高度な計算列のタイプ

作成したい分析の多くには、以下の使用が含まれます。 新しい列 実行する group by または filter by. この 計算列の作成 チュートリアルでは、ほとんどのユースケースの基本を説明しますが、Data Warehouseマネージャーで作成できるよりも少し複雑な計算列が必要になる場合があります。

これらのタイプの列は、Data WarehouseアナリストのAdobeチームが作成できます。 新しい計算列を定義するには、次の情報を入力します。

  1. この definition この列の(入力、式、または書式設定を含む)
  2. この table カラムの作成対象
  3. 任意 example data points 列に何を含めるかを記述する

ユーザーにとって役に立つ可能性の高い高度な計算列の一般的な例を次に示します。

イベントを順番に並べ替えようとしています compareevents

これを イベント番号 集計列。 つまり、顧客やユーザーなど、特定のイベント所有者に対してイベントが発生したシーケンスを見つけようとしています。

次に例を示します。

event\_id
owner\_id
timestamp
Owner's event number
1
A
2015-01-01 00:00:00
1
2
B
2015-01-01 00:30:00
1
3
A
2015-01-01 02:00:00
2
4
A
2015-01-02 13:00:00
3
5
B
2015-01-03 13:00:00
2

イベント数計算列を使用すると、データの初回イベント、リピートイベントまたは n 番目のイベント間の動作の違いを確認できます。

顧客の注文番号列を実際に表示したいですか? 画像をクリックして、レポートでグループ化ディメンションとして使用されていることを確認します。

イベント番号計算列を使用して、顧客の注文番号でグループ化します。

このタイプの集計列を作成するには、次の点を理解しておく必要があります。

  • この列を作成するテーブル
  • イベントの所有者を識別するフィールド (owner\_id この例では)
  • イベントの並べ替えに使用するフィールド (timestamp この例では)

トップに戻る

私は 2 つの出来事の間の時間を見つけようとしている。 twoevents

これは date difference 集計列。 つまり、イベントのタイムスタンプに基づいて、1 つのレコードに属する 2 つのイベント間の時間を検索しようとしています。

次に例を示します。

id
timestamp\_1
timestamp\_2
Seconds between timestamp\_2 and timestamp\_1
A
2015-01-01 00:00:00
2015-01-01 12:30:00
45000
B
2015-01-01 08:00:00
2015-01-01 10:00:00
7200

日付差計算列を使用すると、2 つのイベント間の平均または中央値の時間を計算する指標を作成できます。 以下の画像をクリックして、その方法をご確認ください。 Average time to first order 指標はレポートで使用されます。

日付差計算列を使用した初回注文までの平均時間の計算

このタイプの集計列を作成するには、次の点を理解しておく必要があります。

  • この列を作成するテーブル
  • 違いを知りたい 2 つのタイムスタンプ

トップに戻る

順次イベント値を比較しようとしています。 sequence

これは 順次イベント比較. つまり、値(通貨、数値、タイムスタンプ)と所有者の以前のイベントに対応する値との間のデルタを見つけようとしています。

次に例を示します。

event\_id
owner\_id
timestamp
Seconds since owner's previous event
1
A
2015-01-01 00:00:00
NULL
2
B
2015-01-01 00:30:00
NULL
3
A
2015-01-01 02:00:00
7720
4
A
2015-01-02 13:00:00
126000
5
B
2015-01-03 13:00:00
217800

順次イベント比較を使用して、各順次イベント間の平均時間または中央値の時間を見つけることができます。 以下の画像をクリックして、次の項目を確認してください 注文間の平均および中央値の時間 実行中の指標。

= 順次イベント比較計算列を使用して、注文間の平均および中央値の時間を計算します。

このタイプの集計列を作成するには、次の点を理解しておく必要があります。

  • この列を作成するテーブル
  • イベントの所有者を識別するフィールド (owner\_id (この例では)
  • 各順次イベントの違いを確認したい値フィールド(timestamp この例では)

トップに戻る

私は通貨を換算しようとしています。 currency

A 通貨換算 計算列は、イベント時の為替レートに基づいて、取引金額を記録通貨から報告通貨に変換します。

次に例を示します。

id
timestamp
transaction\_value\_EUR
transaction\_value\_USD
1
2015-01-01 00:00:00
30
33.57
2
2015-01-02 00:00:00
50
55.93

このタイプの集計列を作成するには、次の点を理解しておく必要があります。

  • この列を作成するテーブル
  • 変換するトランザクション金額列
  • データが記録された通貨を示す列(通常、ISO コード)
  • 優先レポート通貨

トップに戻る

タイムゾーンを変換しようとしています。 timezone

A タイムゾーンコンバージョン 計算列は、特定のデータソースのタイムスタンプを、記録されたタイムゾーンからレポートタイムゾーンに変換します。

次に例を示します。

id
timestamp\_UTC
timestamp\_ET
1
2015-01-01 00:00:00
2014-12-31 19:00:00
2
2015-01-01 12:00:00
2015-01-01 07:00:00

このタイプの集計列を作成するには、次の点を理解しておく必要があります。

  • この列を作成するテーブル
  • 変換するタイムスタンプ列
  • データが記録されたタイムゾーン
  • 優先するレポートタイムゾーン

トップに戻る

ここに記載されていない操作を実行しようとしています。 else

心配しないでください。 ここに記載されていないからといって、不可能という意味ではありません。 Data WarehouseアナリストのAdobeチームが支援を行います。

新しい計算列を定義するには、次の手順に従います。 サポートチケットを送信 作成する内容の詳細を指定します。

関連ドキュメント

recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc