内の数式 Report Builder

が含まれる Report Builderを使用すると、強力なビジュアライゼーションを作成できます 定義済みの指標 あなたの口座に。 これらの指標を式で組み合わせることで、データから追加のインサイトを得ることができます。 このトピックでは、で式を使用する方法について説明します Report Builder – 飛び込もう!

とは formula? what

が含まれる Report Builder, a formula は、何らかの数学的論理に基づいて 1 つ以上の指標を組み合わせたものです。 典型的な例を次に示します。

この例では、を使用します Number of orders metric (A) および Distinct buyers metric (B)を選択します。その後の目標は、「購入者が月に作成した注文の平均数はどれくらいか」という質問に答えることです。 式のパラメーターは次のとおりです。

  • Definition:ここでは、入力指標に数学を適用します。 この例では、注文数を個別の購入者の数で割ると、注文数の平均がわかります。 したがって、の定義は(A/B)になります。

  • Format:数式は数値、期間、または通貨金額を返しますか? 数式の定義の横にはドロップダウンがあり、これを使用して戻り値の形式を指定できます。 この場合、数値です。

  • Miscellaneous:数式のタイムスタンプ、グループ化、パースペクティブ、フィルターはすべて、入力指標に継承されます。 何もすることがない!

使用方法 formulas 報告書に? how

基本について説明したので、いくつかの例を見てみましょう。

例:初回注文に起因する売上高の割合を確認したい。

数式を使用して初回注文に起因する収益の割合を見つける

この例では、を使用しました Revenue および Revenue (first time orders) 指標。 を除算する Revenue (first time orders)(B) による指標 Revenue metric (A) 戻り値の形式をに設定します。 Percentを使用すると、初回注文の売上高に占める割合を確認できます。

例:オファーを行う場合と行わない場合の、注文あたりの平均売上高を知りたい promo code.

プロモーションコードを使用した場合と使用しない場合の、注文あたりの平均売上高を示す数式の使用

この例では、を使用しました Revenue および Number of orders 指標。 この質問に対する答えは、次の 2 つの手順で構成されます。 Revenue (A) 基準: Number of orders (B) 戻り値の形式をに設定します。 Currency. 次に、式の結果(Avg. Revenue per order)を選択して、結果を次の基準で表示およびグループ化します Promo code.

例:新規顧客の UTM ソースの配布を知りたいとします。

数式を使用して新規顧客の UTM ソースの配分を検索する

この質問に対する答えを見つけるには、次の手順が必要です。

  1. 最初にを追加しました New Customers 指標、さらにグループ化の基準 utm_source - all. これは指標です A、または New Customers (grouped).

  2. 次に、を複製しました New Customers (grouped) 指標を使用し、独立のディメンションを使用するように設定します。 指標 B - New customers (ungrouped) – 新規顧客の合計数を表示します。

  3. 両方の指標を非表示にした後、数式の定義をに設定します A/B. これにより、 New customers (grouped) 基準: New Customers (ungrouped).

  4. 次に、結果の形式をに設定します。 Percent.

この例では、を使用しました Stacked Columns パースペクティブ:結果を月ごとに表示します。 これにより、新規顧客の配分を月単位で比較できます。

まとめ wrapup

上記の例で、式がであることに気付きましたか timestamp, groupings, perspectives、および filters 入力指標から継承されるか の使用には数式を使用できます perspectives および 独立時間のオプション{: target="_blank"} は、指標と同様です。

で数式を使用する方法について質問がある場合 Report Builder, サポートに連絡する.

recommendation-more-help
e1f8a7e8-8cc7-4c99-9697-b1daa1d66dbc