カタログ価格ルールの作成

一連の条件が満たされた場合に特定の製品に割引を適用するには、次の手順に従います。 カタログ価格ルール割引は、商品が買い物かごに入れられる前に有効になります。

手順 1:ルールを追加

  1. Admin サイドバー、に移動 Marketing > Promotions>Catalog Price Rule.

  2. 右上隅のをクリックします。 Add New Rule.

    この Rule Information ​セクションは、以下のための拡張可能セクションを含む​ Conditions ​および​ Actions.

    カタログ価格ルール – 情報 {width="700" modal="regular"}

  3. を完了する Rule Name および Description フィールド。

    これらのフィールドは内部参照用です。

  4. Status 必要に応じて価格ルールの。

    デフォルトでは、ステータスはです。 Inactive.

    note note
    NOTE
    ルールを作成したら、ステータスをに変更することで、そのステータスを更新できます。 Active または Inactive 必要に応じて。
  5. 「」を選択します Websites ルールを使用できる場所。

  6. 「」を選択します Customer Groups このルールが適用される。

    複数のグループを選択するには、Ctrl キー(PC)または Command キー(Mac)を押したまま、各オプションをクリックします。

    note note
    NOTE
    このリストのオプションは、で作成および管理する顧客グループによって異なります 顧客 > 顧客グループ.
  7. Magento Open Source (Magento Open Sourceのみ) From および To 価格ルールが有効になる日付を指定します。

    日付を入力するか、 Calendar カレンダーアイコン )を選択して、日付を選択します。 日付を空白のままにすると、価格ルールが保存されたときにルールが有効になります。

  8. 数値を入力して、 Priority 他のルールとの関連で、このルールの。

    note note
    NOTE
    この Priority ​設定は、同じカタログ製品が複数の価格ルールに設定された条件を満たす場合に重要です。 優先度の設定が最も高い(1 が最も高い)ルールが、商品に対してアクティブになります。

手順 2:条件の定義

使用できる条件のほとんどは、既存の属性値に基づいています。 すべての製品にルールを適用する場合は、条件を空白のままにします。

NOTE
少なくとも 1 つの条件付き製品属性の値が空の場合、カタログ価格ルールは製品に適用されません。
NOTE
を適用するには Category 製品属性の条件を any に または グループ化 製品、ルールを正しく適用するには、すべての子製品が同じカテゴリに割り当てられている必要があります。 そうでない場合は、 買い物かご価格ルール 代わりにプロモーション。
  1. 下にスクロールして展開 展開セレクター この Conditions セクション。

    デフォルトでは、最初の条件が表示され、次の状態になります。

    If **ALL** of these conditions are **TRUE**:

    カタログ価格ルール – 条件ライン 1 {width="400"}

    ステートメントには 2 つの太字のリンクがあり、クリックすると、ステートメントのその部分のオプションの選択が表示されます。 これらの値の組み合わせを変更することで、様々な条件を作成できます。

  2. 次のいずれかの方法で、ステートメントを変更します。

    • クリック ALL を選択して、 ALL または ANY.
    • クリック TRUE を選択して、 TRUE または FALSE.
    • すべての製品にルールを適用する場合は、条件を変更しません。

    これらの値の組み合わせを変更することで、様々な条件を作成できます。 この例では、デフォルトの条件が使用されます。

  3. 「」をクリックします 追加 アイコンを追加 )アイコンをクリックし、製品属性や組み合わせなど、条件のオプションを選択します。

  4. の下のリスト Product Attribute ​で、条件の基礎として使用する属性を選択します。

    この例では、条件はです Attribute Set.

    カタログ価格ルール – 条件ライン 2 {width="400"}

    note note
    NOTE
    属性をリストに表示するには、プロモーションルールの条件で使用するように設定する必要があります。 詳しくは、 製品属性.
    note note
    NOTE
    使用する場合 is not one of を含む条件 SKU 製品属性と設定可能な製品については、親と子の両方の製品 SKU を選択する必要があります。 ルール内のすべての子 SKU がリストされないようにするには、 does not contain 設定可能な製品とその子製品の共通 SKU 部分を持つ条件。

    選択した条件がステートメントに表示され、その後にさらに 2 つの太字リンクが表示されます。 オプションは、選択する条件属性によって異なります。 ステートメントには次の内容が含まれています。

    If **ALL** of these conditions are **TRUE**: <br/>Attribute Set **is** …

  5. クリック is そして、満たす条件を記述した比較演算子を選択します。

    これらのオプションには、異なる比較のオプションが含まれる場合があります。 この例では、次のオプションがあります is および is not.

  6. 条件の値を選択または入力します。

    条件に応じて、グリッドまたはリストから製品を選択したり、数値を入力したりできます。

    カタログ価格ルール – 条件ライン 2 {width="400"}

    条件を完了するためのステートメントに、選択した項目が表示されます。

    If **ALL** of these conditions are **TRUE**: <br/> Attribute Set **is Default**

  7. ステートメントに別の条件行を追加するには、 追加 アイコンを追加 )アイコンをクリックし、次のいずれかを選択します。

    • Conditions Combination
    • Product Attribute

    必要な条件がすべて完了するまで手順を繰り返します。

    条件ステートメントの一部を削除する場合は、をクリックします Delete アイコンを削除 行の最後にあるアイコン。

手順 3:アクションの定義

  1. を展開 展開セレクター この Actions を選択し、次の操作を実行します。

    カタログ価格ルール – アクション {width="600" modal="regular"}

  2. 次の下 Pricing Structure Rules、設定 Apply を次のいずれかに変更します。

    • Apply as percentage of original – 通常価格のパーセンテージを差し引いて品目を値引きします。 たとえば、通常価格から 10% 引き下げられた最終価格の「値引額」に 10 を入力します。
    • Apply as fixed amount – 通常価格から固定金額を引いて品目を値引きします。 たとえば、最終価格が通常の価格より$10 少ない場合は、「割引額」に 10 と入力します。
    • Adjust final price to this percentage – 最終価格を通常価格に対するパーセンテージで調整します。 たとえば、最終価格が通常価格から 75% 引かれた場合は、「割引額」に 25 と入力します。
    • Adjust final price to discount value – 最終価格を固定の割引額に設定します。 たとえば、最終価格が$20.00 の場合は、「割引額」に 20 と入力します。
    note note
    NOTE
    通常価格 高度な価格(特別/階層/グループ)やプロモーションの割引がない基本製品価格を指します。 最終価格 買い物かごに表示される割引価格を指します。
    この final 製品価格は次のように計算されます minimum 次の算式を使用した関連価格
    Final Price=Min(Regular(Base) Price, Group(Tier) Price, Special Price, Catalog Price Rule) + Sum(Min Price per each required custom option)
    note note
    NOTE
    固定価格 製品のカスタマイズ可能なオプション ではない グループ価格、階層価格、特別価格、カタログ価格ルールの影響を受けます。
  3. を入力 Discount Amount.

  4. このルールを適用した後に他のルールの処理を停止するには、次のように設定します: Discard Subsequent Rules 対象: Yes.

    note note
    NOTE
    この項目をに設定 Yes は、システムが同じ製品に複数の割引(ルール)を適用するのを防ぐためのセーフガードです。

手順 4:関連するダイナミック ブロックを追加する

Adobe Commerce機能 {width="20"} Adobe Commerceのみの専用機能(詳細情報

ダイナミック ブロック カタログ価格ルールに関連付けられている指標は、条件が満たされると常にストアフロントに表示されます。 これはオプションの手順です。

  1. を展開 展開セレクター この Related Dynamic Blocks セクション。

  2. の使用 フィルターを検索 規則に関連付けるダイナミック ブロックを検索するには

  3. 最初の列のチェックボックスをオンにして、ダイナミックブロックをルールに関連付けます。

    カタログ価格ルール – 関連するダイナミック ブロック {width="600" modal="regular"}

  4. クリック Save and Continue Edit.

手順 5:ルールのスケジュール

Adobe Commerce機能 {width="20"} Adobe Commerceのみの専用機能(詳細情報
NOTE
ルールをアクティブに設定するには、スケジュールされた更新として追加する必要があります。 詳しくは、 スケジュールされた変更.
  1. が含まれる スケジュールされた変更 ボックス、クリック Schedule New Update ボックスの上部)。

    ルールに既存のスケジュールされた更新がある場合は、 View/Edit リストされた変更の右側。

    既存の更新を編集するか、カタログ価格ルールを別のキャンペーンに割り当てることができます。 この 既存の更新を編集 オプションはデフォルトで選択されています。

  2. ルールをスケジュールするには、 Start Date および End Date 価格ルールがアクティブであること。

    日付を入力するか、から日付を選択できます。 カレンダー カレンダーアイコン )に設定します。

    カタログ価格ルール – スケジュールの更新 {width="600" modal="regular"}

  3. クリック Save.

  4. が含まれる ルール情報 セクションで、 Status 対象: active.

手順 6:ルールを保存してテストする

  1. 完了したら、ルールを保存します。

    • Magento Open Source (Magento Open Sourceのみ)クリック Save and Apply.

    • Adobe Commerce (Adobe Commerceのみ)クリック Save.

      ルール情報ページのスケジュールされた変更には、更新されたタイムラインが表示されます。

      カタログ価格ルール – 予定された変更 {width="600" modal="regular"}

  2. ルールのプロパティを更新します。

    • Adobe Commerce (Adobe Commerceのみ)クリック Edit を表示するには Rule Information ​ページ。

    • Magento Open Source (Magento Open Sourceのみ)リスト内のルールをクリックすると、 Rule Information ​ページ。

  3. ルールをテストして、正しく動作することを確認します。

    価格ルールは他のシステムルールと共に毎晩自動的に処理されます。 価格ルールを作成する場合は、ルールをテストする前に、ルールがシステムに入り、正しく機能することを確認するのに十分な時間を確保します。 新しいルールが追加されると、Commerceは価格と優先度をそれに応じて再計算します。

カタログ価格ルールのデモ

カタログ価格ルールの作成については、次のビデオをご覧ください。

フィールドの説明

Rule Information

フィールド
説明
Rule name
(必須) ルールの名前は内部参照用です。
Description
ルールの説明には、ルールの目的と使用方法を含める必要があります。
Websites
(必須) ルールを使用できる web サイトを識別します。
Customer Groups
(必須)ルールが適用される顧客グループを識別します。
Priority
このルールの優先度を他のルールと比較して示す数値。 優先順位が最も高いのは数値 1 です。
Status
Magento Open Source (Magento Open Sourceのみ)ルールがストア内でアクティブかどうかを判断します。 オプション: Yes / No
From
Magento Open Source (Magento Open Sourceのみ)価格ルールが有効になる最初の日を指定します。 空白のままにすると、価格ルールは保存時に有効になります。
To
Magento Open Source (Magento Open Sourceのみ)価格ルールが有効になる最終日を指定します。 空白のままにすると、価格ルールは無期限に継続されます。

Conditions

カタログ価格ルールが実行される前に満たす必要がある条件を指定します。 空白の場合、ルールはすべての製品に適用されます。

Actions

フィールド
説明
Apply
購入に適用される計算のタイプを決定します。 オプション:
Apply as percentage of original– 通常価格のパーセンテージを差し引いて品目を値引きします。
Apply as fixed amount – 通常価格から固定金額を引いて品目を値引きします。
Adjust final price to this percentage– 最終価格を通常価格に対するパーセンテージで調整します。
Adjust final price to discount value – 最終価格を固定の割引額に設定します。

注意: ​通常価格は、高度な価格(特別/階層/グループ)やプロモーションの割引がない基本製品価格を指します。 最終価格とは、買い物かごに表示される割引価格を指します。
この​ _final _ ​製品価格は次のように計算されます​ _minimum _ ​次の算式を使用した関連価格
Final Price=Min(Regular(Base) Price, Group(Tier) Price, Special Price, Catalog Price Rule) + Sum(Min Price per each required custom option)
Discount Amount
(必須)提供される割引の金額。
Discard Subsequent Rules
この購入に追加ルールを適用できるかどうかを決定します。 同じ購入に複数の割引が適用されないようにするには、次を選択します Yes. オプション: Yes / No
Adobe Commerce機能 {width="20"} Adobe Commerceのみの専用機能(詳細情報

いずれかを識別 ダイナミック ブロック ルールに関連付けられている。

recommendation-more-help
d5ef48ad-708f-4ce5-a225-e7bb6053ded5