Adobe Experience Manager 6.5 の最新のサービスパックのリリースノート aem-service-pack-release-notes

リリース情報 release-information

製品
Adobe Experience Manager 6.5
バージョン
6.5.16.0
タイプ
サービスパックのリリース
日付
2023 年 2 月 23 日木曜日
ダウンロード URL
ソフトウェア配布

Experience Manager 6.5.16.0 の内容 what-is-included-in-aem-6516

Experience Manager 6.5.16.0 には、2019年4月の初期の 6.5 公開以降にリリースされた新機能、お客様からの要望に基づく主要な機能強化、バグ修正、パフォーマンス、安定性、セキュリティの向上が含まれています。このサービスパックを Experience Manager 6.5 にインストールします。

Dynamic Media の主な改善点は次のとおりです。

CMAF([共通メディアアプリケーション形式])が有効な Dynamic Media ビデオ配信で、アダプティブビットレートストリーミングをサポートする新しいプロトコル DASH(HTTP での動的アダプティブストリーミング)が開始しました。

  • アダプティブストリーミング(DASH/HLS)により、エンドユーザーがビデオを視聴する際の操作性が向上します。
  • DASH はアダプティブビデオストリーミングの国際標準プロトコルであり、業界で広く採用されています。
  • アジア太平洋および北米で現在利用可能です(サポートチケットを通じて有効化できます)。ヨーロッパ中東アフリカではまもなく提供予定です。

詳しくは、「アカウントでの DASH の有効化」を参照してください。

Assets assets-6516

  • 接続されたアセット:リモート DAM の画像に対してスマート切り抜きオプションを有効にし、画像をフォルダーにアップロードしてフォルダーをローカルサイトに同期すると、ローカルサイトのデプロイメントでフォルダーが開きません。(NPR-39912)
  • コレクションを名前で並べ替えると、リスト表示が適切に機能しません。(ASSETS-19401)
  • サイズの大きいメディアファイル(JPEG)がコレクションにアップロードされると、Experience Manager が応答を停止します。(ASSETS-19387)
  • コンテンツツリーペインでは、アセットの場所が適切にレンダリングされないので、表示されるアセット名が正しくありません。(ASSETS-18870)
  • リンクを使用してコレクションを共有する際、カード表示とリスト表示を入れ替えるとURL 内のデータが一致しません。(ASSETS-18758)
  • フォルダータイプに対してフィルターを使用してオムニサーチを実行すると、検索結果に一貫性がなくなります。(ASSETS-18227)
  • dam:size プロパティが XMP の書き戻し後に更新されないので、/platform/path/to/asset.jpg;resource=metadata API から誤った情報が返されます。(ASSETS-17631)
  • すべての Experience Manager インスタンスでリソースリゾルバーが閉じられません。(ASSETS-16904)
  • create および modify の権限が割り当てられていても、アセットのバージョンを作成できません。(ASSETS-15956)
  • アセットを別のポイントに移動する際に、move ボタンがランダムに無効になります。(ASSETS-14889)
  • 見出しタグ内でテキストが定義されず、一般的なテキストとして定義されるので、スクリーンリーダーが見出しを識別できません。(ASSETS-6924)
  • 画像の下の代替テキストは必須ではありませんが、画像の下に表示されるテキストが Type 属性で繰り返されます。(ASSETS-6915)

Assets - Dynamic Media dm-6516

  • フォーム要素にラベルが含まれていません。NVDA や JAWS などのスクリーンリーダーでは、フォームのラベル情報が正しく通知されません。(CQ-4344078)

  • Escape キーをキーボードで使用すると、ドロップダウンが閉じません。(CQ-4344077)

  • 無効な入力が行われた後にインラインエラー候補に表示される情報アイコン(「i」という文字)は、キーボードを使用してアクセスできません。(CQ-4344076)

  • JCR プロパティが getString ではなく toString と読み取られたので、getManifestURI が null を返します。(ASSETS-18674)

  • SmartCrop ビデオコンポーネントが正しく動作していません。コンポーネントがストリーミングではなく再生を実行しており、VTT 呼び出しが失敗して 404 エラーが発生します。(ASSETS-18468)

  • アセットの閲覧者ページで「プロパティ」を選択すると、null ポインターの例外が発生します。(ASSETS-18420)

  • Experience Manager のユーザインターフェイスが、次の機能を含む DASH ストリーミング用に変更されました。

    • ビデオプロファイルエディターに「CMAF」フィールドが表示されます。
    • ビデオのアップロードプロセスでは、CMAF フラグが送信されます。
    • 自動HLSダッシュ ​の各オプションを、閲覧者プリセットエディターの「動作」タブの再生ドロップダウンリストで使用できるようになりました。
      (ASSETS-17428)
  • ナビゲーションで、アセットファイル作成カルーセルセット ​を選択すると、画像アイコンが「スライド 1」のテキスト文字列と重なります。(ASSETS-18578)

  • 未公開のアセットが再び公開されます。(ASSETS-16428)

  • Experience Manager 作成者が読み込みの問題によりダウンし、合成アラートの作成を促すメッセージが表示されます。(ASSETS-15937)

  • Dynamic Media の一般設定ページに、未翻訳のエラーメッセージ Failed to fetch data が表示されます。(ASSETS-15617)

Forms forms-6516

Forms の主な機能 forms-features-6516

  • ヘッドレスアダプティブフォームを使用すると、デベロッパーは、従来のグラフィカルユーザーインターフェイスではなく、API を介してアクセスおよび操作できるインタラクティブなフォームを作成、公開、管理できます。

  • アダプティブフォームコアコンポーネントは、Adobe Experience Manager WCM コアコンポーネントの基盤上に構築された、BEM に準拠した 24 個のオープンソースからなるコンポーネント群です。これらのコンポーネントはオープンソースなので、デベロッパーは組織の特定のニーズに合わせて簡単にカスタマイズおよび拡張できます。WCM コアコンポーネントをカスタマイズできる既存のスキルがあれば、これらのコンポーネントを簡単にカスタマイズおよびスタイル設定できます。

  • OSGi の Reader Extension サービスには、Adobe Acrobat Reader でデータをインポートまたはエクスポートするために、PDF のインポートおよびエクスポートの使用権限を有効化する個別のオプションが追加されました。(NPR-39909)

Forms の修正 forms-fixes-6516

  • タスクを割り当て ​手順を使用して割り当てられたタスクに関する通知を送信すると、割り当てられた個人に 1 通ではなく 2 通のメールが送信されます。(NPR-40078)

  • ユーザーがテーブルヘッダーを非表示にすると、以前に設定した列幅が未設定になり、すべての列が同じ幅になります。(NPR-40063)

  • 管理者ユーザーのデフォルトのパスワードを admin から変更すると、AEM Forms JEE サービスパックで Prepare Adobe Experience Manager Server For DSC deployment チェックを実行する際にエラーが発生します。(NPR-40062) および (NPR-39387)

  • OutputService と AssemblerService の API で、PDF フォームを PDF/A に変換できません。(NPR-39990)

  • AssemblerService で PDF を PDF/A に変換できません。ユーザーが PDF を PDF/A に変換すると、次のエラーが発生します。PDFAConformance isCompliant="false" compliance="PDF/A-1b" resultLevel="Summary" ignoreUnusedResources="true" allowCertificationSignatures="true"> <Violation count="6" key="PDFA_CS_001_NOT_DEVICE_INDEPENDENT" description="ColorSpace is not device independent(NPR-39956)

  • GuideSubmitServlet API 呼び出しでサーバーサイドの検証が失敗した場合、クライアントに送信される応答でエラーが返されません。(NPR-39925)

  • Windows サーバーで AEM 6.5.15.0 サービスパックにアップグレードすると、複数のエラーメッセージが表示されてメールサービスが機能しません。(NPR-39919)

  • AEM 6.5.14.0 にアップグレードし、importData サービスを使用して PDF を XML と結合すると、次のエラーが発生します。Caused by: java.lang.NoSuchMethodError: com.adobe.xfa.form.FormModel.isXFABarcode(Lcom/adobe/xfa/Node;)Ljava/lang/Boolean(NPR-39807)

  • ユーザーが ドキュメントセキュリティ Office 拡張機能をインストールすると、次の問題が発生します。

    • Microsoft® Excel が頻繁にクラッシュします。
    • セキュリティで保護されているドキュメントを開くときに、ドキュメントセキュリティ Office 拡張機能がマシンにインストールされていると認識されません。セキュリティ拡張機能をダウンロードしてインストールするようにユーザーに伝えます。(NPR-39768)
  • ユーザーが AEM 6.5.15.0 サービスパックにアップグレードした後で、PostScript から PDF への変換が機能しません。(NPR-39765) および (NPR-39764)

  • ユーザーがアダプティブフォームを開いた後にツアー画面を開こうとすると、NullPointer 例外 [172.17.0.1[1662032923933]GET/libs/fd/af/content/editors/form/tour/content.htmlHTTP/1.1]com.day.cq.wcm.core.impl.WCMDebugFilterException:org.apache.sling.api.scripting.ScriptEvaluationException:" が発生して失敗します。(NPR-39654)

  • Windows では、ユーザーが高コントラストの黒の設定を有効にすると、ブラウザーで HTML プレビューとしてレンダリングされたときに HTML5 フォームのコンテンツが不明瞭になります。(NPR-39018)

  • ユーザーがメタデータを追加しようとすると、下書きコンポーネントと送信コンポーネントの両方で「保存」ボタンが機能しなくなります。(CQ-4349601)

  • AEM 6.5.15.0 サービスパックにアップグレードすると、Visual Editor で相対 URL のリダイレクトが機能しなくなります。(NPR-39947)

  • AEM 6.5.15.0 サービスパックにアップグレードすると、Internet Explorer でリダイレクトの動作が停止します。(CQ-4351745)

  • AEM 6.5.15.0 サービスパックにアップグレードすると、HTML 見出しタグが認識されません。見出しタグの HTML コードは、HTML フォームにテキストとして表示されます。(NPR-39915)

  • アダプティブフォームを送信しようとすると、タイプキャストエラー ERROR [10.207.64.167 [1668589530607] POST /app/LS4/content/forms/af/revalidate/jcr:content/guideContainer.af.submit.jsp HTTP/1.1] が発生します。(NPR-39809)

  • メールを送信」送信アクションを使用してレコードのドキュメントをプレビューすると、正しく表示されません。メールテンプレートは、レコードのドキュメントのプレビューに埋め込まれます。(CQ-4352155)

  • IE 互換モードで Microsoft® Edge ブラウザー上でアダプティブフォームを HTML としてプレビューすると、正しく表示されません。(CQ-4352216)

  • 翻訳を有効にするには、アンダースコアやハイフンなどの特殊文字を含む新しいロケールを辞書に含める必要があります。(NPR-40088)

AEM 6.5.16.0 Forms アドオンサービスパックをインストールすると、以下に示す問題が発生していました。そのため、AEM 6.5.16.0 Forms アドオンサービスパックの更新バージョン - 6.0.914 がリリースされました。アドビでは、アップデートされたサービスパックを使用することをお勧めします。

  • forms-users グループのユーザーを使用してアダプティブフォームを作成しようとすると、テンプレートを選択するオプションが存在せず、次のようなエラーが発生します。
    internal server error: java.lang.NullPointerException
    at com.adobe.aem.formsndocuments.servlet.ThemeClientLibraryDataSourceServlet.lambda$getThemeClientLibCategoryList$3(ThemeClientLibraryDataSourceServlet.java:76)
    at java.base/java.util.stream.ReferencePipeline$2$1.accept(ReferencePipeline.java:176)
    at java.base/java.util.Iterator.forEachRemaining(Iterator.java:133) (FORMS-7629)
  • コードエディターのルールで加えた変更が保存されません。(FORMS-7532)

統合 integrations-6516

Sites sites-6516

  • 現在の cq-wcm-core アーティファクトリリースには POM がありません。(SITES-10983)
  • ロールアウトプレビューアクションでは、作成するページをリストするべきではありません。(SITES-10355、CQ-4266213)
  • MSM 分離後にロールアウトすると、分離されたページが再作成されます。(SITES-9841)
  • ローンチの作成がタイムアウトしています。ユーザーは、リクエストがタイムアウトするまで、読み込み画面で何分も待つ必要があります。(SITES-9051)
  • ロールアウトページのユーザーインターフェイスに、存在しない親ページのパスが表示されます。成功メッセージが表示されてページをロールアウトできますが、親ページが最初にロールアウトされないので、子ページはロールアウトされません。(SITES-8621)

Sites - コアコンポーネント sites-core-components-6516

  • メールページのリンク処理を一元化し、モデルのカスタマイズが不要になりました。(SITES-9002)

Sites - 管理ユーザーインターフェイス sites-adminui-6516

  • CSV のエクスポートで、選択したページにあるすべてのページをエクスポートすることができません。(SITES-9390)

Sites - Content Fragments sites-contentfragments-6516

  • コンテンツフラグメントの JSON を印刷できません。これは、コンテンツフラグメントのプレビューページを開いたときに、GraphQL クエリを生成できないためです。(SITES-8619)
  • コンテンツフラグメントモデルのエディターを再度開くと、すべての「日付と時間」フィールドが日付と時間のタイプにデフォルト設定されます。(SITES-8401)

Sites - Experience Fragments sites-experiencefragments-6516

  • 許可されたテンプレートの一覧にテンプレートが表示されている場合でも、エクスペリエンスフラグメントを別のフォルダーに移動することができません。(SITES-8601)
  • (SITES-7989)

Sites - ページエディター sites-pageeditor-6516

  • SITES-8464(オーサリングモードでページレンダリングを行うと多数の TemplatedResourceImpl オブジェクトが作成される)で改善された、リソースリゾルバーの依存関係を更新します。(SITES-9350)

Sling sling-6516

  • Experience Manager が起動時にデッドロックされます。(NPR-39832)
  • バニティーパスが Experience Manager のバージョンストレージに多数存在する場合、Experience Manager の起動は失敗します。(NPR-38955)

移動プロジェクト translation-6516

  • MicrosoftTranslationServiceImpl のクエリ文字列パラメーター Category が正しくありません。(NPR-39828)
  • 移動プロジェクトを作成すると「マスターページリソースが存在しません」というエラーが表示され、移動プロジェクトが作成されません。(NPR-39762)
  • 人間の移動コネクターを使用する移動プロジェクトに期限を設定できません。(NPR-39593)

ユーザーインターフェイス ui-6516

  • 解像度を下げると DatePicker が表示されません。また、AM/PM の選択が表示されないか、表示が変化しません。(NPR-39948)
  • js の縮小(JavaScript の最小化)を使用する場合、解析エラーが原因で縮小は処理されません。(NPR-39650)
  • タグフィールド(/libs/cq/gui/components/coral/common/form/tagfield)がタイムラインと競合しています。(CQ-4350751)

WCM wcm-6516

  • ロールアウトプレビューアクションでは、作成するページをリストするべきではありません。(CQ-4266213、SITES-10355)

ワークフロー workflow-6516

  • 編集可能なワークフローモデルを /conf から手動で削除すると、編集可能なモデルのない長期的なランタイムモデルインスタンスが残ります。(CQ-4349365)

Experience Manager 6.5.16.0 のインストール install

  • Experience Manager 6.5.16.0 には Experience Manager 6.5 が必要です。手順について詳しくは、アップグレードに関するドキュメントを参照してください。
  • サービスパックは、アドビのソフトウェア配布からダウンロードできます。
  • MongoDB と複数のインスタンスを含むデプロイメントでは、パッケージマネージャーを使用して、オーサーインスタンスの 1 つに Experience Manager 6.5.16.0 をインストールしてください。
IMPORTANT
アドビでは、Experience Manager 6.5.16.0 パッケージを削除またはアンインストールすることを推奨しません。 したがって、パッケージをインストールする前に、ロールバックする必要がある場合に備えて crx-repository のバックアップを作成する必要があります。

Experience Manager 6.5 へのサービスパックのインストール install-service-pack

  1. インスタンスが更新モードの場合(インスタンスが以前のバージョンから更新された場合)、インストール前にインスタンスを再起動します。インスタンスの現在の稼動時間が長い場合、アドビは再起動することを推奨します。

  2. インストールする前に、Experience Manager インスタンスのスナップショットまたは新しいバックアップを作成します。

  3. ソフトウェア配布からサービスパックをダウンロードします。

  4. パッケージマネージャーを開き、「パッケージをアップロード」を選択して、パッケージをアップロードします。詳しくは、パッケージマネージャーを参照してください。

  5. パッケージを選択して、「インストール」を選択します。

  6. S3 コネクタを更新するには、サービスパックのインストール後にインスタンスを停止し、既存のコネクタをインストールフォルダーに用意されている新しいバイナリファイルに置き換えて、インスタンスを再起動します。Amazon S3 データストアを参照してください。

NOTE
サービスパックのインストール中に、パッケージマネージャー UI のダイアログが終了することがあります。Adobeでは、エラーログが安定するのを待ってから、デプロイメントにアクセスすることをお勧めします。アップデーターバンドルのアンインストールに関連する特定のログが表示されるのを待ってから、インストールが成功したことを確認してください。この問題は、通常 Safari ブラウザーで発生しますが、どのブラウザーでもときどき発生する場合があります。

自動インストール

Experience Manager 6.5.16.0. の自動インストールに使用できる方法は 2 つあります

  • サーバーがオンラインで使用可能な場合、パッケージを ../crx-quickstart/install フォルダーに配置します。パッケージが自動的にインストールされます。
  • パッケージマネージャーの HTTP API を使用します。ネストされたパッケージがインストールされるように、cmd=install&recursive=true を使用します。
NOTE
Experience Manager 6.5.16.0 では、Bootstrap のインストールをサポートしていません。

インストールの検証

このリリースでの動作が認定されたプラットフォームについては、技術要件を参照してください。

  1. 製品情報ページ(/system/console/productinfo)のインストール済み製品に、更新されたバージョン文字列 Adobe Experience Manager (6.5.16.0) が表示されます。

  2. すべての OSGi バンドルは、OSGi コンソールで アクティブ または フラグメント です(web コンソールを使用:/system/console/bundles)。

  3. OSGi バンドル org.apache.jackrabbit.oak-core はバージョン 1.22.14 以降です(web コンソールを使用:/system/console/bundles)。

Experience Manager Forms へのサービスパックのインストール install-aem-forms-add-on-package

AEM Forms にサービスパックをインストールする手順については、AEM Forms サービスパックのインストール手順を参照してください。

Experience Manager コンテンツフラグメント用の GraphQL インデックスパッケージのインストール install-aem-graphql-index-add-on-package

GraphQL を使用しているお客様は、AEM コンテンツフラグメントと GraphQL インデックスパッケージ 1.0.5 をインストールする必要があります。

これにより、実際に使用する機能に基づいて、必要なインデックス定義を追加できます。

このパッケージをインストールしないと、GraphQL クエリが遅くなったり失敗したりする場合があります。

NOTE
このパッケージは、インスタンスごとに 1 度だけインストールします。サービスパックごとに再インストールする必要はありません。

UberJar uber-jar

Experience Manager 6.5.16.0 の UberJar は、Maven Central リポジトリで入手できます。

NOTE
Experience Manager 6.5.16.0 では、UberJar のバージョン(6.5.15.0)は以前のリリースと同じままです。

Maven プロジェクトで UberJar を使用するには、UberJar の使用方法を参照し、プロジェクト POM に次の依存関係を含めます。

<dependency>
     <groupId>com.adobe.aem</groupId>
     <artifactId>uber-jar</artifactId>
     <version>6.5.15</version>
     <scope>provided</scope>
</dependency>
NOTE
UberJar およびその他の関連アーティファクトは、Adobe のパブリック Maven リポジトリー (repo.adobe.com) ではなく、Maven Central リポジトリーで入手できます。メインの UberJar ファイルの名前は、「uber-jar-<version>.jar」に変更されます。そのため classifier が存在せず、apis が値として dependency タグに使用されます。

廃止される機能および削除された機能 removed-deprecated-features

廃止される機能および削除された機能を参照してください。

既知の問題 known-issues

  • コンテンツモデルのカスタム API 名を使用していた可能性のある GraphQL クエリを、代わりにコンテンツモデルのデフォルト名を使用するように更新してください。

  • GraphQL クエリでは、fragments インデックスの代わりに damAssetLucene インデックスを使用する場合があります。このアクションは結果的に、GraphQL クエリが失敗するか、実行に非常に長い時間がかかる可能性があります。

    問題を修正するには、damAssetLucene では、/indexRules/dam:Asset/properties に次の 2 つのプロパティを含むように設定する必要があります。

    • contentFragment

      • jcr:primaryType="nt:unstructured"
      • name="jcr:content/contentFragment"
      • propertyIndex="{Boolean}true"
      • type="Boolean"
    • model

      • jcr:primaryType="nt:unstructured"
      • name="jcr:content/data/cq:model"
      • ordered="{Boolean}true"
      • propertyIndex="{Boolean}true"
      • type="String"

    インデックス定義を変更した後、インデックス再作成が必要です(reindex = true)。

    これらの手順を行うと、GraphQL クエリの実行が高速化されます。

  • コンテンツフラグメントまたはサイトやページを移動/削除/公開しようとすると、コンテンツフラグメントの参照を取得する際にバックグラウンドクエリが失敗するという問題があります。つまり、この機能が動作しなくなります。
    正しく動作させるには、インデックス定義ノード /oak:index/damAssetLucene に次のプロパティを追加する必要があります(インデックスの再作成は不要です)。

    code language-xml
    "tags": [
        "visualSimilaritySearch"
      ]
    "refresh": true
    
  • Microsoft® Windows Server 2019 は MySQL 5.7 および JBoss® EAP 7.1 をサポートしていないので、Microsoft® Windows Server 2019 は AEM Forms 6.5.10.0 の自動インストールをサポートしていません。

  • Experience Manager インスタンスを 6.5.0~6.5.4 から Java™ 11 の最新のサービスパックにアップグレードすると、error.log ファイルに RRD4JReporter 例外が表示されます。例外を停止するには、Experience Manager のインスタンスを再起動します。

  • ユーザーは、Assets の階層内のフォルダーの名前を変更し、ネストされたフォルダーを Brand Portal に公開できます。ただし、ルートフォルダーが再公開されるまで、Brand Portal でフォルダーのタイトルは更新されません。

  • アダプティブフォームでユーザーが初めてフィールドを設定する場合、設定を保存するオプションはプロパティブラウザーに表示されません。同じエディターでアダプティブフォームの他のフィールドを設定するように選択すると、問題が解決します。

  • Experience Manager 6.5.x.x のインストール中に、次のエラーや警告メッセージが表示される場合があります。

    • 「Target Standard API(IMS 認証)を使用して Experience Manager に Adobe Target 統合を設定する場合、エクスペリエンスフラグメントを Target に書き出すと、間違ったオファータイプが作成されます。Target では、「エクスペリエンスフラグメント」/ソース「Adobe Experience Manager」タイプではなく、「HTML」/ソース「Adobe Target Classic」タイプのオファーをいくつか作成します。
    • com.adobe.granite.maintenance.impl.TaskScheduler : granite/operations/maintenance にメンテナンスウィンドウが見つかりません。
    • SUM、MAX、MIN などの集計関数が使用される場合、アダプティブフォームのサーバー側検証が失敗します (CQ-4274424)。
    • com.adobe.granite.maintenance.impl.TaskScheduler - granite/operations/maintenance にメンテナンスウィンドウが見つかりません。
    • ショッパブルバナービューアでアセットをプレビューしている間、Dynamic Media インタラクティブ画像のホットスポットは表示されません。
    • com.adobe.cq.social.cq-social-jcr-provider bundle com.adobe.cq.social.cq-social-jcr-provider:1.3.5 (395)[com.adobe.cq.social.provider.jcr.impl.SpiSocialJcrResourceProviderImpl(2302)] : 登録状況を未登録に変更する処理が完了するのを待機中にタイムアウトになりました。
  • AEM Forms では、POP3 プロトコルは Microsoft® Office 365 のメールエンドポイントでは機能しません。

  • JBoss® 7.1.4 プラットフォームで AEM 6.5.16.0 サービスパックをインストールすると、adobe-livecycle-jboss.ear のデプロイメントが失敗します。

  • AEM 6.5.15 以降、org.apache.servicemix.bundles.rhino バンドルで提供される Rhino JavaScript エンジンには、新しく巻き上げ動作が追加されました。strict モード(use strict;)を使用するスクリプトでは、変数を正しく宣言する必要があります。そうで場合、実行されず、代わりにランタイムエラーが発生します。

含まれている OSGi バンドルとコンテンツパッケージ osgi-bundles-and-content-packages-included

次のテキストドキュメントには、Experience Manager 6.5.16.0 に含まれている OSGi バンドルとコンテンツパッケージの一覧が記載されています。

制限付き Web サイト restricted-sites

以下の web サイトはお客様のみが参照できます。アクセス権を必要とするお客様は、アドビのアカウントマネージャーにお問い合わせください。

recommendation-more-help
19ffd973-7af2-44d0-84b5-d547b0dffee2