MariaDB 10.6 を使用したAdobe Commerce Cloud 2.4.6 のレプリカの問題を確認。

この記事では、Adobe Commerce Cloud 2.4.6 で MariaDB 10.6 以降にレプリカの読み取りを使用する際に発生した予期しない動作に対するソリューションを提供します。

影響を受ける製品とバージョン

  • MariaDB 10.6 以降
  • クラウドインフラストラクチャー上のAdobe Commerce 2.4.6

問題

重要でない読み取りで、誤った情報が表示される。

原因:

この slave_parallel_mode データベースの設定は、デフォルトでに変更されました。 最適主義 値をどのような場合に設定するか 保守的、および synchronous_replication ece-Tools の値はデフォルトで true 値をどのような場合に設定するか .

解決策

  1. を確認します。 slave_parallel_mode パラメーターはに設定されています。 保守的 (次が必要です サポートチケットを発行する 値がとして表示されない場合 保守的)に設定します。 確認するには、次のコマンドを実行します。

    code language-none
     MariaDB [main]> show variables like 'slave_parallel_mode';
     +---------------------+--------------+
     | Variable_name       | Value        |
     +---------------------+--------------+
     | slave_parallel_mode | conservative |
     +---------------------+--------------+
     1 row in set (0.001 sec)
    
  2. 更新 .magento.env.yaml データベース構成を次に示します。

    code language-yaml
        DATABASE_CONFIGURATION:
         _merge: true
            slave_connection:
                default:
                    synchronous_replication: false
    

データベース設定の更新手順については、次を参照してください DATABASE_CONFIGURATION クラウドインフラストラクチャガイドのCommerceにおける変数のデプロイのトピックを参照してください。

関連資料

recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a