Commerce Intelligence ツール

コマースインテリジェンスツールを使用して、健全なビジネス上の意思決定に使用するインサイトを得ます。

Commerce Intelligence アカウント

次をアクティブ化する場合: Commerce Intelligence Adobeを通じて、約 70 個のレポートを持つ 5 つのダッシュボードにアクセスできます。 これらのレポートは、データに関するインサイトを提供し、「前月比で増加する注文の量」、「最も常連的な顧客は誰ですか」、「クーポン戦略は機能していますか」などの質問に答えるように設計されています。 このツールセットについて詳しくは、 Commerce Intelligence ユーザーガイド.

Advanced Reporting

Advanced Reporting は、Adobe CommerceおよびMagento Open Sourceに含まれています。 この機能を使用すると、製品、注文、顧客データに基づく一連の動的レポートにアクセスし、ビジネスニーズに合わせてカスタマイズされたパーソナライズ済みダッシュボードを使用できます。 While Advanced Reporting uses Commerce Intelligence analytics の場合、使用する Commerce Intelligence アカウントは不要です。 Advanced Reporting.

技術情報については、 Advanced Reporting開発者向けドキュメントの {:target="_blank"} トピック。

NOTE
との互換性の問題が原因で Adobe Commerce Intelligence、Commerce は、一時的に、のソースデータファイルのメディアとしてAWS S3 Bucket を使用する高度なレポート機能をサポートできません。 Commerce Intelligence.

高度なレポートダッシュボード {width="700"}

要件

  • Web サイトは、パブリック Web サーバー上で実行する必要があります。

  • ドメインには有効なセキュリティ (SSL) 証明書が必要です。

  • Commerce は、エラーなく正常にインストールまたはアップグレードされた必要があります。

  • Adobe Analytics の Commerce の設定 ストア URLBase URL (Secure) ストア表示の設定は、セキュア URL を指している必要があります。 例: https://yourdomain.com.

  • Adobe Analytics の Commerce ストア URL の設定 Use Secure URLs on Storefront および Use Secure URLs in Admin は、次のように設定する必要があります Yes.

  • Commerce crontab が作成され、インストールされたサーバーで cron ジョブが実行されている。

NOTE
Advanced Reporting はと一緒にのみ使用できます Commerce 継続的に単一の 基準通貨.

手順 1:有効にする Advanced Reporting

Adobe Analytics の Commerce 設定 Advanced Reporting はデフォルトで有効になっており、cron がに設定されている場合は自動的に開始します。 設定済み と実行中。 サブスクリプションの確立の試みは、成功するまで、24 時間以内に各時間の初めに開始されます。 サブスクリプションが正常に確立されるまで、サブスクリプションステータスは「保留」です。

  1. 次の日: 管理者 サイドバー、移動 Stores > Settings>Configuration.

  2. 左側のナビゲーションパネルで General は展開済みで、「 Advanced Reporting 次の操作を実行します。

    • を確認します。 Advanced Reporting ServiceEnable (デフォルト設定)。

    • を設定します。 Time of day to send data 24 時間制の時刻に従い、ストアから更新されたデータをサービスが受け取る時間、分、秒を指定します。 デフォルトでは、データは午前 2 時に送信されます。

    • の下 Industry Data、選択 Industry それがあなたのビジネスを最もよく表しています。

    高度なレポート設定 {width="400"}

  3. 完了したら、「 Save Config.

  4. プロンプトが表示されたら、「 Cache Management ページの上部にあるメッセージで、無効なキャッシュを更新します。

  5. 一晩、または次にスケジュールされた更新の時間が経過した後まで待ちます。 次に、サブスクリプションのステータスを確認します。 ステータスがまだの場合 保留中 ​を使用する場合は、インストールがすべての要件を満たしていることを確認します。

手順 2:アクセス Advanced Reporting

  1. 次のいずれかの操作を行います。

    • 次の日: 管理者 サイドバー、選択 Dashboard. 次に、「 Go to Advanced Reporting.
    • 次の日: 管理者 サイドバー、移動 Reports > Business Intelligence>Advanced Reporting.

    The Advanced Reporting ダッシュボードには、注文、顧客、製品の概要が表示されます。 必ず下にスクロールして、ダッシュボード全体を表示します。

  2. データの表示を改善するには、 Filters をクリックします。 次に、以下の手順を実行します。

    • データポイントにカーソルを合わせると、詳細が表示されます。
    • すべてのダッシュボードレポートを表示するには、各タブをクリックします。

    データポイント {width="600" modal="regular"}

アクセス Advanced Reporting データリソース

「高度なレポート」ダッシュボードの右上隅で、 Additional Resources.

高度なレポートデータリソース {width="600" modal="regular"}

トラブルシューティング

404 の「Page Not Found」メッセージが表示された場合は、ストアが Advanced Reporting. 次に、指示に従って統合がインストールされていることを確認します。

統合がアクティブであることを確認します。

  1. 次の日: 管理者 サイドバー、移動 System > Extensions>Integration.

  2. 次を確認します。 Magento Analytics user 統合がリストに表示され、 Status 次に該当 Active.

  3. ユーザーを再確立するには、 Reauthorize 次の操作を実行します。

    再認証 {width="600"}

    • プロンプトが表示されたら、「 Reauthorize をクリックして、API リソースへのアクセスを承認します。

      API リソースへのアクセスを再認証 {width="600"}

    • 拡張機能の統合トークンのリストが完了していることを確認します。 次に、「 完了.

      統合トークン {width="600"}

  4. 統合を示すメッセージを探します。 Magento Analytics user が再認証されました。

  5. 次にスケジュールされた更新の時間が経過した後、一晩またはまで待ちます。

単一のベース通貨を検証

Advanced Reporting はと一緒にのみ使用できます Commerce 1 つのみを使用したインストール 基準通貨 インストール時から。 結果として、履歴では、すべての注文で同じ基準通貨が使用されます。 Advanced Reporting は、ベース通貨を変更した後、履歴に異なるベース通貨で処理された注文がある場合は機能しません。

ストアに複数の基本通貨があるかどうかを判断するには、 Commerce 次の MySQL の例を使用して、コマンドラインからデータベースを作成します。 データ構造に合わせてテーブル名を変更する必要が生じる場合があります。

select distinct base_currency_code from sales_order;

データの不一致

もし Data last updated... キャプションには、今日ではなく昨日の日付が表示されます。高度なレポート機能の更新では、最大 1 日の遅延が生じる可能性があります。 この遅延は、予想されるキューサイズより大きいことが原因です。

ダッシュボードレポート

Orders

フィールド
説明
Revenue
定義された期間にストア表示で受け取ったすべての売上高を表示します。
Orders
定義された期間にストア表示で行われたすべての注文を表示します。
AOV
定義された期間にストア表示で配置された平均注文額を表示します。
Refunds
定義した期間にストア表示で処理されたすべての払い戻しが表示されます。
Tax Collected
定義された期間にストア表示で収集されたすべての税金を表示します。
Shipping Collected
定義された期間にストア表示で収集されたすべての送料を表示します。
Orders by Status
定義された期間のストア表示に関する、ステータス別の注文数を表示します。
Orders by Status
ステータス別の注文件数の概要を表示します。
Coupon Usage
定義した期間にストア表示で交換された、すべてのクーポンコードと各のユーザー数が表示されます。
Orders and Revenue by Billing Region
定義した期間内のストア表示の、地域別の注文件数と売上高が表示されます。
Tax Collected by Billing Region
定義した期間内の店舗表示に関して、地域別に収集された税金額が表示されます。
Shipping Fees Collected by Shipping Region
定義した期間の店舗表示で、地域別に収集された配送料を一覧表示します。

Customers

フィールド
説明
Unique Customers
定義された期間内にストア表示に関連付けられた一意の顧客アカウントの数を表示します。
New Registered Accounts
定義された期間にストア表示で登録された新規顧客アカウントの数を示します。
Top Coupon Users
定義された期間に、店舗表示でクーポンを付けた注文件数と顧客 ID 別の上位のクーポンユーザーを表示します。
Customer KPI Table
定義した期間のストア表示での注文件数、売上高、平均注文額が顧客 ID 別に表示されます。

Products

フィールド
説明
Quantity of Products Sold
定義された期間内にストア表示で販売された製品の数を示します。
Products Added to Wishlists
定義された期間に、ストア表示でウィッシュリストに追加されたすべての製品のリストを表示します。
Best Selling Products by Quantity
定義した期間内に店舗表示で販売された最良の製品と数量が表示されます。
Best Selling Products by Revenue
定義した期間内に、ストア表示を通じて商品が販売されたことによって生じた、ベストセラーの製品と売上高を表示します。
recommendation-more-help
31746fd0-1ead-45b5-9192-1aaf582c5f66