventCollectorContextProvider, useEventCollectorContext } from '@adobe/aem-core-cif-experience-platform-connector';
    import { useAdapter } from '@magento/peregrine/lib/talons/Adapter/useAdapter';
    import { customFetchToShrinkQuery } from '@magento/peregrine/lib/Apollo/links';
    import { BrowserPersistence } from '@magento/peregrine/lib/util';
    import { default as PeregrineContextProvider } from '@magento/peregrine/lib/PeregrineContextProvider';
    import { enhancer, reducers } from '@magento/peregrine/lib/store';
    
    const storage = new BrowserPersistence();
    const store = createStore(combineReducers(reducers), enhancer);
    
    storage.setItem('store_view_code', config.storeView);
    
    const App = () => {
        const [{ sdk: mse }] = useEventCollectorContext();
    
        // trigger page-level events
        useCustomUrlEvent({ mse });
        useReferrerEvent({ mse });
        usePageEvent({ mse });
        // listen for add-to-cart events and enable forwarding to the magento storefront events sdk
        useAddToCartEvent(({ mse }));
        // enable CIF specific event forwarding to the Adobe Client Data Layer
        useDataLayerEvents();
    
        useEffect(() => {
            // implement a proper marketing opt-in, for demo purpose you hard-set the consent cookie
            if (document.cookie.indexOf('mg_dnt') < 0) {
                document.cookie += '; mg_dnt=track';
            }
        }, []);
    
        // TODO: use the App to create Portals and PortalPlaceholders to mount the CIF / Peregrine components to the server side rendered markup
        return <></>;
    };
    
    const AppContext = ({ children }) => {
        const { storeView, graphqlEndpoint, graphqlMethod = 'POST', headers = {}, eventsCollector } = config;
        const { apolloProps } = useAdapter({
            apiUrl: new URL(graphqlEndpoint, window.location.origin).toString(),
            configureLinks: (links, apiBase) =>
                // reconfigure the HTTP link to use the configured graphqlEndpoint, graphqlMethod and storeView header
    
                links.set('HTTP', createHttpLink({
                    fetch: customFetchToShrinkQuery,
                    useGETForQueries: graphqlMethod !== 'POST',
                    uri: apiBase,
                    headers: { ...headers, 'Store': storeView }
                }))
        });
    
        return (
            <ApolloProvider {...apolloProps}>
                <IntlProvider locale='en' messages={{}}>
                    <ConfigContextProvider config={config}>
                        <ReduxProvider store={store}>
                            <PeregrineContextProvider>
                                <EventCollectorContextProvider {...eventsCollector}>
                                    {children}
                                </EventCollectorContextProvider>
                            </PeregrineContextProvider>
                        </ReduxProvider>
                    </ConfigContextProvider>
                </IntlProvider>
            </ApolloProvider>
        );
    };
    
    window.onload = async () => {
        const root = document.createElement('div');
        document.body.appendChild(root);
    
        ReactDOM.render(
            <Router>
                <AppContext>
                    <App />
                </AppContext>
            </Router>,
            root
        );
    };
    

    EventCollectorContext は、以下を行う React コンテキストを書き出します。

    • commerce-events-sdk および commerce-events-collector ライブラリを読み込みます。
    • これらのライブラリを Experience Platform や ACDS の指定の設定で初期化します。
    • Peregrine からのすべてのイベントを購読して、イベント SDK に転送します。

    EventCollectorContext の実装について詳しくは、こちらを参照してください。

更新された AEM プロジェクトのビルドとデプロイ

上記のパッケージのインストール、コードおよび設定の変更が正しいことを確認するには、次の Maven コマンドを使用して、更新されたAEM Commerce プロジェクトを再構築し、デプロイします。 $ mvn clean install -PautoInstallSinglePackage.

Experience Platform の設定 aep-setup

カテゴリや製品など、AEM Commerce ページからのイベントデータを受信して保存するには、次の手順を実行します。

AVAILABILITY
Adobe Experience Platform および Adobe Experience Platform データ収集 ​の正しい​__製品プロファイル__​に属していることを確認します。必要に応じて、システム管理者と協力して、Admin Console で​__製品プロファイル__​の作成、更新または割り当てを行います。

Commerce フィールドグループを含んだスキーマの作成

コマースイベントデータの構造を定義するには、エクスペリエンスデータモデル(XDM)スキーマを作成する必要があります。スキーマは、データの構造と形式を表現および検証する一連のルールです。

  1. ブラウザーで、Adobe Experience Platform 製品ホームページに移動します。例:https://experience.adobe.com/#/@YOUR-ORG-NAME/sname:prod/platform/home

  2. 左側のナビゲーションセクションで​ スキーマ ​メニューを見つけ、右上のセクションから「スキーマを作成」ボタンをクリックして、「XDM ExperienceEvent」を選択します。

    AEP の「スキーマを作成」ボタン

  3. スキーマプロパティ/表示名 ​フィールドを使用してスキーマに名前を付け、構成/フィールドグループ/追加 ​ボタンを使用してフィールドグループを追加します。

    AEP でのスキーマ定義

  4. フィールドグループを追加 ​ダイアログで、Commerce を検索し、「コマースの詳細」チェックボックスを選択して、「フィールドグループを追加」をクリックします。

    AEP でのスキーマ定義

TIP
詳しくは、スキーマ構成の基本を参照してください。

データセットの作成

イベントデータを保存するには、スキーマ定義に準拠するデータセットを作成する必要があります。 データセットは、データの集まり ( 通常は、スキーマ(列)とフィールド(行)を含むテーブル ) のストレージと管理の構成体です。

  1. ブラウザーで、Adobe Experience Platform 製品ホームページに移動します。例:https://experience.adobe.com/#/@YOUR-ORG-NAME/sname:prod/platform/home

  2. 左側のナビゲーション セクションで データセット ​メニューを見つけ、右上のセクションから「データセットを作成」ボタンをクリックします。

    AEP の「データセットを作成」ボタン

  3. 新しいページで、スキーマからデータセットを作成 ​カードを選択します。

    AEP の「スキーマからデータセットを作成」オプション

    新しいページで、前の手順で作成したスキーマを​ 検索して選択 ​し、「次へ」ボタンをクリックします。

    AEP のデータセット作成での「スキーマを選択」セクション

  4. データセットを設定/名前 ​フィールドを使用してデータセットに名前を付け、「終了」ボタンをクリックします。

    AEP のデータセット作成での「名前」フィールド

TIP
詳しくは、データセットの概要を参照してください。

データストリームの作成

次の手順を実行して、データストリームを作成できるようにします。Experience Platform

  1. ブラウザーで、Adobe Experience Platform 製品ホームページに移動します。例:https://experience.adobe.com/#/@YOUR-ORG-NAME/sname:prod/platform/home

  2. 左側のナビゲーション セクションで​ データストリーム ​メニューを見つけ、右上のセクションから「新しいデータストリーム」ボタンをクリックします。

    AEP でのデータストリーム作成

  3. 名前」必須フィールドを使用して、データストリームに名前を付けます。 「イベントスキーマ」フィールドの下で、作成したスキーマを選択し、「保存」をクリックします。

    AEP でのデータストリーム定義

  4. 作成したデータストリームを開き、「サービスを追加」をクリックします。

    AEP でのデータストリーム作成の「サービスを追加」ボタン

  5. サービス」フィールドで、Adobe Experience Platform オプションを選択します。「イベントデータセット」フィールドで、前のステップで指定したデータセット名を選択し、「保存」をクリックします。

    AEP でのデータストリーム作成の「サービスを追加」の詳細情報

TIP
詳しくは、データストリームの概要を参照してください。

AEM Commerce 設定へのデータストリーム値の追加 add-aep-values-to-aem

上記の Experience Platform 設定が完了すると、データストリーム詳細の左側のパネルに datastreamId が表示され、プロファイル画像/アカウント情報/ユーザー情報 ​モーダルの右上隅に orgId が表示されます。

AEP でのデータストリーム ID

  1. AEM Commerce プロジェクトの ui.frontend モジュールで、 config.js ファイル、特に eventsCollector > aep オブジェクトのプロパティを更新します。

  2. 更新された AEM Commerce プロジェクトをビルドしてデプロイします。

addToCart イベントのトリガーとデータ収集の検証 event-trigger-verify

上記の手順で、AEM Commerce とExperience Platform の設定が完了します。 これで、 addToCart Google Chrome 拡張機能を使用したデータ収集のイベントと検証 Snowplow インスペクタ とデータセット 指標とグラフ 製品 UI で切り替えます。

イベントをトリガーするには、ローカル設定から AEM オーサーまたはパブリッシュサービスを使用します。 この例では、アカウントにログインして AEM オーサーを使用します。

  1. Sites ページから、 My Demo StoreFront/us/en ページを選択し、上部のアクションバーの「編集」クリックします。

  2. 上部のアクションバーで、「公開済みとして表示」をクリックし、ストアフロントのナビゲーションで任意のカテゴリをクリックします。

  3. 製品ページ ​で任意の製品カードをクリックし、色とサイズ ​を選択して「買い物かごに追加」ボタンを有効にします。

  4. ブラウザーの拡張機能パネルから Snowplow Inspector 拡張機能を開き、左側のパネルで Experience Platform Wed SDK を選択します。

  5. 製品ページ ​に戻り、「買い物かごに追加」ボタンをクリックします。これにより、データが Experience Platform に送信されます。 Adobe Experience Platform デバッガー ​拡張機能には、イベントの詳細が表示されます。

    AEP デバッガーに表示される「買い物かごに追加」イベントデータ

  6. Experience Platform製品 UI 内で、に移動します。 データセット/ My Demo StoreFrontデータセットアクティビティ タブをクリックします。 次の場合 指標とグラフ が有効な場合は、event-data 統計が表示されます。

    Experience Platform でのデータセットのデータ統計

実装の詳細 implementation-details

CIF Experience Platform コネクタは、PWA Studio プロジェクトの一部である Adobe Commerce 用データ接続上に構築されています。

PWA Studio プロジェクトを使用すると、Adobe Commerce または Magento Open Source を活用した Progressive Web Application(PWA)ストアフロントを作成できます。プロジェクトには、ビジュアルコンポーネントにロジックを追加するための Peregrin というコンポーネントライブラリも含まれています。Peregrin ライブラリには、Experience Platform とシームレスに統合するために Experience Platform コネクタで使用されるカスタム React フックも用意されています。

サポートされているイベント supported-events

現時点では、次のイベントがサポートされています。

エクスペリエンス XDM イベント:

  1. 買い物かごに追加(AEM)
  2. ページを表示(AEM)
  3. 製品を表示(AEM)
  4. 送信された検索リクエスト(AEM)
  5. 受信した検索応答(AEM)

Peregrine コンポーネントが AEM Commerce プロジェクトで再利用されている場合:

エクスペリエンス XDM イベント:

  1. 買い物かごから削除
  2. 買い物かごを開く
  3. 買い物かごを表示
  4. 即時購入
  5. チェックアウトを開始
  6. チェックアウトを完了

プロファイル XDM イベント:

  1. サインイン
  2. アカウントを作成
  3. アカウントの編集

その他のリソース additional-resources

詳しくは、次のリソースを参照してください。

recommendation-more-help
fbcff2a9-b6fe-4574-b04a-21e75df764ab