クラウド上のAdobe Commerce用に MariaDB を 10.4 から 10.5 にアップグレード

MariaDB は、Adobe Commerceで使用されるエンタープライズオープンソースデータベースです。

MariaDB 10.4 はでサポート終了となります。 2024 年 6 月 18 日(Pt). サポートされていないバージョンの MariaDB を使用している場合、PCI に準拠していません。 この記事では、MariaDB 10.4 から 10.5 にアップグレードして、クラウドインフラストラクチャで引き続きAdobe Commerceを使用する方法について説明します。

NOTE
MariaDB 10.4 が提供終了(EOL)になると、現在のAdobe Commerce バージョンではサポートされなくなります。 すべての提供終了バージョンは、提供終了から 30 日以内に廃止することをお勧めします。

影響を受ける製品とバージョン

  • すべてのAdobe Commerce オンプレミスおよびオンクラウドインフラストラクチャ 2.4.4 および 2.4.5

解決策

2024 年 6 月 11 日(PT)にリリースされる新しいセキュリティ専用パッチ(2.4.4-p9 または 2.4.5-p8)を採用して、MariaDB 10.5 との互換性を確保します。次に、以下の手順に従って MariaDB 10.4 から 10.5 にアップグレードします。

クラウドデプロイメントのアップグレード手順

  1. を作成 ECE-Tools DB backup コマンドを使用した DB バックアップ. テーブル/行の更新中に問題が発生した場合は、手順 2 および 3 の前に、このバックアップを行う必要があります。

  2. すべてのコンパクト テーブルを確認して動的テーブルに変換する. この手順は、データベースのアップグレード中にデータが失われる可能性を回避するために必要です。

  3. MYISAM テーブルを確認します。 次の操作が必要です すべての MyISAM テーブルを InnoD に変換する.

  4. データベーステーブルと行の準備(前の 2 つの手順)が完了したら、 ECE-Tools DB backup コマンドを使用した DB バックアップ.

  5. サポートチケットを開く mariaDB 10.4 から 10.5 へのアップグレードをスケジュールします。チケットで、DB をアップグレードする日時を詳しく指定します。 サポートチームは 48 時間前に通知を受ける必要があり、マーチャントの開発チームは対応している必要があります。 アップグレードの日時について合意したら、次の手順を実行します。

    1. サイトをメンテナンスモードにして、DB アクティビティ(cron など)を停止します。
    2. を作成 ECE-Tools DB backup コマンドを使用した DB バックアップ.
    3. サポートチケットを使用してバックアップを完了したことをサポートに連絡します。 チケットを表示および追跡する手順については、を参照してください。 Adobe Commerce ヘルプセンターユーザーガイド:チケットの追跡 サポートナレッジベースで。
    4. 次に、Adobe Commerce サポートチームは、MariaDB のアップグレードプロセスを開始します。 上記の手順がすべて実行され、データベースが平均サイズの場合、プロセスには約 1 時間かかります。 DB が大きいほど時間がかかります。 アップグレードが完了すると、チケットに関する情報が表示されます。
  6. メンテナンスモードを無効にします。 こちらを参照してください メンテナンスモードの有効化または無効化 開発者向けドキュメントを参照してください。

関連資料

recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a