クラウドインフラストラクチャー上のAdobe Commerce v2.3.5 GraphQL キャッシュの無効化が機能しない

この記事では、GraphQLの問題に対するパッチを提供します GET 顧客が商品情報を変更すると、リクエストは古い情報を返します。

影響を受ける製品とバージョン

クラウドインフラストラクチャー上のAdobe Commerce v2.3.5.

問題

GraphQL リクエストは Fastly によってキャッシュされ、キャッシュされたバージョンは、Fastly からの後続のリクエストごとに取得されます。 商品がAdobe Commerce バックエンドで再保存されると、商品が更新されたときに Fastly キャッシュが無効になります。 ただし、引き続き有効です。

再現手順:

  1. 次のGraphQL リクエストにトリガーを設定して、次のような特定のカテゴリの商品を取得します。
    <magento2-server>
    
    
  2. 上記のリクエストで取得した商品の 1 つをCommerce管理者に再保存します。
  3. リクエストを再度トリガーします。

期待される結果:

この X-Cache ヘッダーにを含める MISS.

実際の結果:

この X-Cache ヘッダーにを含める HIT:応答がキャッシュされます。

解決策

この記事で提供されているパッチを使用して、GraphQL製品キャッシュを無効にします。

パッチ

パッチはこの記事に添付されています。 ダウンロードするには、記事の最後まで下にスクロールしてファイル名をクリックするか、次のリンクをクリックします。

MDVA-28559_EE_2.3.5-p1_COMPOSER_v1.patch

互換性のあるAdobe Commerceのバージョン:

パッチは次のために作成されました。

  • クラウドインフラストラクチャー上のAdobe Commerce v2.3.5

このパッチは、次のAdobe Commerceのバージョンとエディションとも互換性があります(ただし、問題が解決しない可能性があります)。

  • クラウドインフラストラクチャー上のAdobe Commerce v2.4.0
  • Adobe Commerce オンプレミス v2.4.0
  • クラウドインフラストラクチャー上のAdobe Commerce v2.3.5-p2
  • Adobe Commerce オンプレミス v2.3.5-p2
  • クラウドインフラストラクチャー上のAdobe Commerce v2.3.5-p1
  • Adobe Commerce オンプレミス v2.3.5-p1
  • Adobe Commerce オンプレミス v2.3.5
  • クラウドインフラストラクチャー上のAdobe Commerce v2.3.4-p2
  • Adobe Commerce オンプレミス v2.3.4-p2
  • クラウドインフラストラクチャー上のAdobe Commerce v2.3.4
  • Adobe Commerce オンプレミス v2.3.4
  • Adobe Commerce オンプレミス v2.3.3-p1
  • Adobe Commerce オンプレミス v2.3.3

パッチの適用方法

参照: Adobeが提供する composer パッチの適用方法 composer パッチの適用方法については、を参照してください。

添付ファイル

recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a