IP ウォーミングによる電子メールの評判の向上

はじめに

アドビ配信品質チームが顧客固有のプログラムを理解できるように、顧客はアドビと設定を共有する必要があります。質問の内容は、アドビ配信品質チームが、顧客の送信評価と電子メールの量を把握できるように設計されています。ビジネスモデル、電子メールマーケティングの目標、評判の指標を具体的に理解しない限り、戦略をカスタマイズすることはできず、配信品質の問題が発生するリスクがあります。

最初は、独自の専用 IP(インターネットプロトコル)アドレスが割り当てられます。電子メール送信のコンテキストでは、IP アドレスは、顧客に電子メールメッセージを配信するために使用されるルートです。IP アドレスとドメインは、ネットワークで送信者を受信側 ISP に対して識別するために使用されます。アドビは、送信量、電子メールプログラム、データセグメント化の方法、契約に基づいて、適切な数の電子メール送信用 IP アドレスを割り当てます。

関連トピック:

IP ウォーミングを行う理由 why-ip-warming

インターネットサービスプロバイダー(ISP)やメールボックスプロバイダー(MBP)は、未知の IP アドレスや送信ドメインを検出した際に予防策を講じます。これは、送信者のタイプに関係なく、新しい送信 IP アドレスに関連付けられた標準的な手順です。ISP/MBP は、IP アドレスと送信ドメインを詳細に調査し、この IP アドレスとドメインから送信される電子メールがスパムであるかどうかを判断します。これは、送信者のタイプに関係なく、新しい送信 IP アドレスに関連付けられた標準的な手順です。

ISP は、これらのメール送信から発生する送信量、送信頻度、苦情数、直帰率を注意深く調べます。善かれあしかれ、これらはすべて送信者の評判の指標として注意深く調べられます。

もちろん、このようなデータポイントを調べるプロセスには時間がかかり、1、2 日では実現できません。評判は時間と共に築かれるものです。このプロセスは、見知らぬ人を家に入れるようなものです。会ったことのない人を家に入れることを不安に思うでしょうか。

答えは「思う」である可能性が非常に高いです。その人とその動機を分析したいと思うでしょう。悪意はあるのか。脅威なのか。悪質なトラフィックや不要なトラフィックからネットワークを保護するために、ISP も同様に振る舞います。肯定的な評価指標は、IP ウォーミングプロセスの成功に非常に役立ちます。これが、初めは少量の電子メールを、エンゲージメントの高い顧客に送信する大切さを強調する理由です。詳しくは、新しいトラフィックを送信する際のターゲティング条件を参照してください。

新しい IP アドレスや複数の IP アドレスから大量の電子メールをゲート外に送信するのは最適な方法とは言えず、おそらく配信品質の問題を引き起こすでしょう。推奨どおりに、少量を送信してから徐々に増やした場合でも、電子メールのベストプラクティスに従う必要があるということに注意を払うのは非常に重要なことです。

メール送信の権限(明示的なオプトイン)

これは、購読者の電子メールリストの管理と拡大に最も重要なコンポーネントです。スパム対策法が拡大し、国際的により包括的になるにつれて、リストの各購読者の明示的な(または明確な)同意を確実に得ることが、マーケターの主な焦点となります。つまり、各購読者は、ブランドからの電子メールの受信に積極的に同意しています。これは、電子メールプログラムに明示的に登録せず、あるアクションを取った後に電子メールリストに追加される、暗黙の同意とは異なります。

詳しくは、アドビの利用規定を参照してください。

評価指標:ISP が調査するもの

ISP は、外部ネットワークから受信した電子メールを配信するかどうかを知識に基づいて決定するために、高度なテクノロジーを使用します。このプロセスで役立つ複雑で独自のアルゴリズムがツールセットに含まれている場合もあります。

調査されるデータポイントの一部を以下に示します。

  • スパムトラップヒット数
  • ブロックリストヒット数
  • 電子メールのバウンス数
  • 購読者のエンゲージメント

ISP には、ポリシーとベストプラクティスに沿った特定の技術設定が必要です。アドビは、お客様が責任を持ち信頼できる送信者であることを示すような IP アドレスと委任されたサブドメインを設定します。これは電子メール認証と呼ばれます。認証を使用すると、送信者がその IP アドレスまたはドメインから送信する権限を持っているかどうかを受信者が検証できます。

認証を使用すると、ISP は、ドメインまたは IP アドレスから送信している会社がその権限を持っていることを検証できます。これは基本的に、送信者の身元を証明するもので、送信者が他の誰かを装ったり、他の誰かに装われたりしていないことを確かめるために行われます。

アドビでは、デフォルトで SPF と DKIM を設定し、リクエストに応じて DMARC を設定します。ISP は、認証の主な形式として SPF と DKIM を参照します。また、多くの ISP は、DMARC(ドメインベースのメッセージ認証、レポートおよび準拠)をフィルタリングの決定に組み込んでいます。未認証の電子メールは必ずしもブロックされませんが、追加のフィルタリングが行われます。

IP ウォーミング:期待する内容

制限付きまたはブロックされたメール

スパムの発信者は常に新しい IP アドレスから送信しています。シャットダウンされるまで IP プールを使用して、別の IP プールで同じことを繰り返します。その結果、ISP は新しい IP アドレスから送信されるトラフィックを慎重に処理します。ISP が大量の電子メールを送信する IP をブロックするのは、スパムの発信者によって悪質なアクティビティが実行されていることを疑うからです。

したがって、新しい IP からメール送信を始めた時に、メッセージが遅延したり送信数が制限されたりすることは珍しくありません。数回再試行した後で、通常、メッセージは受け入れられ、配信されます。

新しい送信者を遅延させる ISP へのトラフィックの流れが通常になるには、数日かかる場合があります。その場合でも、メール送信は停止せずに、最も関与の高い電子メール購読者への送信に焦点を合わせます。

まれに、ISP が新しい送信者をブロックする場合があります。アドビは、アカウントを監視しており、そのようなブロックが疑われる場合は、ISP に問い合わせて、状況をできる限り適切に修正するように試みます。

ここで重要なのは一貫性です。不規則な送信ボリュームパターンや頻繁に送信しない送信パターンは、途中で配信品質の問題を引き起こします。

苦情

苦情は、購読者が電子メールプログラムを通じて電子メールをスパムとラベル付けした場合に発生します。これにより、ISP に対して苦情アクティビティに関する通知が送信されます。ISP に送信された苦情数が十分にある場合、ISP は顧客を保護するために行動します。多くの電子メールが購読者のインボックスに届かないようにブロックされる場合や、一部の電子メールが購読者のインボックスではなく、一斉メールフォルダーに届くようになる場合があります。配信上の問題が苦情に起因する場合は、なぜ受信者が苦情を言っているかを判断することが重要です。

購読者はいろいろな理由で苦情を言います。同じトピックに関するメッセージが多すぎると感じたり、メッセージを期待していなかったり、電子メールの受信に登録した覚えがない場合など、購読者が電子メールの受信を望まないことがあります。

データの有効性

ISP の配信不能なアドレスに送信すると、ハードバウンスが発生します。アドレスの入力ミスや、以前アクティブだったが無操作状態が続いた後に閉鎖または終了したアドレスへのメール送信など、様々な理由で、アドレスに配信できない場合があります。

大量のハードバウンスが発生した場合、その理由を理解することが重要です。アドレスの収集方法を確認し、許可が与えられたことを確認します。メールアカウントを閉鎖し、マーケティングリストにそのアドレスを持っている人に通知しない場合があります。

エンゲージメント

ISP は、ボリュームが一貫し、品質の良いデータを求めます。4~8 週間かけて、トラフィックを徐々に着実に増加していきます。ランプアップに必要な時間は、ボリュームと目標に基づいて異なりますが、通常は少なくとも 8 週間のプロセスです。

電子メールトラフィックは、徐々に着実に展開し、リスト全体を送信するまで毎週増やしていく必要があります。さらに、各セグメントは、完了するまでスケジュールに従います。まず最新の購読者から始めて、最後にエンゲージメントが最も少ない購読者で終了します。また、一部の ISP では新しいトラフィックの扱い方が異なるので、よりカスタマイズされた方法を必要とする場合もあります。

エンゲージメントについての詳細を表示

コースの維持

推奨されるよりも多くの量を送信して、IP ウォーミングのプロセスで先を急ぎたくなるかもしれません。エンゲージメントの最も高い購読者を特定する時間をかけず、そうした購読者に最初にメールを送信することなく、肯定的な評判を築きたくなるかもしれません。この衝動に逆らって下さい。長い目で見ると、これは役に立ちません。

非常に重要なのは、IP ウォーミングの開始段階に限って、(電子メールとの)エンゲージメントの高い購読者にメール送信を開始することです。これらの顧客は最も価値が高く、電子メールを開く傾向にあるので、内容が興味深く、求められているメールを送信するマーケターであることを ISP に示すのに役立ちます。また、規則に準拠してベストプラクティスに従っているマーケターであることも ISP に示せます。

まとめ

注意:IP ウォーミングはマラソンです。短距離走ではありません。このプロセスは、煩わしく時間のかかる作業のように思えるかもしれませんが、信頼できる真の電子メールのベストプラクティスに従わずに損傷した評判を修復しようと試みるほうが、より多くの作業を伴います。

優れた送信プラクティスであるほど、ISP に対する評判スコアが高く、電子メールが配信される可能性が高くなります。IP ウォーミングとランプアップは、メールのデザインに関するベストプラクティスに従うことで、受信トレイへの配信を最適化するのに役立ちます。

アドビのグローバル配信品質チームは、このプロセスのパートナーであり、IP ウォーミング段階でお客様の成功を支援します。

recommendation-more-help
ce4a522f-06e7-4189-95bc-98ae01b1a1ec