実稼働サイトで同じドメインを使用している場合は、実稼動環境で Fastly をテストします

実稼動ドメインで実稼働サイトがある場合(example.com)を選択し、Fastly CDN を有効にしてクラウドインフラストラクチャの実稼動環境でAdobe Commerce上の新しいストアをテストする必要があります。 prod.example.com(以前に Fastly に追加した)、ローンチ前のテストアクティビティ用。 この記事では、詳細を説明し、関連するAdobe Commerce ドキュメントリソースへの便利なリンクを提供します。

問題

を使用する現在のストア example.com 実稼動ドメインはライブで実行中です。 ただし、クラウドインフラストラクチャ上にAdobe Commerceを使用して構築し、Fastly フルページキャッシュサービスを有効にして実稼動環境にデプロイした、新しいストアをテストする必要があります。

問題は、Adobe Commerce on cloud infrastructure プロジェクトの実稼動環境で同じライブドメイン(example.com)を選択した場合は、新しいサイトをこのドメインに切り替えると同時に、現在のライブストアを同じドメインで実行することはできません。

Fastly を実稼動環境でのテストに使用する理由

理論的には、Fastly CDN の使用をスキップし、フルページキャッシュを有効にせずに、実稼動環境のクラウドインフラストラクチャストアでAdobe Commerceをテストすることができます。

ただし、フルページキャッシュを有効にすると、ストアのパフォーマンスが異なります。起動前に CDN でテストしていない場合、サイトの実際のライブパフォーマンスがわかりません。 Fastly CDN を有効にした実稼動環境でストアをテストすることは、Adobe Commerceの公式の推奨事項です。

解決策:実稼動サブドメインの使用

第 1 レベルのサブドメイン(prod.example.com)を選択します(現在のライブサイトをベースドメインに維持したまま、実稼動環境のクラウドインフラストラクチャストアに新しいAdobe Commerceを格納する場合)(example.com)に設定します。

Adobe Commerce on cloud infrastructure プロジェクトを計画する際には、そのような実稼動サブドメインを指定し、クラウドインフラストラクチャチームに対して、サブドメインを Fastly サービスに指定するようにリクエストできます。

クラウドインフラストラクチャプロジェクトでAdobe Commerce内のサブドメインを処理するには、次の手順に従います。

  • サポートチケットを送信 fastly サービス/Nginx 設定にサブドメインを追加するリクエスト(クラウドインフラストラクチャー上のAdobe Commerce Pro プランアーキテクチャの場合)。
  • 対応する DNS 設定を自分で設定します。

サブドメインの設定手順を実行した後で、次の手順を実行して実稼動ドメインの SSL 証明書を検証する必要があります。

  • 実稼動ドメインの SSL 検証用の DNS TXT レコードをアップロードします。
  • サポートチケットを送信 ssl 証明書の実稼動ドメインの検証のリクエスト。

サブドメインを使用すると、今後ストアの「ソフト起動」を実行できます。これは、対応する DNS 設定の更新のみが必要なためです。

関連ドキュメント

サポートナレッジベースでは、

開発者向けドキュメントでは、

recommendation-more-help
8bd06ef0-b3d5-4137-b74e-d7b00485808a